受動的と能動的の意味・違い

「積極的と消極的」「ポジティブとネガティブ」など、人の行動パターンや性質を対義する言葉はたくさんありますが、ビジネスシーンに限らず日常会話でも言葉の意味を正確に使いこなせる人でありたいですね。今回ご紹介するのは「受動的」と「能動的」の言葉。受動的と能動的はどのような意味を持ち、違いはどこにあるのか、早速ご説明していきます。

「受動的」と「能動的」の意味

「受動的」と「能動的」の意味

受動的の意味

受動的とは「他から動作・作用を及ぼされるさま。自分の意志からでなく、他に動かされてするさま」という意味です。「受動」という言葉には、「自らの意思とは関係なく他の作用を受けてしまう」という意味がありますが、分かりやすくいえば、自分発信ではない、自分からボールを投げずに周りに影響を受ける様子や行動のことです。

とはいえ受動的には「避けている」「逃げている」「いやいやながら」というような物事に対して拒否や否定の意思を表現するニュアンスはありません。そのため「消極的」や「及び腰」などとは少し意味が違うため注意が必要です。

考えてみれば拒否や否定も一つの感情表現が含まれますが、受動的というのはプラスであれマイナスであれ、いずれの感情も意思も介在しない言葉といえます。ちなみに英語で受動的のことは「passive(パッシブ)」といいます。

能動的の意味

能動的とは「自分から他へはたらきかけるさま」という意味。みずからが口火を切って働きかける様子や行動のことです。

能動的の類義語には「自主的」「主体的」「積極的」などがありますが、類語との意味の違いは、能動的は他の人に働きかける部分。また能動的は、英語では「active(アクティブ)」となりますが、日本人が英語の「アクティブ」に持っている活動的・活発・行動的などの性質を表す言葉とは少しニュアンスが違います。能動的は、行動の有り様を表す言葉であり、他人に働きかける意味も含まれているので、自分の心の中だけでは完結せず、行動にも表現が及ぶわけです。

受動的と能動的の違い

受動的と能動的の違い

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「効率」と「能率」の正しい意味・違い

    仕事の効率性を高めるという意味で「効率」という言葉が多用されています。一方で似たような「能率」という…
  2. 転職の面接で気を付けるべき9の項目

    面接の場面で、採用担当者からの質問に対して「何を話すか」を事前に考えておくことはとても大事です。しか…
  3. 職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    セクハラ、パワハラと同じように職場の嫌がらせ問題として近年注目を集めている「モラハラ」。職場でのモラ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 顧客が怪我をして入院する・・・頻繁に起こることではないだけに、顧客へ送るお見舞いメールを書き慣れてい…
  2. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
  3. 「転職先が決まったので、会社をやめたいと思っています。」 部下から突然、このように打ち明け…
  4. 当サイトではトップ営業マンの手帳の使い方や選び方についてご紹介した記事がありますが、今回はその反対、…
  5. 転職を考えた際にネックになるのが「退職時のトラブル」です。退職するということは、新しい道に進む自分に…
  6. 国税庁の調べによりますと、男性サラリーマンの平均年収は平成25年実績で約510万円となっていますので…
ページ上部へ戻る