営業とマーケティングの基本的役割の違い

販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在しています。営業とマーケティングはあまり関係なさそうな、別の分類のものと思われがちですが、実はこの組み合わせは企業発展に欠かせない必要不可欠な組み合わせなのです。この二つの職の違いと相互関係を見直してみましょう。


マーケティングが果たす役割とは

マーケティングマーケティングとは企業の行う業務内容や企画について、市場を相手に考えどのように行うかを決める職です。マーケティングが相手にする対象は「市場」です。広い範囲での市場調査をもとに、自社の経営方針を決定するのです。自社製品やサービスがどのようにしたらより売れるのか、サービス内容の見直しや価格決定、どういったプロモーションで顧客の心をつかむのかなど、考える目的を定めた上で、それらをどのように実行していくのかを決めるのです。企業にとっての方位磁針のような役割を果たします。


営業とマーケティングでは対象が変わる

マーケティングが市場を対象として考える一方、営業という職では「顧客」を相手に対策や課題を掲げ、売上を伸ばす仕事です。一般的には保険や販売などがありますが、自社の製品やサービスの管理を行い、さらに顧客をふやすための戦略を実行しているのです。また自社製品を知り尽くし、顧客に対してのプレゼンを実際に行ったり、販売契約を獲得する事がメインとなります。

そのために顧客を管理したり、短期間での信頼を得るための工夫を行い、課題をクリアしながら各顧客のニーズにこたえていきます。対象が人となるので個別に対応し、細かい心遣いや丁寧な対応が必要となります。常に売上向上に対して積極的に行動をとるのが営業職の業務となるのです。


マーケティングと営業の相互関係とは

営業とマーケティングマーケティングは市場を、営業は顧客をそれぞれ対象とし仕事を行いますが、この二つは企業にとって切っても切れない関係と言えます。企画や方針をマーケティングで行い、それをもとに対策やプレゼンを行い、顧客をつかむのが営業です。どちらも必要不可欠であり、どちらが欠けても企業としての経営が難しくなります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 個性的な人の9つの特徴

    個性的な人の9つの特徴

    人間は十人十色と言われる通り、世の中にはユニークな人や潔い人、正直者などいろいろな性格の人が存在しま…
  2. ルート営業で成功するための必要なスキル・工夫・コツ

    サービスの質や料金を基準として、取引先の見直しがシビアに行われる昨今、これまでのルート営業に有りがち…
  3. 働きがいのある会社の条件7つ

    入社してから定年までを1つの会社で勤め上げる終身雇用制度から、より良い職場を求めて転職を行う働き方へ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ニュースや新聞などでもよく聞く言葉「GDP」、GDPとはどんな意味なのか正しく説明することが出来ます…
  2. 取引先を怒らせた営業マンの失敗談と4つの対処法
    「自身のミスが原因で取引先に迷惑をかけてしまった」 「激怒した取引先から本社に大クレームが…
  3. 当サイトですっかりお馴染みとなっています「非常に類似した用語の違いを説明する」シリーズとして、今回は…
  4. どのような会社に勤めていても「お客様への接し方」は、最も重要視されるとても大切なテーマです。その理由…
  5. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
  6. コスト削減を進める企業の多くは、光熱費や事務用品の節約を行い、1円単位でムダを減らす取組を進めていま…
ページ上部へ戻る