【保存版】最低限理解しておきたい給与明細の正しい見方

給与明細には実に様々な見出しや項目等が並んでいるため、「これは一体なんだろう」と思った項目がいくつかあるといった方は決して少数ではないでしょう。しかしながら給与明細は自分の給与の詳細が表示されているがゆえに、明細を見せながら「この項目って何?」とはなかなか聞きにくいものですよね。そこで、給与明細に並ぶ様々な項目についての正確な意味や正しい見方等を皆さんへご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい。


給与明細を構成する項目は大きく3つに分けることができる

給与明細には細々とした項目が並びますが、例外的な場合を除けば概ね3つの項目に分けることができます。その3つの項目とは以下のとおりです。

①支給に関する項目
②勤怠に関する項目
③控除に関する項目

従って、この3つの項目についてそれぞれ理解すれば給与明細の正しい見方等も概ね理解できるようになります。それでは3つの項目を一つずつ確認してゆくことにしましょう。


①支給に関する項目

支給に関する項目とは、簡単に言えば会社から支給される報酬のすべてと言えます。ではこの①を構成する項目には主にどのようなものがあるかということですが、この項目は更に「基本給」と「手当」の二つに大別することができます。

「基本給」とは文字通り毎月の基本的な給与であり、欠勤、遅刻、早退などすることなく誠実に勤務したことを前提として、手当が一切付かなかったとしても受け取ることができる最低限の給与額と理解してよいでしょう。

つぎに「手当」ですが、「手当」の種類は会社によって異なりますが、多くの会社で共通している主な手当例としては次のようなものが挙げられます。

・残業手当
・通勤手当
・家族手当
・役職手当
・資格手当 

「残業手当」とは残業した時間数等に応じて支払われる追加給与のようなものであり、次に「通勤手当」はご承知の通り、職場と自宅を往復する際の公共交通機関の定期代等の支給分のことです。また「家族手当」、「役職手当」、「資格手当」の共通点は手当に該当する社員のみが対象となるということです。

例えば家族手当なら結婚した、あるいは子供が生まれたといった場合に支給されますので独身なら対象外となりますし、役職手当は課長、係長といった役職への就任者に限定して支給される手当といえます。これらの手当は必ずどのような企業でも支給されている訳ではないことと、また項目としては一致していても支給条件は会社によって異なる場合があることも理解しておいて下さい。従って手当の支給条件や詳細な計算方法が知りたい場合は、就業規則で確認することが一番と言えます。

支給に関する項目の最後として、通常の給与明細ならこの項目に「合計欄」があります。この「合計欄」は手取りではなく、単純なその月の報酬合計額となっていることも理解しておきましょう。


②勤怠に関する項目

続いて「勤怠に関する項目」です。こちらは該当月の出勤状況や早退、遅刻、欠勤、勤務時間数、残業時間数等々のいわゆる勤務状況に関わる情報がずらりと並ぶ欄です。つまり、先ほど紹介した②の支給に関する項目の中で特に「基本給」と「残業手当」等の根拠となる情報が表示されていると言って良い欄です。ではどのような項目があるかということですが、表現方法や項目数はこちらも会社によって異なりますが、主なものとしては次のようなものがあります。

・出勤日数
・欠勤日数
・遅刻、早退日数(または時間)
・時間外勤務時間数(残業時間数)

これら項目のポイントは有給休暇が残存している状況で特に欠勤、早退、遅刻等がなければ、後は時間外即ち残業時間数にポイントが絞られてくるといえます。これらの時間数は通常タイムカードの記録で管理されていると考えられますが、できれば自分でもペーパーへ記録する等自己管理しておき、数値等に誤りがないか確認することも大切です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. マイルストーンの意味と使い方

    カタカナビジネス用語の中でも頻繁に耳にすることの多い「マイルストーン」。今回はマイルストーンの意味や…
  2. 商談後にお礼の手紙・メールを送るときの注意点と例文

    商談後にお客様へお礼の手紙やメールを出す以上、やはりお客様との関係を更に良好にしたいものですし、次の…
  3. 【トップ営業マンの第一歩】ソーシャルスタイルを知って仕事を円滑に進める

    社会に出ると、様々なタイプ(性格)の人と出会います。社会では相手のタイプを瞬時に見極め、適切なコミュ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「100年後も生き残る日本企業はどこか」と問われたら、皆さんはどの日本企業を選ぶでしょうか。一般的に…
  2. 商談場所や待ち合わせでカフェや喫茶店を利用するときでも、社会人であればマナーに注意しないといけません…
  3. 営業マンが女性であっても男性であっても、それぞれ個人的な資質や能力に違いはありますから、女性営業マン…
  4. クールビズは夏場を代表する国民的運動として社会にすっかり定着してきましたが、このクールビズを行う期間…
  5. 退職後、失業保険等の請求において必要になってくる書類が「離職票」です。この離職票ですが退職すれば自動…
  6. 学生から新社会人になるにあたって、様々なものが必要となります。初めて会社勤めをすることになるわけです…
ページ上部へ戻る