営業利益・経常利益・純利益の違いとは

営業利益、経常利益、純利益、どれも同じ「利益」と言う言葉が付くことから、似たような意味、同じような意味だと感じる人も多いかもしれません。しかし厳密にはそれぞれ意味の違う言葉であり、これらを理解していないと、仕事の上で勘違いを起こしたり間違った回答をしてしまうことにも繋がりかねません。あなたはこれらの言葉のそれぞれの違いについてはっきりと回答することが出来ますか?すぐに答えられないと言う人は大事な時に恥をかかずに済むよう、ここでしっかりとそれぞれの違いについて知っておきましょう。


営業利益とは

まず営業利益とは、売上高から人件費、広告宣伝費などのコストを差し引きしたものを指します。いわゆる会社の本業となる事業から得た利益のことを言います。売上が多くても人件費や広告宣伝費が多くかかっている場合、営業利益は少なくなります。時には営業利益が残ならない、という事もあります。


経常利益とは

次に経常利益とは、まず営業利益に受取利息などの営業外収益をプラスします。そこから銀行に支払う借入利息などの営業外費用を差し引いたもののことを言います。会社の事業全体の利益を表すのが経常利益と言う事です。本業となる事業が順調だったとしても、銀行からの借入金の返済額が多い場合や利息負担が多い場合、この経常利益は少なくなるという事です。


純利益とは

最後に純利益とは、先ほどの経常利益に本業とは関係のない事業での損益を計上したもののことを言います。例えば土地の売買などで得た特別利益や特別損失があればその分を計上します。そしてそこから税金を差し引いて残ったものが純利益と呼ばれることになります。本業の事業だけでなく、臨時の損益なども全て含めた金額のことをさし、最終的に会社に残る利益のことを純利益と言います。

会社には本業となる事業で得た収益やそれ以外での収益など様々なところでお金が出たり入ったりします。そうしたお金の出入りを1つの指標だけで表すことは難しく、このように営業利益、経常利益、純利益と呼ぶことで分かりやすくしています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事のミスが多い人の6つの特徴

    仕事のミスは誰しも起こり得ること。不注意によるミスもあれば、不可避のことだって中にはあるでしょう。し…
  2. 上司に送るお礼メールの書き方【例文集】

    仕事で円滑なコミュニケーションを図るためには、上司と密に連携を取ることは必須といえます。そのなかで電…
  3. 上司や顧客とエレベーターやタクシーに乗るときのマナー

    今回は顧客や上司と乗り物に乗って移動するときのマナーを解説していきます。仕事ではさまざまなシーンに応…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 飛び込み営業に必要な5つのスキルとできないときの最終手段
    飛び込み営業は、一般的にはブラックなイメージが大きい仕事だと言えますが、うまく契約を取って稼ぐことが…
  2. 上司からメールが届いた場合、できるだけ早く返信することが部下として大切なマナーです。しかしながらいく…
  3. 証券会社のリテール営業を辞めたいと思うときの6つの理由
    私は大学を卒業後、新卒で証券会社(東証一部上場)に5年間勤務した過去があります。入社当時は、この会社…
  4. サラリーマンの皆さんにとって、人様の懐事情とは言え同じサラリーマンがだいたいどのくらいのお小遣いをも…
  5. 転職活動は人それぞれの事情や理由などが異なりますので、一概にこうすることが正しいといえる事ばかりでは…
  6. クールビズは夏場を代表する国民的運動として社会にすっかり定着してきましたが、このクールビズを行う期間…
ページ上部へ戻る