「大事な人」と「大切な人」の意味・違い

比較すると、「大事な人」は仕事上での重要性を表す場合に用いられることが多く、「大事なお客さま」というような用法が考えられます。一方、「大切な人」は「もっとも」必要とあるので、「大事」よりもより重要度が高いと考えられます。さらにより主観的・感情的な要素が高いと考えられるので、どちらかといえば仕事上用いるにはあまり適切ではない言葉と言えるでしょう。

誰かにとって「大切な」人になるには?

社会の変動がめまぐるしい現代では社会や家族の絆が弱くなり、孤独感を感じる人が多いようです。そのような状況では、仕事を始めとしてプライベートでも「誰かにとっての大切な人間」でありたい、と願う人も多いかもしれません。

哲学者のアラン・ド・ボトンは「仕事は愛よりはるかに簡単である」と言っています。この言葉に思い当たる節がある人が多いのではないでしょうか。「誰かにとって大切な人間になる」もしくは「自分にとって大切な人間を見つける」ということは、身近でありながら、もしかするとビジネスよりもはるかに難しいことかもしれません。

ビジネスは、ある程度共有されたルールがあることから、限られた範囲で適切な努力をすれば結果が返ってくる可能性が高いと思います。もちろんそこで適切な努力をしなければ結果も返ってこないことになってしまうので、その意味では「簡単」とは言い難いです。

一方で、「大切な人間になる」「大切な人を見つける」ということに関しては、個人の価値観の違いを考慮してもあまり一般的な方法論は構築しがたいとも言えます。

誰かにとって大切な人になるには

ここでは「大事な」「大切な」ということの基本的な定義を改めて見直してみました。「大切な」という言葉の定義を改めて見直すと、最後の部分に「急を要するさま」という意味が含まれています。これはもしかすると急を要する場合には「大切」になりやすい、ということから派生した意味であるかもしれません。

「大切な人」になるにはもしかすると、急を要して誰かの助けが必要なほど、真剣に仕事などに取り組みすぎて限界が訪れた状態で偶然得られるものかもしれません。そのため、目の前の仕事に精一杯取り組むことが、間接的には誰かにとって大切な人になる近道と言えるかもしれません。このほか「顧客を大事にする、大切にする」という営業的な視点に関してもこの感覚が活かされるかもしれませんね。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…
  2. ルート営業で成功するための必要なスキル・工夫・コツ

    サービスの質や料金を基準として、取引先の見直しがシビアに行われる昨今、これまでのルート営業に有りがち…
  3. 営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業活動を続けていると、どうもやる気が出なかったり、モチベーションが下がってしまうことがあります。モ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職時における面接や履歴書、少しでも自分を良く見せようと、嘘を言ってしまったり嘘を書いてしまったりし…
  2. ビジネスマンの方なら「内部統制」という言葉は御存知でしょうが、その正確な定義について説明を求められた…
  3. 仕事には向き不向きと言ったものがありますので、その職種に不向きな方が仕事を行うことは本人にとっても、…
  4. 若者の車離れは有名な話となってしまいましたが、近年の若者は車だけでなく「出世」に対しても意欲や関心が…
  5. 転職を果たした場合、比較的まれなケースながら履歴書に記載した学歴を証明するために卒業証明書が必要とさ…
  6. 就職や転職などを考えるときに頭に入れておきたいのが、その企業や業界的に有利に働く資格も存在するという…
ページ上部へ戻る