非公開求人に応募するときのデメリット

昨今、各転職サイトがこぞって力を入れてアピールしているのが「非公開求人」です。確かに「当サイトだけの非公開求人情報多数あり」といった広告は、特に転職を考えている方には大変気になる情報であることは間違いないでしょう。ではこうした「非公開求人」には、応募する側にどのようなメリットまたはデメリットがあるかおわかりでしょうか。今回は非公開求人のメリット、デメリットの内「デメリット」の方に着目し、非公開求人案件に応募する場合にはどのようなデメリットがあるのかをご紹介することに致します。


①事前調査や問い合わせが出来ないため情報が限られる

公開型の求人情報なら企業名が事前にわかりますので、事前に企業業績等について調べることもできますし、電話等で問い合わせを行うこともできますが、非公開求人はそうはいきません。文字通り「非公開」な訳ですから事前に情報を知る術がありません。自分のお世話を担当してくれる担当者から紹介されて初めて、企業名をはじめとした詳細な求人情報や内容を知ることになります。

もっとも、その後たっぷりの時間的な余裕があればその間調査を行うことも可能ですが、非公開求人は求人している企業側が採用を急いでいる場合が大変多いため、紹介された企業に応募する意志があるかどうかを短期間で回答するよう求められます。そのため、自分のペースで事前にじっくりとその企業について下調べを行えないことが非公開求人に応募する際のデメリットと言えます。


②不本意な会社を紹介される可能性もある

先ほどの①でお伝えしたとおり非公開求人は非公開ゆえに、紹介を得られてはじめて企業名等がわかることになります。そのため、非公開求人は最初に紹介された企業を「とても気に入った」となる場合もありますが、いざ紹介されたら自分が望んでいるような企業ではなかった、更にはあの企業には就職したくないと考えていた企業だったといったことも起こりえます。

つまり非公開求人は紹介されるまで企業情報がわからない、例えるなら「ふたを開けてみるまでわからない」という状況で企業を紹介してもらうことになりますので、自分が望んでいるような企業の紹介を得られるまで何度も紹介を受けることになる、即ち予想外に時間を要してしまう場合があり得えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業ができる人とできない人の3つの違い

    営業マンの評価は「営業成績」で決まるといっても過言ではありません。 そのため、営業の世界は…
  2. 営業を辞めたい7つの理由

    営業職はどの会社でも必要とされるものでありながら、人間関係やノルマ、勤務時間などでストレスが高い職種…
  3. 人に好かれる人の特徴10選

    誰しも人から好かれたいという気持ちを持っています。ですが同じように接しているのに、気が付けば人に好か…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 世の中のあらゆる物や現象・出来事にはメリットとデメリットの両方が存在しています。メリットしかない、デ…
  2. 若者の車離れは有名な話となってしまいましたが、近年の若者は車だけでなく「出世」に対しても意欲や関心が…
  3. 新しい職場は誰しも緊張するもの、慣れるまでにはある程度の時間が必要になるかもしれません。新しい職場に…
  4. 当記事で好評のヘッドハンティングシリーズ、今回はヘッドハンティングをメールで断る方法についてご紹介す…
  5. 就職活動を行う上で一番重要な面接は、自分をアピールすることができる場です。個人面接のみであれば、思う…
  6. 新社会人が入社するまでに準備するものリスト、以前はこちらの記事で「男性の新社会人が入社するまでに準備…
ページ上部へ戻る