【香典の金額・相場・マナー】上司・部下・親族が亡くなったとき

【香典の金額・相場】上司・部下・親族が亡くなったとき

冠婚葬祭の機会、けっこう多いのではないでしょうか。なかでも不幸の知らせなどは突然やってくるものです。急に葬儀に出席しなければいけなくなったとき慌てないように、香典の相場やマナーについて覚えておきましょう。

香典とは

香典とは仏教に由来する言葉で、仏壇にお供えする線香や抹香を指していました。昔は実際に線香やお香などを包み、仏壇にお供えするのが一般的でしたが、現在では不祝儀用ののし袋に現金を包み、香典とします。訃報の知らせを受け、通夜か葬儀のいずれかに香典を持参し、お渡しします。通夜と葬儀の両方に出席する場合でも、どちらか片方でもかまいません。ただ、地方や慣習により異なるケースもあるので、事前に親しい人などに聞いておくことをお勧めします。

持参する不祝儀袋(香典袋)の書き方は宗教によって異なるので注意が必要です。また、やむを得ない事情により通夜にも葬儀にも出席できない場合には現金書留で香典を贈りましょう。このときにお悔やみの言葉を添えることでより気持ちが伝わります。

香典は、香典袋に入れなければなりません。コンビニや100均などでも売っているので簡単に購入することが出来ます。しかし、販売されている香典袋はさまざまな種類があります。どの香典袋を購入すればよいのか迷うところですね。これは宗教によって異なります。 以下をご覧ください。

香典袋の種類

  • 仏教:ご霊前・ご仏前・ご香典
  • キリスト教:ご霊前・御花料・弔意料
  • 神道:ご霊前・御玉串料・御榊料

となります。その他、無宗教の方には「ご霊前」を用います。「ご霊前」はどの宗教にも使うことが出来るので、先方の宗教がわからない場合には「ご霊前」の封筒を用意しておくとよいでしょう。

香典の金額・相場

香典の金額・相場

香典の金額は、香典の贈り主の年齢や、相手との関係などによっても変わってきます。年代ごとに整理してみましょう。

香典の贈り主が20代の場合

会社の同僚、上司、部下など、勤務先の家族などがなくなった場合、包む相手によって香典に入れる金額が変わってきます。部下の親御さんが亡くなった場合は5000円となります。

そのほか、上司本人が亡くなった場合は5000~10000円、上司の家族の場合は3000~5000円、同僚や部下が亡くなられた場合は5000円、同僚や部下の家族の場合は3000~5000円となります。20代という年齢にふさわしく、多すぎず少なすぎない額にしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 口答えはNGか【上司に言い返す時の上手い伝え方】

    口答えはNGか【上司に言い返す時の上手な伝え方】

    上司に怒られたことに納得がいかず、感情的になって口答えしてしまったことのある人はきっと少なくないと思…
  2. 部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下より先に帰る上司の5つの注意点

    部下が上司より早く帰る時は、上司の視線が気になったり、気を遣ってしまうというのはよくある話です。でも…
  3. 優秀な人材が採用できないのはダメな会社だから

    優秀な人材を確保するために「SNSを活用する」、「求人広告費用を増やす」、「採用イベントに参加する」…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ピアスをつける、つけないというのは個人の自由です。しかし、企業面接時にピアスをつけていくというのはや…
  2. 巷では「資格は転職において有利になるか」が議論される場合がありますが、当サイトの賢明な読者の皆さんな…
  3. 毎年春になると初々しいスーツに身を包んだ新入社員が皆さんの部署に配属されることになりますが、新入社員…
  4. 就活中の皆さん、就職活動は順調でしょうか。就活において「OB訪問」は就職情報誌には掲載されていない、…
  5. デキる営業マンは話し上手で、性格も明るく、みんなの人気者がなる仕事。営業職はそんな饒舌な人がつくイメ…
  6. 若者の車離れは有名な話となってしまいましたが、近年の若者は車だけでなく「出世」に対しても意欲や関心が…
ページ上部へ戻る