「大事な人」と「大切な人」の意味・違い

日本語には多くの類似表現が含まれます。今回は「大事な人」と「大切な人」の違いについて記述します。「大事」と「大切」は共通している部分もありながら、そこには大きな意味の違いがありますので、場面に応じて適切に使い分けることをお勧めします。

「大事」と「大切」の意味

「大事な人」と「大切な人」の違い

まずは「大事」と「大切」のそれぞれの意味を理解することからはじめましょう。

大事とは

「大事」には名詞用法と形容動詞用法があり、以下のような意味があります。

<名詞> 1:重大な事柄。容易でない事件。 2:大がかりな仕事。大規模な計画。 3:たいへんな結果。非常に心配な事態。 4:出家して悟りを開くこと。

<形容動詞> 1:価値あるものとして、大切に扱うさま。 2:重要で欠くことのできないさま。ある物事の存否にかかわるさま。

名詞利用の場合と形容動詞利用の場合に、意味に大きな違いがあるということに注意する必要があります。

大事を用いた例文

<名詞利用> ・会社の一大事に活躍する人材 ・仕事帰りに不慮の事故に巻き込まれたが、大事に至らず済んだ

<形容詞利用> ・お大事になさってください ・今は大事な時期なので、しばらく集中させていただきたい

大切とは

「大切」とは、以下のような意味があります。

<形容動詞> 1:もっとも必要であり、重んじられるさま。重要であるさま。 2:丁寧に扱って、大事にするさま。 3:急を要するさま。

なお、「大切」を名詞利用する際には「大切さ」という言葉を用いる必要があります。

「大切」を用いた例文

・上司からもらった本を大切にする ・大切にしていた祖父の形見をなくして落ち込む ・(名詞利用)家族の大切さを実感する

「大事な人」と「大切な人」の違い

「大事な人」「大切な人」を活用する際には上述の形容動詞の用法で用いています。つまり、「大事な人」に関しては「価値ある人として、大切に扱うような人」、もしくは「重要で欠くことのできない人。ある物事の存否にかかわるような人」ということになります。一方、「大切な人」とは「もっとも必要であり、重んじられる人。重要な人」、「丁寧に扱って、大事にしている人」というような人、ということになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…
  2. 上司が怖い原因と3つの対策

    上司が怖い原因と4つの対策

    職場の人間関係に慣れないうちは、相手の性格もわからないため、特に直属の上司が怖いと感じる人も少なくあ…
  3. やりたい仕事が見つからない人の天職の探し方

    やりたい仕事ができていない人は働く人の約6割と言われている昨今、働く目的が「生活費を稼ぐため」「…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんは日々「自己啓発」に取り組んでおられるでしょうか。自己啓発を通じて自分の意識や能力が向上すれば…
  2. 会社によって「主任」の役割や位置付けは多少異なりますが、平社員の次の役職・階級となるのが「主任」とな…
  3. 年収700万円台の年収を誇るサラリーマンの割合は、転職サイト大手「リクナビNEXT」の調べによると全…
  4. 集団面接、またはグループ面接と呼ばれる形式の面接は一次面接において実施される場合が多い面接形式と言え…
  5. 職場で人気者になる人の8つの特徴
    あなたの近くにも、いつも周囲が集まる「人気者」の人はいませんか。明るくポジティブで、彼の周りにはいつ…
  6. ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではな…
ページ上部へ戻る