営業利益・経常利益・純利益の違いとは

営業利益、経常利益、純利益、どれも同じ「利益」と言う言葉が付くことから、似たような意味、同じような意味だと感じる人も多いかもしれません。しかし厳密にはそれぞれ意味の違う言葉であり、これらを理解していないと、仕事の上で勘違いを起こしたり間違った回答をしてしまうことにも繋がりかねません。あなたはこれらの言葉のそれぞれの違いについてはっきりと回答することが出来ますか?すぐに答えられないと言う人は大事な時に恥をかかずに済むよう、ここでしっかりとそれぞれの違いについて知っておきましょう。


営業利益とは

まず営業利益とは、売上高から人件費、広告宣伝費などのコストを差し引きしたものを指します。いわゆる会社の本業となる事業から得た利益のことを言います。売上が多くても人件費や広告宣伝費が多くかかっている場合、営業利益は少なくなります。時には営業利益が残ならない、という事もあります。


経常利益とは

次に経常利益とは、まず営業利益に受取利息などの営業外収益をプラスします。そこから銀行に支払う借入利息などの営業外費用を差し引いたもののことを言います。会社の事業全体の利益を表すのが経常利益と言う事です。本業となる事業が順調だったとしても、銀行からの借入金の返済額が多い場合や利息負担が多い場合、この経常利益は少なくなるという事です。


純利益とは

最後に純利益とは、先ほどの経常利益に本業とは関係のない事業での損益を計上したもののことを言います。例えば土地の売買などで得た特別利益や特別損失があればその分を計上します。そしてそこから税金を差し引いて残ったものが純利益と呼ばれることになります。本業の事業だけでなく、臨時の損益なども全て含めた金額のことをさし、最終的に会社に残る利益のことを純利益と言います。

会社には本業となる事業で得た収益やそれ以外での収益など様々なところでお金が出たり入ったりします。そうしたお金の出入りを1つの指標だけで表すことは難しく、このように営業利益、経常利益、純利益と呼ぶことで分かりやすくしています。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    上司が入院したときのお見舞いメール【例文集付き】

    日頃からお世話になっている上司や目上の人が、病気やケガなど体調を崩して入院してしまった場合、部下から…
  2. 「お忙しいところ」の正しい使い方

    「お忙しいところ」の正しい使い方

    ビジネスメールで多用される「お忙しいところ」というフレーズ。メールを受け取る相手が快くやり取りするた…
  3. 新規開拓営業で結果を残す4つのコツ・方法

    営業と言う仕事の中で、特に難度が高いと思われがちなのが「新規開拓営業」です。そんな新規開拓営業にも顧…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
  2. 毎年春になると初々しいスーツに身を包んだ新入社員が皆さんの部署に配属されることになりますが、新入社員…
  3. ある民間企業の調査によると会社員は1日あたり平均100件前後、中堅以上の企業の役員クラスとなると30…
  4. 就業時間が過ぎ、自分の仕事も全て終わったので帰ろうとしたところ、上司も先輩も忙しそうにしており帰りそ…
  5. お世話になっている取引先の事務所等が移転した場合、移転祝いのメールを送ることはマナーと言って良いでし…
  6. 誰しもが万が一のときや老後に備えて、少しでも貯金をしたいと思うものですが、実際に生活していると、急な…
ページ上部へ戻る