【香典の金額・相場・マナー】上司・部下・親族が亡くなったとき

【香典の金額・相場】上司・部下・親族が亡くなったとき

冠婚葬祭の機会、けっこう多いのではないでしょうか。なかでも不幸の知らせなどは突然やってくるものです。急に葬儀に出席しなければいけなくなったとき慌てないように、香典の相場やマナーについて覚えておきましょう。

香典とは

香典とは仏教に由来する言葉で、仏壇にお供えする線香や抹香を指していました。昔は実際に線香やお香などを包み、仏壇にお供えするのが一般的でしたが、現在では不祝儀用ののし袋に現金を包み、香典とします。訃報の知らせを受け、通夜か葬儀のいずれかに香典を持参し、お渡しします。通夜と葬儀の両方に出席する場合でも、どちらか片方でもかまいません。ただ、地方や慣習により異なるケースもあるので、事前に親しい人などに聞いておくことをお勧めします。

持参する不祝儀袋(香典袋)の書き方は宗教によって異なるので注意が必要です。また、やむを得ない事情により通夜にも葬儀にも出席できない場合には現金書留で香典を贈りましょう。このときにお悔やみの言葉を添えることでより気持ちが伝わります。

香典は、香典袋に入れなければなりません。コンビニや100均などでも売っているので簡単に購入することが出来ます。しかし、販売されている香典袋はさまざまな種類があります。どの香典袋を購入すればよいのか迷うところですね。これは宗教によって異なります。 以下をご覧ください。

香典袋の種類

  • 仏教:ご霊前・ご仏前・ご香典
  • キリスト教:ご霊前・御花料・弔意料
  • 神道:ご霊前・御玉串料・御榊料

となります。その他、無宗教の方には「ご霊前」を用います。「ご霊前」はどの宗教にも使うことが出来るので、先方の宗教がわからない場合には「ご霊前」の封筒を用意しておくとよいでしょう。

香典の金額・相場

香典の金額・相場

香典の金額は、香典の贈り主の年齢や、相手との関係などによっても変わってきます。年代ごとに整理してみましょう。

香典の贈り主が20代の場合

会社の同僚、上司、部下など、勤務先の家族などがなくなった場合、包む相手によって香典に入れる金額が変わってきます。部下の親御さんが亡くなった場合は5000円となります。

そのほか、上司本人が亡くなった場合は5000~10000円、上司の家族の場合は3000~5000円、同僚や部下が亡くなられた場合は5000円、同僚や部下の家族の場合は3000~5000円となります。20代という年齢にふさわしく、多すぎず少なすぎない額にしましょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 肩こりの原因とデスクワークでの正しい姿勢・椅子の座り方

    「最近、腰痛や肩こりに悩まされていて・・・」 今や腰痛や肩こりは老若男女問わず数多くの人が…
  2. 【商談で契約をいただく秘訣】営業のアイスブレイクのコツ

    アイスブレイクは、特に初対面のお客様との距離を縮めることでスムーズに商談をすすめたい場合に不可欠と言…
  3. 上司に送るお礼メールの書き方【例文集】

    仕事で円滑なコミュニケーションを図るためには、上司と密に連携を取ることは必須といえます。そのなかで電…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 部下に仕事を任せられないという上司の多くは、個人プレイヤーとして優秀な人が多いと言います。なぜなら、…
  2. 面接の場面で転職理由を尋ねられた場合、それが正直な理由であったとしても伝えてはならない理由があります…
  3. ビジネスマンの方なら「内部統制」という言葉は御存知でしょうが、その正確な定義について説明を求められた…
  4. 日本語が難しく感じられる理由の一つに「同音異義語」があります。例えば「しこう」と言われただけでは「思…
  5. 不器用な人の7つの特徴
    不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕…
  6. ビジネスでよく用いる言葉でありながらよく似ているために、意味の違いが明確でない、ぼんやりしているとい…
ページ上部へ戻る