営業商談での販売商品のデメリットの伝え方

世の中のあらゆる物や現象・出来事にはメリットとデメリットの両方が存在しています。メリットしかない、デメリットは皆無ということはあり得ません。同一の商品であっても、ある人にとってはメリットだらけ、またある人にとってはデメリットの方が多いという場合もあります。販売商品をたくさん売りたくても、メリットだけを述べるのは適切ではありません。話を聞いている側は、そんなに良い面ばかりであるわけがない!と不信感を抱くことがあります。そのため、デメリットも隠さず伝えることはとても大切ですが、伝え方次第ではデメリットばかりが強調されてしまうこともあります。そこで、上手にデメリットを伝える方法をご紹介していきます。


デメリットを最後に伝えるのはNG

デメリットとメリット、どちらを強調したいかといえば、間違いなくメリットです。そのため、メリットをまず先に伝えて商品の魅力をアピールする営業担当者が非常に多いです。最後にデメリットを少しだけ伝えることで顧客の心をがっちり掴める!などと勘違いしてはいけません。デメリットを最後に伝えることで、デメリットの印象が非常に強く残ってしまうのです。


話し方次第でデメリットがメリットに変わる

メリットよりも先にデメリットを述べることで、最終的にはメリットが心に強く残ることになります。例文を挙げてみましょう。

メリットが先、デメリットが後の場合
「こちらのカーテンは防水・防カビ仕様で頑丈で長持ちしますが、素材の性質上色が褪せることがあります。」

デメリットが先、メリットが後の場合
「こちらのカーテンは素材の性質上、色が褪せることがありますが、その分頑丈に作られていますし、防水・防カビ仕様で非常に長持ちします」

比べてみるとわかり易いのではないでしょうか。メリットが先だと、最終的にメリットが伝わりにくくなってしまうのです。多くの営業担当者が、メリットを伝えるために必死になります。しかし、顧客にしたらメリットだけでなくデメリットも同じくらい欲しい重要な情報です。メリットとデメリット、どちらもしっかり伝えながら、販売商品に良い印象を持ってもらうためにはこうした一工夫が必要なのです。


デメリット解消方法も伝えよう

デメリットを伝えるときは、デメリットを解消する方法も同時に伝えると、デメリットがデメリットでなくなります。カーテンの色が褪せやすいというデメリットならば、色褪せ防止スプレーという商品があることを伝えれば、デメリットはたいした問題ではなくなります。それと同時に、色褪せ防止スプレーも購入してくれるかもしれませんから、こちらにとってもメリットになるわけです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 就活で名刺を作るメリット・デメリット・注意点まとめ

    大学生協などで手軽に名刺が作れ、それを就活で利用する学生が増えています。採用担当と直接やり取りができ…
  2. 可愛くない部下に共通する11の特徴

    可愛くない部下に共通する11の特徴

    上司が他の部下を可愛がる姿を見て、「なぜあの人が・・・」と思うことはありませんか。可愛がられる部下と…
  3. 5W1Hの意味・使い方

    ビジネスシーンにおいて、会話や報告書、メールを通じてコミュニケーションをとる場合、5W1Hを踏まえて…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. もし送別会で送る側を代表しての挨拶者に指名された場合、旅立つ方々に対してどんな挨拶の言葉を述べれば良…
  2. 日本には上場している会社だけで約3500社もあり、会社の総数にいたっては何と約170万社もあります。…
  3. 企業経営の環境がグローバル化するにつれ、日本の伝統的雇用形態だった終身雇用制はだんだんと現象の一途を…
  4. 転職活動をしていくうちに、少しでも自分を良く見せて転職の可能性を上げようとして、面接官に好印象をもた…
  5. 部下をやる気にさせる特効薬と言えば「褒める」ことに尽きると言って良いでしょう。しかしただ褒めれば良い…
  6. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
ページ上部へ戻る