営業とマーケティングの基本的役割の違い

販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在しています。営業とマーケティングはあまり関係なさそうな、別の分類のものと思われがちですが、実はこの組み合わせは企業発展に欠かせない必要不可欠な組み合わせなのです。この二つの職の違いと相互関係を見直してみましょう。


マーケティングが果たす役割とは

マーケティングマーケティングとは企業の行う業務内容や企画について、市場を相手に考えどのように行うかを決める職です。マーケティングが相手にする対象は「市場」です。広い範囲での市場調査をもとに、自社の経営方針を決定するのです。自社製品やサービスがどのようにしたらより売れるのか、サービス内容の見直しや価格決定、どういったプロモーションで顧客の心をつかむのかなど、考える目的を定めた上で、それらをどのように実行していくのかを決めるのです。企業にとっての方位磁針のような役割を果たします。


営業とマーケティングでは対象が変わる

マーケティングが市場を対象として考える一方、営業という職では「顧客」を相手に対策や課題を掲げ、売上を伸ばす仕事です。一般的には保険や販売などがありますが、自社の製品やサービスの管理を行い、さらに顧客をふやすための戦略を実行しているのです。また自社製品を知り尽くし、顧客に対してのプレゼンを実際に行ったり、販売契約を獲得する事がメインとなります。

そのために顧客を管理したり、短期間での信頼を得るための工夫を行い、課題をクリアしながら各顧客のニーズにこたえていきます。対象が人となるので個別に対応し、細かい心遣いや丁寧な対応が必要となります。常に売上向上に対して積極的に行動をとるのが営業職の業務となるのです。


マーケティングと営業の相互関係とは

営業とマーケティングマーケティングは市場を、営業は顧客をそれぞれ対象とし仕事を行いますが、この二つは企業にとって切っても切れない関係と言えます。企画や方針をマーケティングで行い、それをもとに対策やプレゼンを行い、顧客をつかむのが営業です。どちらも必要不可欠であり、どちらが欠けても企業としての経営が難しくなります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【商談で契約をいただく秘訣】営業のアイスブレイクのコツ

    アイスブレイクは、特に初対面のお客様との距離を縮めることでスムーズに商談をすすめたい場合に不可欠と言…
  2. 職場で悪口を言う人の特徴と対処法

    転職・退職の理由のうち人間関係が常に上位を占めるといわれるほど、職場での人間関係が仕事を続けるための…
  3. 良い上司と悪い上司の10の違い

    良い上司と悪い上司の10の違い

    どの上司の下で働くか、基本的に部下は上司を選ぶことができません。直属の上司が良い上司なら、信頼関係を…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 法人営業のプロセスにおいて「テレアポが苦手…」と悩む営業マンは少なくないと思います。営業の入り口とな…
  2. 体調不良や身内の不幸など仕方ない理由であったとしても、予約していた会社説明会をドタキャンしてしまった…
  3. 私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
  4. 年収300万円とはサラリーマンで給料以外の所得がない場合、額面での年間給料が300万円という人が該当…
  5. テレアポによってどんなにアポイントが成立したとしても、契約がとれなければ売上には結びつきません。営業…
  6. 今回は、ビジネス英語で使われる部署名と役職名を一覧にしてご紹介します。英語表記の名刺を見たときに、相…
ページ上部へ戻る