営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なスキルがあります。そのため事務職には適性があるからといって、営業事務職にも同様に適性があるとは限らないのです。ではどのような人が営業事務職に向いている、あるいは向いていないかについて今回はご紹介することに致します。

営業事務とは

まずは営業事務職の仕事内容を確認しましょう。

営業事務の仕事内容 営業事務の仕事は、主に営業部における営業担当者のサポートをおこないます。具体的には、商品の受発注・管理、在庫や納期管理、請求書や資料作成など。社内会議の資料や顧客へのプレゼンテーション資料の作成の手伝い、顧客からの電話応対なども行います。受発注や管理業務など、一般事務より専門的な仕事が多く、営業担当者や顧客など人と関わる機会が多いので、ヒューマンスキルが重視されます。 引用:とらばーゆ「営業事務

営業事務は、営業担当者や部署のアシスタントとして縁の下の力持ちを担うため、性格の適性や本人の能力の有無によって向き不向きが分かれます。ではどのような人が営業事務に向いてるのか、解説していきます。

営業事務に向いている人の特性・特徴

営業事務に向いている人の特性・特徴

(1)何事もコツコツできる人

営業事務は、細々と煩雑な仕事を任されることも少なくありません。会議資料の印刷やホチキス留め、郵送物の準備など、依頼された仕事が全て終わったと思ったら、どんどん次の仕事を与えられます。一般的に「雑務」と言われる仕事も担当するため、どんな小さな仕事でも地道にコツコツ頑張れる人が向いています。一方で、社運をかけた大きな仕事を自分一人でやってみたい人や、担当する仕事から直接的な社会貢献を実感したい人には不向きかもしれません。

(2)人をサポートするのが好きな人

営業事務は、営業担当や営業部署の人たちが成果を上げるためのサポートが主な仕事。自分が表舞台に立って目立つのではなく、人を陰で支えることにやりがいを感じる人にとっては天職といえます。サポートなくして営業マンも結果を出すことができません。頼られたい人にオススメです。

(3)人とのコミュニケーションが好きな人

事務職に対するイメージとして、淡々とデスクワークをこなす印象を持っている人も少なくありません。ですが報告・連絡・相談のやり取りはもちろん、会議や打ち合わせなど、密にコミュニケーションを図り、意思疎通を行うことが求められます。みんなで意見を出し合って、仕事をより良い方向に導くことが好きな人は営業事務に向いています。一方で事務処理能力は高くとも、コミュニケーションが苦手な人は営業事務には向いていないかもしれません。

(4)笑顔で明るく接することができる人

会社の最前線で仕事そのものを生み出す営業マンは、時に疲れた表情で帰社することもあれば、ナーバスになったり落ち込んでいるときもあるでしょう。そんな営業マンを見て明るく接し、元気付けられる人は営業事務に向いています。一方で目の前の仕事に黙々と取り組みたい人は、営業事務に向いてない可能性があります。

営業事務に活かせるビジネススキル・能力

営業事務に活かせるビジネススキル・能力

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業で緊張を克服する7つの方法

    営業で緊張を克服する7つの方法

    営業マンの商談場面を思い浮かべると、話をスマートかつ上手に展開するイメージがあります。しかし、実際に…
  2. 質問型営業でクロージング力を高める4つの方法

    近年、営業の世界では「質問型営業」の必要性を重視する企業が増えています。 これまでは、お客様にアポ…
  3. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 退職後、失業保険等の請求において必要になってくる書類が「離職票」です。この離職票ですが退職すれば自動…
  2. 本命ではなかった企業へ内定承諾書を提出した後、本命企業からの内定をもらうことは十分考えられるケースで…
  3. 年末年始の挨拶を「メール」で行うケースは増えており、インターネットの利用率の高まりなどを背景に今後さ…
  4. 若者の車離れは有名な話となってしまいましたが、近年の若者は車だけでなく「出世」に対しても意欲や関心が…
  5. 本来組織とは同じ目標に向かって共に手を携え、友愛や協調精神の元に協力し合いながら一丸となるべきものだ…
  6. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
ページ上部へ戻る