ホワイトカラーとブルーカラーの違いとは

ホワイトカラーとブルーカラー、それぞれに言葉は聞いたことがあっても、その言葉の意味の違いについてはいまいちよく分かっていない人も多いかもしれません。そこでここではホワイトカラーとブルーから、それぞれの違いについてお話していきたいと思います。また、言葉の意味だけでなく、ホワイトカラーとブルーカラーの給与や待遇などの違いなどについても気になる人が多いようなので、そのような側面からも違いを見て行きたいと思います。


「どんな服を着て働いているのか」の違いから生まれた言葉

「ホワイトカラー」と「ブルーカラー」、職業をこのような言葉で大きく分けることがあります。これは主に、それぞれがどのような職種なのかを表すときに使う言葉です。

ホワイトカラー

ホワイトカラーとは、スーツで働く人のことを指します。ワイシャツにネクタイなどで働く人のことを言い、事務職として働く人など、いわゆる一般的なサラリーマンのことを指すケースが多いと言えます。現場の人間ではなく、管理職以上の人を指すこともあり、業種だけでなく役職などによっても変わることあります。

ブルーカラー

ブルーカラーとは、作業着を着て仕事をする人の事を指します。主に工場などに勤務して、現場での仕事を中心にした人のことをさし、肉体労働者なども含みます。

ホワイトカラー、ブルーカラー、とはそれぞれの服装の色を示す区分分けと言え、一般的なサラリーマンをホワイトカラー、工場などの現場作業を行う職業の人をブルーカラーと呼ぶことが多いようです。ワイシャツを着てする仕事、営業職や事務職など、いわゆる頭を使うことを中心とした仕事をする人をホワイトカラー、作業着を着て肉体労働を中心とした仕事をする人がブルーカラーと言われます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 喫茶店やカフェで商談・打ち合わせをするときのマナー・注意点

    商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  2. 「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    日本語で多く見られる同音異義語ですが、微妙なニュアンスの違いについてはなかなか使い分けができず混乱し…
  3. 部下が仕事を辞める「7つの原因」と「引き止めるポイント」

    部下が仕事を辞めるという時は、部下の心の奥底には退職を決意するだけの、会社に対する大きな不満を持って…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
  2. 就活は最終的には学生個々の資質や人間性、能力が評価されて採用に至りますが、一般的な傾向として体育会系…
  3. ビジネスマンの方なら「内部統制」という言葉は御存知でしょうが、その正確な定義について説明を求められた…
  4. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
  5. 中途採用の面接試験において必ず尋ねられることであり、尚且つ採否を決定付けると言っても良いぐらい重要な…
  6. 転職の際には、持っていると有利になる資格や条件などがあります。持っていると有利になる資格、満たしてい…
ページ上部へ戻る