コンセンサスの意味と正しい使い方【例文付き】

多様化の時代と言われる中で「コンセンサス」(合意)の意味が変わってきている。過去には共有された単一文化の中でコンセンサスを取ることは比較的容易であった。しかし、情報・移動の増大によって多様な人々が集まる場所においては完全な合意がなされるということは難しく、本来状態において闘争や妥協は不可避であるということを含んでいる。このページではコンセンサスの意味、そしてビジネスシーンにおける用例などを記述する。

コンセンサスとは

コンセンサスとは

コンセンサスの意味

コンセンサスの意味は「複数の人による合意」です。コンセンサスは、複数の人(狭義には大多数の人)が関与するときに使用しますが、「同意」する相手が一人の場合は、アグリーメント(agreement)を使用します。

コンセンサスは所属する会社によって意味が異なる

ビジネス用語としてコンセンサス(合意)を使用する場合、状況に応じて意味が異なってくるため注意が必要です。それぞれは以下の通りです。

  1. 「説得」によって同意を形成すること
  2. 「自発的な意見・利害のすり合わせ」によって合意を形成すること

ビジネスシーンでは市場原理で動いているのが通常であるため、「(2)「自発的な意見・利害のすり合わせ」によって合意を形成すること」の意味で用いられることが多いと思います。

しかしながら独占企業、公共や政治との関わりなどにおいて統治倫理の組織との接触の際に権力構造が不均衡の状態で、そのような「正直で」「自発的な」意見や利害の折衝を行うことが難しくなる場合が多いと考えられます。

「コンセンサス」を使用する上での注意点

「コンセンサス」という言葉が多義的に用いられているにもかかわらず、異なる文化・政治的文脈を持った場面において、すべての人が同じ意味で使っていると仮定してしまうと、コミュニケーションの事故・齟齬が起こりやすくなってしまいます。

以下に場面に応じて変わるコンセンサスの意味を記述しますが、それぞれの業界の特徴や個人の思想、文化などのバックグラウンドによっても意味合いが変わることが多いので、衝突が起こった際には「コンセンサス」によらず言語の定義の確認をすることをお勧めします。

コンセンサスの使い方【例文付き】

コンセンサスの使い方【例文付き】

ビジネスでのコンセンサスの意味

ビジネスの分野では「この案件について営業部のコンセンサス(=合意)を取っておいて」などの用法があります。「根回し」に似たようなニュアンスを持つ事も多いようです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事に自信がない人が自信をつけるための9つの改善方法

    性格の特性上からか、日本人は何事にも謙虚な姿勢で取り組む傾向があります。その一方で、現代の若者は自分…
  2. 上司に評価されない部下、部下に評価されない上司の特徴

    上司に評価されない部下、部下に評価されない上司の特徴

    上司に対する不平不満に、部下の愚痴。夜の居酒屋に行けば、掃いて捨てるほど転がっている、上司と部下のす…
  3. 仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

    仕事ができても臭い上司は嫌われる!加齢臭対策まとめ

    「あるべき姿の上司」になるために、人格的な問題の改善に徹底し、部下の働きやすい環境を作ったとしても、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
  2. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
  3. 転職がキャリアップ上必須となっている米国などと異なり、日本はまだまだ終身雇用的な労働文化が根強い国で…
  4. 面接は性格や人柄、会社に入社したい熱意を確認するために重要な試験です。また面接者にとって自分を理解し…
  5. 薬剤師が入社1年目で転職するのは不利か
    労働市場の流動性が高まり、薬剤師についても例外ではなく、職場を一年も経たずにやめてしまう例が増えてい…
  6. ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではな…
ページ上部へ戻る