ホワイトカラーとブルーカラーの違いとは

ホワイトカラーとブルーカラー、それぞれに言葉は聞いたことがあっても、その言葉の意味の違いについてはいまいちよく分かっていない人も多いかもしれません。そこでここではホワイトカラーとブルーから、それぞれの違いについてお話していきたいと思います。また、言葉の意味だけでなく、ホワイトカラーとブルーカラーの給与や待遇などの違いなどについても気になる人が多いようなので、そのような側面からも違いを見て行きたいと思います。


「どんな服を着て働いているのか」の違いから生まれた言葉

「ホワイトカラー」と「ブルーカラー」、職業をこのような言葉で大きく分けることがあります。これは主に、それぞれがどのような職種なのかを表すときに使う言葉です。

ホワイトカラー

ホワイトカラーとは、スーツで働く人のことを指します。ワイシャツにネクタイなどで働く人のことを言い、事務職として働く人など、いわゆる一般的なサラリーマンのことを指すケースが多いと言えます。現場の人間ではなく、管理職以上の人を指すこともあり、業種だけでなく役職などによっても変わることあります。

ブルーカラー

ブルーカラーとは、作業着を着て仕事をする人の事を指します。主に工場などに勤務して、現場での仕事を中心にした人のことをさし、肉体労働者なども含みます。

ホワイトカラー、ブルーカラー、とはそれぞれの服装の色を示す区分分けと言え、一般的なサラリーマンをホワイトカラー、工場などの現場作業を行う職業の人をブルーカラーと呼ぶことが多いようです。ワイシャツを着てする仕事、営業職や事務職など、いわゆる頭を使うことを中心とした仕事をする人をホワイトカラー、作業着を着て肉体労働を中心とした仕事をする人がブルーカラーと言われます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 口答えはNGか【上司に言い返す時の上手い伝え方】

    口答えはNGか【上司に言い返す時の上手な伝え方】

    上司に怒られたことに納得がいかず、感情的になって口答えしてしまったことのある人はきっと少なくないと思…
  2. 営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    営業マンのビジネススーツマナーまとめ

    入社した会社で営業職として働くことになった場合、ビジネススーツの着用が必須といえます。営業マンは社外…
  3. 営業のクロージング力を高めるテクニック7選

    営業のクロージング力を高めるテクニック7選

    みなさんはクロージングという言葉をご存知でしょうか。そもそも何の用語かもわからないといった方もいらっ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスマンとして会社と言う組織に属する以上、「出世」は1つの目標でもあり、それは同時にビジネスマン…
  2. 営業ノルマというものから営業マンを区分したとすれば、「ノルマを達成できる営業マン」と「ノルマを達成で…
  3. 面接時に聞かれる質問には「定番」と呼ばれる質問がいくつかありますが、今回のテーマである「入社後にした…
  4. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  5. 「現在勤めている会社の仕事内容や待遇等について特に不満はないが、会社の将来性にはかなり不安がある・・…
  6. 名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対…
ページ上部へ戻る