非公開求人に応募するときのデメリット

昨今、各転職サイトがこぞって力を入れてアピールしているのが「非公開求人」です。確かに「当サイトだけの非公開求人情報多数あり」といった広告は、特に転職を考えている方には大変気になる情報であることは間違いないでしょう。ではこうした「非公開求人」には、応募する側にどのようなメリットまたはデメリットがあるかおわかりでしょうか。今回は非公開求人のメリット、デメリットの内「デメリット」の方に着目し、非公開求人案件に応募する場合にはどのようなデメリットがあるのかをご紹介することに致します。


①事前調査や問い合わせが出来ないため情報が限られる

公開型の求人情報なら企業名が事前にわかりますので、事前に企業業績等について調べることもできますし、電話等で問い合わせを行うこともできますが、非公開求人はそうはいきません。文字通り「非公開」な訳ですから事前に情報を知る術がありません。自分のお世話を担当してくれる担当者から紹介されて初めて、企業名をはじめとした詳細な求人情報や内容を知ることになります。

もっとも、その後たっぷりの時間的な余裕があればその間調査を行うことも可能ですが、非公開求人は求人している企業側が採用を急いでいる場合が大変多いため、紹介された企業に応募する意志があるかどうかを短期間で回答するよう求められます。そのため、自分のペースで事前にじっくりとその企業について下調べを行えないことが非公開求人に応募する際のデメリットと言えます。


②不本意な会社を紹介される可能性もある

先ほどの①でお伝えしたとおり非公開求人は非公開ゆえに、紹介を得られてはじめて企業名等がわかることになります。そのため、非公開求人は最初に紹介された企業を「とても気に入った」となる場合もありますが、いざ紹介されたら自分が望んでいるような企業ではなかった、更にはあの企業には就職したくないと考えていた企業だったといったことも起こりえます。

つまり非公開求人は紹介されるまで企業情報がわからない、例えるなら「ふたを開けてみるまでわからない」という状況で企業を紹介してもらうことになりますので、自分が望んでいるような企業の紹介を得られるまで何度も紹介を受けることになる、即ち予想外に時間を要してしまう場合があり得えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. やりたい仕事が見つからない人の天職の探し方

    やりたい仕事ができていない人は働く人の約6割と言われている昨今、働く目的が「生活費を稼ぐため」「…
  2. 一緒に働きたい上司の8つの特徴

    一緒に働きたい上司の8つの特徴

    人は、人生の大半を仕事に費やします。せっかく働くなら、素敵な上司と一緒に仕事をしてみたいと誰しもが思…
  3. 転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

    求人情報が豊富・転職先の情報が詳しい・対応が早くて丁寧など、転職サイト利用者の評判がよく、登録が多い…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 係長だった上司が課長に、課長だった上司が部長に昇進した等々自分の上司が昇進した場合、皆さんならどのよ…
  2. 年収額に対する手取り額や貯金額、支払い可能な家賃額を紹介するシリーズ記事において、今回は「年収400…
  3. 毎年春になると初々しいスーツに身を包んだ新入社員が皆さんの部署に配属されることになりますが、新入社員…
  4. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  5. 就活中の皆さん、就職活動は順調でしょうか。就活において「OB訪問」は就職情報誌には掲載されていない、…
  6. 販売やサービス契約など、営業という職は聞きなれた職ですが、その裏側にはマーケティングを行う職も存在し…
ページ上部へ戻る