クールビズ期間と営業マンの服装マナーとは

夏になると耳にする「クールビズ」。しかしこのクールビズについては「期間はいつからいつまでなのか」「服装におけるマナーはどうなのか」などなんとなくは分かっていても正しく理解していないビジネスマンも意外に多いかもしれません。

そこでここではクールビズを正しく理解するために、知っておくべきマナーなどについて解説していきたいと思います。間違った認識などをして社会人として恥ずかしい思いをしないよう、しっかりと理解しておきましょう。


そもそもクールビズとは

そもそもクールビズとはなんなのでしょうか、なんとなく言葉の意味は分かるとは思いますが正しく説明しろと言われて答えられる人も少ないのかもしれません。ビジネスマンとして、まずはその言葉の定義について正しく知っておきましょう。

クール・ビズ(COOL BIZ)とは、日本で夏期に環境省が中心となって行われる環境対策などを目的とした衣服の軽装化キャンペーン、ないしはその方向にそった軽装のことを示す造語である。ビジネス・カジュアルとも関連が深い。引用:Wikipedia

夏場における環境対策のため、服装を軽装化しようとする取り組みのことをクールビズといいます。冷房時の室温28℃を理想として、平成17年より環境庁によって「クールビズ(COOL BIZ)」が推進されています。


クールビズの期間はいつからいつまで?

クールビズはその年の環境や状況などを考慮して前後することはありますが、2015年現在「5月1日から9月30日まで」とされています。この期間をクールビズ期間として取り組みを推進するキャンペーンなどが行われています。

元々は6月1日からの開始で始まった取り組みでもありましたが、東日本大震災による福島第一原発などの事故の関係から、2011年より1ヶ月前出しされた5月からをクールビズ期間とするように変更されています。上場企業などを中心として夏場のこの期間においてはなるべく服装を軽量化して環境面に配慮する取り組みが行われています。


クールビズ期間の営業マンの服装マナー

ではクールビズ期間の営業マンは、どのような服装をするべきなのでしょうか。軽量化すると一概にいってもどのような格好が正しい服装なのか、その定義についていまいち分かりにくいところも多いかもしれません。

一般的にクールビズと言えば「ノーネクタイ」を思い浮かべる方が多いと思います。ノーネクタイ、ノージャケットが一般的なクールビズにおける服装であり、室温28℃でも快適に過ごせる服装ということになります。こうしたクールビズの規定は企業ごとに違いがあることについても知っておいて下さい。会社ごとに定められた規定に則り、服装を軽装化することがクールビズにおけるマナーとして求められます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 一緒に働きたい上司の8つの特徴

    一緒に働きたい上司の8つの特徴

    人は、人生の大半を仕事に費やします。せっかく働くなら、素敵な上司と一緒に仕事をしてみたいと誰しもが思…
  2. 仕事のモチベーションを上げる8つの方法

    なんとなく気分が乗らなくて会社に行きたくない、仕事のモチベーションが上がらない経験をしたことは誰しも…
  3. 上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    仕事が終わって帰り支度をしていたら、上司から「このあと飲みに行かないか」と誘われた経験、ありませんか…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 特に個人宅を対象としたセールス電話や訪問営業は、例えば意志決定できるご主人の帰宅時間の関係で夜遅くで…
  2. 営業マンや営業経験者を中心に「ノルマが厳しいから転職することを決断した」という方は、決して少なくあり…
  3. 宴会や飲み会において、「中締め」や「締め」の場面で部下や同僚から挨拶を依頼された場合、皆さんならどの…
  4. パワーハラスメントとは、職場において権力のあるものがないものに対して行われる「嫌がらせ・いじめ」のこ…
  5. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  6. 営業利益、経常利益、純利益、どれも同じ「利益」と言う言葉が付くことから、似たような意味、同じような意…
ページ上部へ戻る