「大事な人」と「大切な人」の意味・違い

比較すると、「大事な人」は仕事上での重要性を表す場合に用いられることが多く、「大事なお客さま」というような用法が考えられます。一方、「大切な人」は「もっとも」必要とあるので、「大事」よりもより重要度が高いと考えられます。さらにより主観的・感情的な要素が高いと考えられるので、どちらかといえば仕事上用いるにはあまり適切ではない言葉と言えるでしょう。

誰かにとって「大切な」人になるには?

社会の変動がめまぐるしい現代では社会や家族の絆が弱くなり、孤独感を感じる人が多いようです。そのような状況では、仕事を始めとしてプライベートでも「誰かにとっての大切な人間」でありたい、と願う人も多いかもしれません。

哲学者のアラン・ド・ボトンは「仕事は愛よりはるかに簡単である」と言っています。この言葉に思い当たる節がある人が多いのではないでしょうか。「誰かにとって大切な人間になる」もしくは「自分にとって大切な人間を見つける」ということは、身近でありながら、もしかするとビジネスよりもはるかに難しいことかもしれません。

ビジネスは、ある程度共有されたルールがあることから、限られた範囲で適切な努力をすれば結果が返ってくる可能性が高いと思います。もちろんそこで適切な努力をしなければ結果も返ってこないことになってしまうので、その意味では「簡単」とは言い難いです。

一方で、「大切な人間になる」「大切な人を見つける」ということに関しては、個人の価値観の違いを考慮してもあまり一般的な方法論は構築しがたいとも言えます。

誰かにとって大切な人になるには

ここでは「大事な」「大切な」ということの基本的な定義を改めて見直してみました。「大切な」という言葉の定義を改めて見直すと、最後の部分に「急を要するさま」という意味が含まれています。これはもしかすると急を要する場合には「大切」になりやすい、ということから派生した意味であるかもしれません。

「大切な人」になるにはもしかすると、急を要して誰かの助けが必要なほど、真剣に仕事などに取り組みすぎて限界が訪れた状態で偶然得られるものかもしれません。そのため、目の前の仕事に精一杯取り組むことが、間接的には誰かにとって大切な人になる近道と言えるかもしれません。このほか「顧客を大事にする、大切にする」という営業的な視点に関してもこの感覚が活かされるかもしれませんね。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 有給休暇取得の申請マナーとメール例文

    有給休暇取得の申請マナーとメール例文

    「有給休暇は、労働者の権利」とは分かっていても、自分が有給休暇を取ってしまうと、周囲に迷惑を掛けてし…
  2. 男性新入社員が名刺入れを選ぶときのポイントとおすすめブランド

    新入社員として好スタートを切るために、自分の分身でもある名刺を交換する場面は特にスマートに決めたいも…
  3. メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    どの仕事をするにも責任感は付きまといますが、営業職は仕事の売り上げそのものを作るポジションのため、会…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 職場で人気者になる人の8つの特徴
    あなたの近くにも、いつも周囲が集まる「人気者」の人はいませんか。明るくポジティブで、彼の周りにはいつ…
  2. 忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか
    会社で働いていると、忘年会に参加する機会は多いですよね。部署での忘年会、プロジェクトチームの忘年会、…
  3. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  4. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  5. 朝早く起きることができず、ギリギリセーフのタイミングで職場に駆け込むことは誰でも一度や二度は経験があ…
  6. 会社説明会は面接の場ではありませんが、そこには皆さんの採用を左右する人事担当者の方が見えている訳です…
ページ上部へ戻る