人材派遣会社とアウトソーシング会社の違い

人材派遣で働く、アウトソーシングで働く、どちらも同じような意味で、同じような働き方じゃないの?と感じる人は多いかもしれません。最近では働き方も多様になりつつあり雇用形態も正社員として働く以外に様々な雇用形態があります。ここでは「人材派遣会社」と「アウトソーシング会社」、見たようなイメージを持つ2つの働き方の違いについてお話していきます。現在派遣社員として働いている方、アウトソーシング会社で働く方、それぞれの違いについてしっかりと理解しておきましょう。


主な違いは勤務形態

勤務体系どちらも人材を外部から労働力として補う、そのようなイメージがありますが、厳密には大きな違いがあります。まず人材派遣は、派遣元となる派遣業者に登録している者を、業者を通して派遣してもらうことを言います。アウトソーシングは、業務請負と言う意味からも分かるように、業務を完成、完了させることを前提として契約で、完成に対する対価として報酬を支払う形態となります。

簡単に言ってしまうと、人材派遣は「人」と提供する形態で、アウトソーシングは「仕事の完了」を提供する形態となります。人材派遣では業務の完成云々に関しては派遣先任せであり、あくまでも労働力となる人材を派遣することが目的となります。アウトソーシングは業務の完成、完了を目的としているため、人材を派遣するだけでなく、人材の管理、業務の管理なども全て責任を持つことになります。このように似たように感じる両者ではあるのですが、勤務形態には大きな違いがあることを知っておきましょう。


働く側にとっては関係ない?

上記でお話した勤務形態の違い、どちらにしても働く側にとってはあまり関係がない話じゃないの?と感じている人も多いようですが、それは大きな間違いです。例えばアウトソーシング会社での雇用となり、請負先へ派遣される場合と、人材派遣会社からの派遣となる場合では同じ職場であっても働き方や実際の業務内容は変わってきます。

人材派遣では派遣先の雇用体系に従うことになります。所属自体は人材派遣会社であるものの、勤務に関しては派遣先の諸条件の元に働くことになります。仕事の指示なども派遣先の上司などの指示に従うことになります。一方アウトソーシングでは、請負先企業での勤務であっても、業務に関する指示などは業務を請け負っているアウトソーシング会社の指示に従うことになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業リーダーがやるべき5つの役割

    営業リーダーがやるべき5つの役割

    会社組織は、必要に応じて部署やチーム単位をまとめる管理者に役職が与えられています。役職にはそれぞれ役…
  2. 仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

    仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

    「あるべき姿の上司」になるために、人格的な問題の改善に徹底し、部下の働きやすい環境を作ったとしても、…
  3. 職場で悪口を言う人の特徴と対処法

    転職・退職の理由のうち人間関係が常に上位を占めるといわれるほど、職場での人間関係が仕事を続けるための…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 当サイトの他記事において、ポイントやマイルの貯め方等についてご紹介しましたが中には「それって大丈夫?…
  2. パワーハラスメントとは、職場において権力のあるものがないものに対して行われる「嫌がらせ・いじめ」のこ…
  3. 国税庁の調べによりますと、男性サラリーマンの平均年収は平成25年実績で約510万円となっていますので…
  4. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
  5. 既卒者の就活は新卒者の就活より不利である・・・就活においてこのことは常識のように言われています。しか…
  6. 営業ノルマというものから営業マンを区分したとすれば、「ノルマを達成できる営業マン」と「ノルマを達成で…
ページ上部へ戻る