人材派遣会社とアウトソーシング会社の違い

人材派遣で働く、アウトソーシングで働く、どちらも同じような意味で、同じような働き方じゃないの?と感じる人は多いかもしれません。最近では働き方も多様になりつつあり雇用形態も正社員として働く以外に様々な雇用形態があります。ここでは「人材派遣会社」と「アウトソーシング会社」、見たようなイメージを持つ2つの働き方の違いについてお話していきます。現在派遣社員として働いている方、アウトソーシング会社で働く方、それぞれの違いについてしっかりと理解しておきましょう。


主な違いは勤務形態

勤務体系どちらも人材を外部から労働力として補う、そのようなイメージがありますが、厳密には大きな違いがあります。まず人材派遣は、派遣元となる派遣業者に登録している者を、業者を通して派遣してもらうことを言います。アウトソーシングは、業務請負と言う意味からも分かるように、業務を完成、完了させることを前提として契約で、完成に対する対価として報酬を支払う形態となります。

簡単に言ってしまうと、人材派遣は「人」と提供する形態で、アウトソーシングは「仕事の完了」を提供する形態となります。人材派遣では業務の完成云々に関しては派遣先任せであり、あくまでも労働力となる人材を派遣することが目的となります。アウトソーシングは業務の完成、完了を目的としているため、人材を派遣するだけでなく、人材の管理、業務の管理なども全て責任を持つことになります。このように似たように感じる両者ではあるのですが、勤務形態には大きな違いがあることを知っておきましょう。


働く側にとっては関係ない?

上記でお話した勤務形態の違い、どちらにしても働く側にとってはあまり関係がない話じゃないの?と感じている人も多いようですが、それは大きな間違いです。例えばアウトソーシング会社での雇用となり、請負先へ派遣される場合と、人材派遣会社からの派遣となる場合では同じ職場であっても働き方や実際の業務内容は変わってきます。

人材派遣では派遣先の雇用体系に従うことになります。所属自体は人材派遣会社であるものの、勤務に関しては派遣先の諸条件の元に働くことになります。仕事の指示なども派遣先の上司などの指示に従うことになります。一方アウトソーシングでは、請負先企業での勤務であっても、業務に関する指示などは業務を請け負っているアウトソーシング会社の指示に従うことになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「思い」と「想い」の意味・違い

    「思い」と「想い」の意味・違い

    日本語には多くの同音異義語がありますが、一見同様に見える言葉にも、日本語には「微妙なニュアンス」の違…
  2. 【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    役職を与えられるなどによって社内での立場が変われば、仕事で果たすべき役割も当然変わります。これまでは…
  3. 課長と係長の役割の違い

    どの会社にも、いくつかの肩書が存在します。最近でこそ、マネジャーやリーダーなどのカタカナ語の肩書も見…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 米国の経済誌「フォーブス」は毎年世界の大富豪をランキングで紹介していますが、その長者番付に日本人も数…
  2. 当サイトの他記事において、ポイントやマイルの貯め方等についてご紹介しましたが中には「それって大丈夫?…
  3. ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではな…
  4. 皆さんはパーソナルブランディングと言う用語をご存知でしょうか。パーソナルブランディングはこれからの社…
  5. 営業マンが女性であっても男性であっても、それぞれ個人的な資質や能力に違いはありますから、女性営業マン…
  6. 「優秀だ」あるいは「仕事ができる」とよく言われる人物は、皆さんの同僚、部下、上司といった役職の違いは…
ページ上部へ戻る