コンセンサスの意味と正しい使い方【例文付き】

多様化の時代と言われる中で「コンセンサス」(合意)の意味が変わってきている。過去には共有された単一文化の中でコンセンサスを取ることは比較的容易であった。しかし、情報・移動の増大によって多様な人々が集まる場所においては完全な合意がなされるということは難しく、本来状態において闘争や妥協は不可避であるということを含んでいる。このページではコンセンサスの意味、そしてビジネスシーンにおける用例などを記述する。

コンセンサスとは

コンセンサスとは

コンセンサスの意味

コンセンサスの意味は「複数の人による合意」です。コンセンサスは、複数の人(狭義には大多数の人)が関与するときに使用しますが、「同意」する相手が一人の場合は、アグリーメント(agreement)を使用します。

コンセンサスは所属する会社によって意味が異なる

ビジネス用語としてコンセンサス(合意)を使用する場合、状況に応じて意味が異なってくるため注意が必要です。それぞれは以下の通りです。

  1. 「説得」によって同意を形成すること
  2. 「自発的な意見・利害のすり合わせ」によって合意を形成すること

ビジネスシーンでは市場原理で動いているのが通常であるため、「(2)「自発的な意見・利害のすり合わせ」によって合意を形成すること」の意味で用いられることが多いと思います。

しかしながら独占企業、公共や政治との関わりなどにおいて統治倫理の組織との接触の際に権力構造が不均衡の状態で、そのような「正直で」「自発的な」意見や利害の折衝を行うことが難しくなる場合が多いと考えられます。

「コンセンサス」を使用する上での注意点

「コンセンサス」という言葉が多義的に用いられているにもかかわらず、異なる文化・政治的文脈を持った場面において、すべての人が同じ意味で使っていると仮定してしまうと、コミュニケーションの事故・齟齬が起こりやすくなってしまいます。

以下に場面に応じて変わるコンセンサスの意味を記述しますが、それぞれの業界の特徴や個人の思想、文化などのバックグラウンドによっても意味合いが変わることが多いので、衝突が起こった際には「コンセンサス」によらず言語の定義の確認をすることをお勧めします。

コンセンサスの使い方【例文付き】

コンセンサスの使い方【例文付き】

ビジネスでのコンセンサスの意味

ビジネスの分野では「この案件について営業部のコンセンサス(=合意)を取っておいて」などの用法があります。「根回し」に似たようなニュアンスを持つ事も多いようです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    「寂しい」と「淋しい」の意味・違い

    日本語で多く見られる同音異義語ですが、微妙なニュアンスの違いについてはなかなか使い分けができず混乱し…
  2. 行動力と実行力の意味・違い

    行動力と実行力の意味・違い

    行動力や実行力は、仕事で活躍するために必要なビジネスマンの能力として頻繁に用いられます。この両者の言…
  3. 仕事のやりがいがない人に共通する10の特徴

    仕事に対してやりがいを感じれないという人がいますが、皆さんは如何でしょうか。もし仕事に対してやりがい…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職してみたら思い描いていた理想とは違った…そんなギャップを感じる転職経験者の方も多いと思います。働…
  2. 飛び込み営業に必要な5つのスキルとできないときの最終手段
    飛び込み営業は、一般的にはブラックなイメージが大きい仕事だと言えますが、うまく契約を取って稼ぐことが…
  3. 営業職に限らず様々な職種にはそれぞれ「適性」というものがありますが、その適性の有無を最も大きく左右す…
  4. 証券会社は、株式や債券などの有価証券を取り扱い、大きなお金を動かすダイナミックな仕事です。また証券会…
  5. メガネは目が悪い人の実用的な道具であるとともに、顔の印象を変えることができる一つのアイテムです。最近…
  6. 2014年に発売されベストセラーにもなった「京セラフィロソフィー」こちらの本は京セラの会長でもあり、…
ページ上部へ戻る