営業でCS(顧客満足度)を高める方法

CS(顧客満足度)は、企業経営において古今東西ずっと追及され続けてきた永遠の経営テーマもしくは経営課題と言えます。それだけ奥が深いテーマでもありますが、確実に言えることはお客様と最も接する機会が多い営業マンの対応が悪ければCSを向上させることは困難だと言うことです。そこで、営業とCSの関係に着目した上で、特に営業を通じてCSを高めてゆくにはどうすれば良いかについて解説致します。


CS(顧客満足度)とは

CSを向上させるには、CSについてまず正しく理解することが大切です。ではCSとは一体何でしょうか。ビジネス用語辞典等でCSの定義を確認しますと「CSとは商品やサービス、それらを提供している企業に対するお客様の満足の度合い」といった内容になっています。

しかしこの定義だけでCSを正確に理解することはやや難しいと言えます。何故なら満足度を形成する対象が「商品、サービス、企業」となってはいますが、対象がはっきりしているようで実はまだぼんやりしているからです。

では具体的な対象とは何かということをわかりやすい例で説明しますと、例えば銀座にある高級レストランで食事へ行ったとします。そのレストランの店の内装やインテリアは非常に重厚で高級感があり、雰囲気は最高です。ところが案内された席に着席したところイスのすわり心地が大変悪かったとします。そのような状況下で出された料理が大変美味しかったとしても、果たして「満足度」は満点となるでしょうか。

あるいは、レジで会計を担当したスタッフの接客態度は礼儀正しく、非常に好印象であったとしても、そのスタッフが着ているユニフォームがとても汚れていたとしたら「がっかり」してしまうのではないでしょうか。

このようにCSとは商品やサービスだけではなく、お客様が商品やサービスを提供している企業と接するもの、目にするもの、耳にするもの等々全てがCS評価の対象となり、そうしたなお客様の五感との接触点(以下接点)を通じて形成されるものがCSであるということを理解しておいて下さい。


営業活動におけるお客様との接点を整理する

CSとはどのようなものか理解できれば、営業を通じてCSを高めるにはどうすれば良いか、その対策も自ずと見えてきます。まずは準備として、営業活動の際にお客様とどのような接点が生じるかを洗い出す作業が必要です。

高級レストランの例で料理が美味しく店舗の雰囲気が良くても、従業員のユニフォームが汚れていればお客様の満足度が低下する訳ですから、例えば営業マンの服装も重要な接点になってきます。では、営業活動において具体的にどのような接点があるかですが、例としては次のようなものが挙げられます。

【営業活動におけるお客様との接点例】

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 謙虚な人の6つの特徴

    謙虚な人の6つの特徴

    社会人に求められる能力のひとつである「謙虚さ」。この能力はもともとの性格的要素が強く、新たに身につけ…
  2. 営業リーダーがやるべき5つの役割

    営業リーダーがやるべき5つの役割

    会社組織は、必要に応じて部署やチーム単位をまとめる管理者に役職が与えられています。役職にはそれぞれ役…
  3. ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    ソリューション営業を実践するための5つのプロセス

    営業の本質的な役割は、顧客が抱える悩みを解決すること。 今では常識的なこの考えも、これまでの営業の…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 自己紹介はビジネスマンにとって重要な場となり、特に新人のうちは自己紹介の練習などを繰り返しさせられる…
  2. 会社説明会は面接の場ではありませんが、そこには皆さんの採用を左右する人事担当者の方が見えている訳です…
  3. 今回は、若手の社会人でも意識すればすぐにモノにできるトップビジネスマンが実践している6つの仕事術をご…
  4. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  5. 会社は、社員のレベルアップを図るために、様々な教育・研修を行います。しかし、人の話を聞いただけ、ある…
  6. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
ページ上部へ戻る