「大事な人」と「大切な人」の意味・違い

日本語には多くの類似表現が含まれます。今回は「大事な人」と「大切な人」の違いについて記述します。「大事」と「大切」は共通している部分もありながら、そこには大きな意味の違いがありますので、場面に応じて適切に使い分けることをお勧めします。

「大事」と「大切」の意味

「大事な人」と「大切な人」の違い

まずは「大事」と「大切」のそれぞれの意味を理解することからはじめましょう。

大事とは

「大事」には名詞用法と形容動詞用法があり、以下のような意味があります。

<名詞> 1:重大な事柄。容易でない事件。 2:大がかりな仕事。大規模な計画。 3:たいへんな結果。非常に心配な事態。 4:出家して悟りを開くこと。

<形容動詞> 1:価値あるものとして、大切に扱うさま。 2:重要で欠くことのできないさま。ある物事の存否にかかわるさま。

名詞利用の場合と形容動詞利用の場合に、意味に大きな違いがあるということに注意する必要があります。

大事を用いた例文

<名詞利用> ・会社の一大事に活躍する人材 ・仕事帰りに不慮の事故に巻き込まれたが、大事に至らず済んだ

<形容詞利用> ・お大事になさってください ・今は大事な時期なので、しばらく集中させていただきたい

大切とは

「大切」とは、以下のような意味があります。

<形容動詞> 1:もっとも必要であり、重んじられるさま。重要であるさま。 2:丁寧に扱って、大事にするさま。 3:急を要するさま。

なお、「大切」を名詞利用する際には「大切さ」という言葉を用いる必要があります。

「大切」を用いた例文

・上司からもらった本を大切にする ・大切にしていた祖父の形見をなくして落ち込む ・(名詞利用)家族の大切さを実感する

「大事な人」と「大切な人」の違い

「大事な人」「大切な人」を活用する際には上述の形容動詞の用法で用いています。つまり、「大事な人」に関しては「価値ある人として、大切に扱うような人」、もしくは「重要で欠くことのできない人。ある物事の存否にかかわるような人」ということになります。一方、「大切な人」とは「もっとも必要であり、重んじられる人。重要な人」、「丁寧に扱って、大事にしている人」というような人、ということになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…
  2. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…
  3. 仕事のモチベーションを維持する6つの方法

    仕事のモチベーションが下がっていると感じたことはありませんか?やらなくてはいけない仕事なのに、なかな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就活生向けに企業が行っている「会社説明会」に参加することで、その会社はどんな会社なのか、事業は何をや…
  2. 部下をやる気にさせる特効薬と言えば「褒める」ことに尽きると言って良いでしょう。しかしただ褒めれば良い…
  3. 面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
  4. 米国の経済誌「フォーブス」は毎年世界の大富豪をランキングで紹介していますが、その長者番付に日本人も数…
  5. 憧れの素敵な上司に共通する8つの特徴
    「部下から尊敬される人になりたい」 「好かれたい」 「カッコいいところを見せたい」 「頼りにさ…
  6. 体育会系の部活に所属して頑張ってきた学生が就活で優位になるという話は、就活生の皆さんなら一度は耳にし…
ページ上部へ戻る