「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、

  • 「元旦」と「元日」
  • 「科学」と「化学」
  • 「ハイキング」と「ピクニック」
  • 「預金」と「貯金」
  • 「青田刈り」と「青田買い」
  • 「おざなり」と「なおざり」

などです。誰でも一度は「2つの類似する言葉には、どんな違いがあるのだろう?」「どっちを用いるべきなの?」と迷ったり、誤って用いたことがあるのではないでしょうか?今回は類似する言葉の中からよく使用され、且つ重要な場面のキーワードとして用いられることも多々ある「信用」と「信頼」について、その意味や違いをご紹介していきます。

「信用」と「信頼」のそれぞれの意味

「信用」と「信頼」のそれぞれの意味についてご説明しますと、辞書では、

信用:信じて任用すること、確かなものと信じて受け入れること 信頼:信じて頼ること、頼りになると信じること

などと書かれています。しかしこの説明は、それぞれの文字を構成する「用」や「頼」を引っ張っているだけという印象で、いざという時に明確な使い分けをイメージするのは困難です。両者の違いを理解するには、もう一歩進んだ解釈を確認したいものです。

「信用」と「信頼」の使用例

「信用」は、

信用を失う 彼の言葉を信用する 店の信用を落とす

といった使い方をします。

「信頼」は、

彼は信頼できる人物だ 両親の信頼に応える 部下を信頼する

というように使います。こうして見ると、「店の信頼を落とす」「両親の信用に応える」という使い方はあまりしませんし、どこかしっくりこない感覚があります。実はこの点に、2つの言葉の決定的な違いが隠されているのです。

「信用」と「信頼」は未来と過去で使い分ける

%e3%80%8c%e4%bf%a1%e7%94%a8%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%80%8c%e4%bf%a1%e9%a0%bc%e3%80%8d%e3%81%af%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e3%81%a8%e9%81%8e%e5%8e%bb%e3%81%a7%e4%bd%bf%e3%81%84%e5%88%86%e3%81%91%e3%82%8b

過去を「信用」する

「信用」は、その人(または組織などが)が過去に積み上げてきた実績や成果を見て、それを「評価できる」ことが基本にあります。つまり「過去の出来事に照らして信じることができる」という意味です。

そのため「彼の言葉を信用する」は、「今まで何事に対してもきちんとしていた彼の話だからこそ、信じることができる」であり、「店の信用を落とす」は、「長年しっかりお客様をサポートしていたのに、新人店員が非常に失礼な態度をとり、店の評価を下げた」といった場面に用います。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 遅刻・早退・欠勤時に会社へ連絡する時のマナー

    遅刻・早退・欠勤は、社会人としては避けたい出来事です。しかし「電車が遅延しており、就業時間に間に合わ…
  2. 遅刻癖のある人の7つの特徴

    「集合時間をとっくに過ぎているのに、到着していない人がいる」「出発時刻なのに一人だけまだ来ていない」…
  3. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 誰しもが万が一のときや老後に備えて、少しでも貯金をしたいと思うものですが、実際に生活していると、急な…
  2. 営業マンの給与形態は大きく「フルコミッション」と「固定給」の二つに分けることができます。両者の給与形…
  3. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  4. ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではな…
  5. 皆さんの上司は器が大きい方でしょうか、それとも小さいと感じておられるでしょうか。また、部下を持つ立場…
  6. 上司や取引先から返事が来ないときに催促をスムーズに行う方法
    取引先や上司に、依頼や質問をしたのになかなかその返事が来ないときの対処法について述べます。友人や家族…
ページ上部へ戻る