残念なクールビズの男女別失敗例

これらは着用している服の形状や生地等によってケースバイケースとなってはきますが、総じて言えばクールビズで肌の露出が大変多くなったり、非常に透けやすい薄手の生地のものを着用したりといったことで起きます。

そのためできるだけ透けにくい生地のものを着用すると共に、首元から胸元にかけて大きく開いているシャツなどは出来るだけ避けるようにすることが大切です。また、意外と忘れられがちなのが例えばノースリーブを着用したために、ブラジャーの肩紐がずれた際にそれがチラリと見えてしまうといったケースです。

周囲から決して好ましい目では見られませんので、クールビズのシーズンにはブラジャーの肩紐位置に気をつけるようにすると共に、ノースリーブのシャツを着用する場合には薄手のカーデガンを上から羽織る等の工夫をする必要があると言えます。


女性の失敗例②:生足、サンダル履きも残念!

クールビズは男性に限らず女性も足元にも気を配る必要があります。繰り返しとなりますが、クールビズで求められる装いとは涼しく過ごすための仕事着であって普段着ではありませんので、サンダルなどかかとが露出するカジュアルな靴を着用することはビジネス上相応しくありません。

また、暑いから、蒸れるからといった理由でストッキングを着用せず生足で出勤することも同様に好ましい服装とはいえません。肌部分の露出が増える夏場であるからこそ目に付きやすいので、仕事場には通気性の良い薄手のストッキングを履いて出勤するようにしましょう。

男性も女性も共通して言えることは着用する服装や着こなしによって「周囲に不快感を与えないようにすること」と、「仕事場に相応しい服装であること」の2点がとても大切であるということです。

クールビズはいくら涼しく過ごすための服装を実践する機会だと言っても、「自分の涼しさ」だけを追求して良いものではないということです。これらのことをポイントとして気をつけた上で、周囲から「残念」ではなく「素敵だ」と言われるクールビズの装いをぜひ実現してくださいね。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. マイルストーンの意味と使い方

    カタカナビジネス用語の中でも頻繁に耳にすることの多い「マイルストーン」。今回はマイルストーンの意味や…
  2. 飛び込み営業が怖いときに勇気を出す5つの方法

    営業職では新人時代に飛び込み営業を経験させる会社が多いです。これは若さというエネルギー溢れる時期に新…
  3. 書類選考で落ちる書き方の9つの共通点

    書類選考を通過できないのは、二つの理由に分けられます。以下をご覧ください。 ◎書類選考で落…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  2. 男性上司や同僚の転勤が決まった場合、転勤は上司や同僚にとって新たな門出でもある訳ですから、送り出す側…
  3. 日本において夏といえば海水浴等のレジャーを想起したり、スイカやカキ氷といった食べ物を想起されることが…
  4. ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末…
  5. 就職活動の最難関といえる面接。中途採用の面接で不合格の通知がきてガッカリした経験をしたことがある人は…
  6. 一時期「学歴社会は崩壊した」といった指摘がなされていた時期がありましたが、一昔前ほどではないものの、…
ページ上部へ戻る