営業とマーケティングの基本的役割の違い

販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在しています。営業とマーケティングはあまり関係なさそうな、別の分類のものと思われがちですが、実はこの組み合わせは企業発展に欠かせない必要不可欠な組み合わせなのです。この二つの職の違いと相互関係を見直してみましょう。


マーケティングが果たす役割とは

マーケティングマーケティングとは企業の行う業務内容や企画について、市場を相手に考えどのように行うかを決める職です。マーケティングが相手にする対象は「市場」です。広い範囲での市場調査をもとに、自社の経営方針を決定するのです。自社製品やサービスがどのようにしたらより売れるのか、サービス内容の見直しや価格決定、どういったプロモーションで顧客の心をつかむのかなど、考える目的を定めた上で、それらをどのように実行していくのかを決めるのです。企業にとっての方位磁針のような役割を果たします。


営業とマーケティングでは対象が変わる

マーケティングが市場を対象として考える一方、営業という職では「顧客」を相手に対策や課題を掲げ、売上を伸ばす仕事です。一般的には保険や販売などがありますが、自社の製品やサービスの管理を行い、さらに顧客をふやすための戦略を実行しているのです。また自社製品を知り尽くし、顧客に対してのプレゼンを実際に行ったり、販売契約を獲得する事がメインとなります。

そのために顧客を管理したり、短期間での信頼を得るための工夫を行い、課題をクリアしながら各顧客のニーズにこたえていきます。対象が人となるので個別に対応し、細かい心遣いや丁寧な対応が必要となります。常に売上向上に対して積極的に行動をとるのが営業職の業務となるのです。


マーケティングと営業の相互関係とは

営業とマーケティングマーケティングは市場を、営業は顧客をそれぞれ対象とし仕事を行いますが、この二つは企業にとって切っても切れない関係と言えます。企画や方針をマーケティングで行い、それをもとに対策やプレゼンを行い、顧客をつかむのが営業です。どちらも必要不可欠であり、どちらが欠けても企業としての経営が難しくなります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. ワンマン社長の特徴と3つの対策

    皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…
  2. 質問型営業でクロージング力を高める4つの方法

    近年、営業の世界では「質問型営業」の必要性を重視する企業が増えています。 これまでは、お客様にアポ…
  3. 温厚な人の10の特徴

    温厚な人の10の特徴

    温厚な人や穏やかな人は、優しい人柄のため、一緒にいるだけでこっちも穏やかな気持ちになれるくらい、居心…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 現在転職はブームとも言われており、それほど深刻に悩まずに転職を決断される方も珍しくはなくなってきまし…
  2. 内定を複数の企業から獲得できた場合、本命企業が含まれているなら特に迷うことはありませんが、どの企業も…
  3. 住居や事務所などの家賃は消費税込みなのか、それとも別なのか、こうしたお金にまつわること税金にまつわる…
  4. 証券会社のリテール営業を辞めたいと思うときの6つの理由
    私は大学を卒業後、新卒で証券会社(東証一部上場)に5年間勤務した過去があります。入社当時は、この会社…
  5. 面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…
  6. デキる営業マンは話し上手で、性格も明るく、みんなの人気者がなる仕事。営業職はそんな饒舌な人がつくイメ…
ページ上部へ戻る