営業事務と一般事務の違い

事務職の求人広告等を見ていると時々「事務」ではなく「営業事務」との表現で事務職が募集されているケースを目にすることがあります。一般事務と営業事務ではどのような違いがあるのでしょうか。今回は一般事務と営業事務の違いについて解説します。


一般事務とは

一般事務の仕事とは、事務作業全般を指すことが多く仕事領域があまり限定されない点が特徴とも言えます。社内で必要となる書類を作成したりファイリングしたり、小口経費や伝票を計算処理したりといった業務や電話応対をしたりする他、例えばお客様が来訪された場合の案内やお茶を用意するといったことも行う等、仕事内容は多岐にわたります。また、規模の小さな会社では秘書的業務や経理的業務を兼ねる場合もあります。

そのため基本的な事務処理能力や一般教養の他、ビジネスマナーや顧客対応力、簿記に関する基礎知識、パソコンスキル等々幅広い素養が求められる点も一般事務の特徴と言えます。


営業事務とは

営業事務は「営業補助職」と言う表現に置き換えることができますし、そう言葉を置き換えた方が理解しやすくもなります。営業マンがお客様とのアポイントや商談、契約獲得に専念できるよう、例えば見積書を作成したり、プレゼン資料の制作を手伝ったりする他、営業マンがまとめた商談にともなって必要となってくる発注書や納品書、伝票、請求書等々を作成したり、送付したりといった業務を行います。また、お客様への連絡や電話応対等を「営業担当者の代理」として担う場合もあります。その場合、相手は商談中のお客様というケースもあるため単なる事務連絡だけではなく営業マンに代わって商品の簡単な補足説明を行うこともあります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 働きがいのある会社の条件7つ

    入社してから定年までを1つの会社で勤め上げる終身雇用制度から、より良い職場を求めて転職を行う働き方へ…
  2. 一緒に働きたい上司の8つの特徴

    一緒に働きたい上司の8つの特徴

    人は、人生の大半を仕事に費やします。せっかく働くなら、素敵な上司と一緒に仕事をしてみたいと誰しもが思…
  3. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  2. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  3. 書類の電子化普及に伴ってボールペンを使用する機会は減少傾向にありますが、顧客と直接会って商談を行って…
  4. 求人情報と言えばかつて求人誌に求人広告を掲載し、広く求人を求める方法、即ち「公開求人」が一般的でした…
  5. 「職場での人間関係には自分なりに精一杯気を配り、心も砕いてきたがそれも限界・・・疲れ果ててしまった」…
  6. 現在日本の労働市場は「転職ブーム」と言われるほど転職が活況です。しかし、転職を行う1人1人にとっては…
ページ上部へ戻る