クールビズ期間と営業マンの服装マナーとは

夏になると耳にする「クールビズ」。しかしこのクールビズについては「期間はいつからいつまでなのか」「服装におけるマナーはどうなのか」などなんとなくは分かっていても正しく理解していないビジネスマンも意外に多いかもしれません。

そこでここではクールビズを正しく理解するために、知っておくべきマナーなどについて解説していきたいと思います。間違った認識などをして社会人として恥ずかしい思いをしないよう、しっかりと理解しておきましょう。


そもそもクールビズとは

そもそもクールビズとはなんなのでしょうか、なんとなく言葉の意味は分かるとは思いますが正しく説明しろと言われて答えられる人も少ないのかもしれません。ビジネスマンとして、まずはその言葉の定義について正しく知っておきましょう。

クール・ビズ(COOL BIZ)とは、日本で夏期に環境省が中心となって行われる環境対策などを目的とした衣服の軽装化キャンペーン、ないしはその方向にそった軽装のことを示す造語である。ビジネス・カジュアルとも関連が深い。引用:Wikipedia

夏場における環境対策のため、服装を軽装化しようとする取り組みのことをクールビズといいます。冷房時の室温28℃を理想として、平成17年より環境庁によって「クールビズ(COOL BIZ)」が推進されています。


クールビズの期間はいつからいつまで?

クールビズはその年の環境や状況などを考慮して前後することはありますが、2015年現在「5月1日から9月30日まで」とされています。この期間をクールビズ期間として取り組みを推進するキャンペーンなどが行われています。

元々は6月1日からの開始で始まった取り組みでもありましたが、東日本大震災による福島第一原発などの事故の関係から、2011年より1ヶ月前出しされた5月からをクールビズ期間とするように変更されています。上場企業などを中心として夏場のこの期間においてはなるべく服装を軽量化して環境面に配慮する取り組みが行われています。


クールビズ期間の営業マンの服装マナー

ではクールビズ期間の営業マンは、どのような服装をするべきなのでしょうか。軽量化すると一概にいってもどのような格好が正しい服装なのか、その定義についていまいち分かりにくいところも多いかもしれません。

一般的にクールビズと言えば「ノーネクタイ」を思い浮かべる方が多いと思います。ノーネクタイ、ノージャケットが一般的なクールビズにおける服装であり、室温28℃でも快適に過ごせる服装ということになります。こうしたクールビズの規定は企業ごとに違いがあることについても知っておいて下さい。会社ごとに定められた規定に則り、服装を軽装化することがクールビズにおけるマナーとして求められます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【マネジメント層必見!】言うことを聞かない部下を動かす上司の資質

    「自分はリーダーに向いていないのではないか…」 マネージャーなどの部下を管理する立場になってから、…
  2. ワンマン社長の特徴と3つの対策

    皆さんがお勤めの会社の社長は「ワンマン社長」と呼ばれるタイプの方でしょうか。「ワンマン社長」はどちら…
  3. 上司や顧客とエレベーターやタクシーに乗るときのマナー

    今回は顧客や上司と乗り物に乗って移動するときのマナーを解説していきます。仕事ではさまざまなシーンに応…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社の形態には様々なものがありますが、その中でも最近では「ホールディングス」と言う言葉を多く聞くよう…
  2. ブロードバンドの普及により、ネット専門の証券会社が多数台頭するなど証券業界は大きく変化した業界の一つ…
  3. 上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならな…
  4. 社会人として経験や実績を積み、自分のビジネススキルなどにも自信が付いてきた頃に考えるのが「独立」や「…
  5. 上司である以上部下から頼られる存在でありたい、これは上司の立場であれば全ての人がこのように考えること…
  6. 会社の説明会において一通り会社側の説明が終わった後、通常実施されるのが学生側からの質問受付です。では…
ページ上部へ戻る