「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、

  • 「元旦」と「元日」
  • 「科学」と「化学」
  • 「ハイキング」と「ピクニック」
  • 「預金」と「貯金」
  • 「青田刈り」と「青田買い」
  • 「おざなり」と「なおざり」

などです。誰でも一度は「2つの類似する言葉には、どんな違いがあるのだろう?」「どっちを用いるべきなの?」と迷ったり、誤って用いたことがあるのではないでしょうか?今回は類似する言葉の中からよく使用され、且つ重要な場面のキーワードとして用いられることも多々ある「信用」と「信頼」について、その意味や違いをご紹介していきます。

「信用」と「信頼」のそれぞれの意味

「信用」と「信頼」のそれぞれの意味についてご説明しますと、辞書では、

信用:信じて任用すること、確かなものと信じて受け入れること 信頼:信じて頼ること、頼りになると信じること

などと書かれています。しかしこの説明は、それぞれの文字を構成する「用」や「頼」を引っ張っているだけという印象で、いざという時に明確な使い分けをイメージするのは困難です。両者の違いを理解するには、もう一歩進んだ解釈を確認したいものです。

「信用」と「信頼」の使用例

「信用」は、

信用を失う 彼の言葉を信用する 店の信用を落とす

といった使い方をします。

「信頼」は、

彼は信頼できる人物だ 両親の信頼に応える 部下を信頼する

というように使います。こうして見ると、「店の信頼を落とす」「両親の信用に応える」という使い方はあまりしませんし、どこかしっくりこない感覚があります。実はこの点に、2つの言葉の決定的な違いが隠されているのです。

「信用」と「信頼」は未来と過去で使い分ける

%e3%80%8c%e4%bf%a1%e7%94%a8%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%80%8c%e4%bf%a1%e9%a0%bc%e3%80%8d%e3%81%af%e6%9c%aa%e6%9d%a5%e3%81%a8%e9%81%8e%e5%8e%bb%e3%81%a7%e4%bd%bf%e3%81%84%e5%88%86%e3%81%91%e3%82%8b

過去を「信用」する

「信用」は、その人(または組織などが)が過去に積み上げてきた実績や成果を見て、それを「評価できる」ことが基本にあります。つまり「過去の出来事に照らして信じることができる」という意味です。

そのため「彼の言葉を信用する」は、「今まで何事に対してもきちんとしていた彼の話だからこそ、信じることができる」であり、「店の信用を落とす」は、「長年しっかりお客様をサポートしていたのに、新人店員が非常に失礼な態度をとり、店の評価を下げた」といった場面に用います。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!

    できる営業マンの特徴10選!これであなたも結果にコミットできる!

    できる営業マンには共通する特徴があります。頑張っているのになかなか成果が上がらない人は、まずはできる…
  2. 成功する人が20代のうちに身につけている10の習慣

    成功する人としない人の差が生まれる理由は、20代の成長真っ盛りをどのように過ごしたかが大きなカギを握…
  3. 職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    セクハラ、パワハラと同じように職場の嫌がらせ問題として近年注目を集めている「モラハラ」。職場でのモラ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 語学関連の資格は、特に国際的な事業に取り組んでいる企業への就職を考える場合、就活で有利になると言うよ…
  2. ピアスをつける、つけないというのは個人の自由です。しかし、企業面接時にピアスをつけていくというのはや…
  3. お世話になった上司が職場を去る場合、新たな人生の門出を祝う意味とこれまでの感謝の意味を込めてできるだ…
  4. 今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…
  5. グループディスカッションは、協調性を大切にしたり、それぞれに与えられた役割をきちんとこなすなど、選考…
  6. 面接を行う際に希望日をこちらで指定できるという時に、あなたならなるべく早く設定しますか?それとも遅め…
ページ上部へ戻る