【香典の金額・相場・マナー】上司・部下・親族が亡くなったとき

【香典の金額・相場】上司・部下・親族が亡くなったとき

冠婚葬祭の機会、けっこう多いのではないでしょうか。なかでも不幸の知らせなどは突然やってくるものです。急に葬儀に出席しなければいけなくなったとき慌てないように、香典の相場やマナーについて覚えておきましょう。

香典とは

香典とは仏教に由来する言葉で、仏壇にお供えする線香や抹香を指していました。昔は実際に線香やお香などを包み、仏壇にお供えするのが一般的でしたが、現在では不祝儀用ののし袋に現金を包み、香典とします。訃報の知らせを受け、通夜か葬儀のいずれかに香典を持参し、お渡しします。通夜と葬儀の両方に出席する場合でも、どちらか片方でもかまいません。ただ、地方や慣習により異なるケースもあるので、事前に親しい人などに聞いておくことをお勧めします。

持参する不祝儀袋(香典袋)の書き方は宗教によって異なるので注意が必要です。また、やむを得ない事情により通夜にも葬儀にも出席できない場合には現金書留で香典を贈りましょう。このときにお悔やみの言葉を添えることでより気持ちが伝わります。

香典は、香典袋に入れなければなりません。コンビニや100均などでも売っているので簡単に購入することが出来ます。しかし、販売されている香典袋はさまざまな種類があります。どの香典袋を購入すればよいのか迷うところですね。これは宗教によって異なります。 以下をご覧ください。

香典袋の種類

  • 仏教:ご霊前・ご仏前・ご香典
  • キリスト教:ご霊前・御花料・弔意料
  • 神道:ご霊前・御玉串料・御榊料

となります。その他、無宗教の方には「ご霊前」を用います。「ご霊前」はどの宗教にも使うことが出来るので、先方の宗教がわからない場合には「ご霊前」の封筒を用意しておくとよいでしょう。

香典の金額・相場

香典の金額・相場

香典の金額は、香典の贈り主の年齢や、相手との関係などによっても変わってきます。年代ごとに整理してみましょう。

香典の贈り主が20代の場合

会社の同僚、上司、部下など、勤務先の家族などがなくなった場合、包む相手によって香典に入れる金額が変わってきます。部下の親御さんが亡くなった場合は5000円となります。

そのほか、上司本人が亡くなった場合は5000~10000円、上司の家族の場合は3000~5000円、同僚や部下が亡くなられた場合は5000円、同僚や部下の家族の場合は3000~5000円となります。20代という年齢にふさわしく、多すぎず少なすぎない額にしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 自己PRで飲食店バイト経験をアピールするコツ【例文付き】

    飲食店でのアルバイト経験を自己PRで伝える場合、どのようなポイントやコツがあるか就活生の皆さんはおわ…
  2. 上司や目上の人に「頑張ってください」は失礼?応援時の正しい敬語の使い方

    上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  3. 成長する人と成長しない人の9つの違い

    入社した時期は同じでも数年後にはビジネスマンとして著しく成長し出世を果たす人もいれば、一向に成長でき…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社の電話が鳴り、受話器を取って「もしもし」と言ってしまったことはありませんか?もしかしたらすでに怒…
  2. 転勤は単に職場が変わるだけでなく、転勤先によっては自分が慣れ親しんでいる住まいを変えなければならない…
  3. 企業によっては朝礼でスピーチが行われるところも多いのではないでしょうか。順番で担当が変わるような場合…
  4. 取引先を怒らせた営業マンの失敗談と4つの対処法
    「自身のミスが原因で取引先に迷惑をかけてしまった」 「激怒した取引先から本社に大クレームが…
  5. 上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならな…
  6. インターンシップを実施する企業と参加する学生の数は、毎年右肩上がりで上昇している状況にあります。マイ…
ページ上部へ戻る