ホワイトカラーとブルーカラーの違いとは

ホワイトカラーとブルーカラー、それぞれに言葉は聞いたことがあっても、その言葉の意味の違いについてはいまいちよく分かっていない人も多いかもしれません。そこでここではホワイトカラーとブルーから、それぞれの違いについてお話していきたいと思います。また、言葉の意味だけでなく、ホワイトカラーとブルーカラーの給与や待遇などの違いなどについても気になる人が多いようなので、そのような側面からも違いを見て行きたいと思います。


「どんな服を着て働いているのか」の違いから生まれた言葉

「ホワイトカラー」と「ブルーカラー」、職業をこのような言葉で大きく分けることがあります。これは主に、それぞれがどのような職種なのかを表すときに使う言葉です。

ホワイトカラー

ホワイトカラーとは、スーツで働く人のことを指します。ワイシャツにネクタイなどで働く人のことを言い、事務職として働く人など、いわゆる一般的なサラリーマンのことを指すケースが多いと言えます。現場の人間ではなく、管理職以上の人を指すこともあり、業種だけでなく役職などによっても変わることあります。

ブルーカラー

ブルーカラーとは、作業着を着て仕事をする人の事を指します。主に工場などに勤務して、現場での仕事を中心にした人のことをさし、肉体労働者なども含みます。

ホワイトカラー、ブルーカラー、とはそれぞれの服装の色を示す区分分けと言え、一般的なサラリーマンをホワイトカラー、工場などの現場作業を行う職業の人をブルーカラーと呼ぶことが多いようです。ワイシャツを着てする仕事、営業職や事務職など、いわゆる頭を使うことを中心とした仕事をする人をホワイトカラー、作業着を着て肉体労働を中心とした仕事をする人がブルーカラーと言われます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 肩こりの原因とデスクワークでの正しい姿勢・椅子の座り方

    「最近、腰痛や肩こりに悩まされていて・・・」 今や腰痛や肩こりは老若男女問わず数多くの人が…
  2. 職場のストレスは病気の原因に!ストレス解消方法まとめ

    仕事のストレスをためてしまうと、心身に症状がでたり、やる気やモチベーションが上がらない原因になってし…
  3. マネジャー必見!仕事ができない部下を育成するたった一つのポイント

    「さっきも注意したのに、何度言ってもやっぱりできない」 「なぜこれが大事だと理解してくれないんだろう…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  2. 当サイトの他記事において、ポイントやマイルの貯め方等についてご紹介しましたが中には「それって大丈夫?…
  3. 退職後、失業保険等の請求において必要になってくる書類が「離職票」です。この離職票ですが退職すれば自動…
  4. 転勤の挨拶で取引先に伺うときの訪問アポの取り方とマナーまとめ
    人事異動が正式に発表されて転勤が決まった際に、取引先に対して転勤の挨拶をメールでお知らせすることは一…
  5. 就職活動を行う上で一番重要な面接は、自分をアピールすることができる場です。個人面接のみであれば、思う…
  6. 転職先が決まり、これで転職終了と考える方は多いかもしれません。しかし、転職は働き始めてからが本当の勝…
ページ上部へ戻る