主任と係長の役割の違い・共通点

会社によって役職の位置付けはさまざま。規模の大きな会社になると課長職のサポート役だけでも「課長代理」や「課長補佐」があることから、社内の立場や役職の役割を正確に理解するのはなかなか困難です。

主任と係長はどっちが上か

主任と係長、どちらの役職が上の地位になるのでしょうか?一般的には係長の方が、主任よりも上の地位にある会社が多い傾向があります。

しかし、「主任が上だ」という人も「係長が上だ」という人もいます。なぜならこれらの地位の上下は会社によって異なるからです。また会社によっては主任職の職級自体がなかったり、係長がいない場合もあります。つまり、基本的には係長の立場が主任よりも上ですが、会社の職級制度によっては反対になる場合もあるということです。続いては主任や係長の役割や職務内容について見ていきましょう。

主任と係長のそれぞれの役割

主任と係長のそれぞれの役割

・主任の役割

主任職の果たすべき役割は「一般職などのグループをまとめるリーダー」です。小規模なプロジェクトなどのリーダーとして部下や後輩を管理する立場であり、部下の意見をまとめて管理職とのパイプ役を果たす場合もあります。また管理職とは課長職以上の役職者のことを言い、主任職や係長職は当てはまりません。

主任職になる場合、勤務年数が3〜5年で昇進することが多いようですが、営業であれば他の平社員と日常の動きはほとんど変わりません。ただ上述しているように後輩や部下を育成したり、勤務態度などを上司に報告するという役割を持つ場合もあれば、上司の指示命令を部下に伝えることを要求される場合もあります。上司と部下、双方の間に立って橋渡しをする役職であり、マネジメントやリーダーシップの方法を少しずつ学んでいく立場といってもいいでしょう。

・係長の役割

係長の役割は主任と似ています。上司の指示命令を平社員に伝えたり、平社員の状況報告を上司にしたりと、管理職と平社員のパイプ役を果たします。また「現場での個人目標の達成」と「チームを統率してプロジェクトを成功させる」ことを組織から求められます。係長はプロジェクトを遂行するためのリーダーであり平社員を管理する立場なのです。

もちろん、会社や部署により係長の役割は違ってきます。直属の部下が何人いるかによっても役割は大きく変化します。また会社によっては「係長」という肩書がついても部下が一人もいないケースもあります。部下の人数によって係長の役割も大きく変わってくるのです。

主任と係長の共通点

主任と係長の共通点

(1)主任も課長もプレイヤー

主任も係長も、会社から個人目標が与えられます。例えば課長から仕事を割り当てられ、それを期日までに取り組んだり、また営業職であれば売上目標を追いかけます。難易度の高い仕事や交渉を行ったりと、平社員の経験値では難しい仕事を付与されます。プレイヤーとして如何に仕事で成果を出すかが主任や係長にとって重要なことです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 男性新入社員が名刺入れを選ぶときのポイントとおすすめブランド

    新入社員として好スタートを切るために、自分の分身でもある名刺を交換する場面は特にスマートに決めたいも…
  2. 【会社の知名度を高める】社長インタビューサイト11選

    取引先企業の認知度の高さを、商品購入の判断基準の一つにしている企業や消費者は少なくありません。プロモ…
  3. 責任転嫁する上司の対処法

    責任転嫁する上司の対処法

    あなたの会社には、ミスや失敗を責任転嫁する、無責任な上司はいないでしょうか?ミスが発覚すると「この問…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんは「添え状」と言う言葉をご存知でしょうか。添え状とは文字通り添える書類のことで、郵送物等を送る…
  2. 体育会系の部活に所属して頑張ってきた学生が就活で優位になるという話は、就活生の皆さんなら一度は耳にし…
  3. 特に個人宅を対象としたセールス電話や訪問営業は、例えば意志決定できるご主人の帰宅時間の関係で夜遅くで…
  4. 自分の働き方を考える上で、「会社」だけではなく「職種」の選択がとても重要になってくることは言うまでも…
  5. 営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
  6. 今回は、若手の社会人でも意識すればすぐにモノにできるトップビジネスマンが実践している6つの仕事術をご…
ページ上部へ戻る