仕事の集中力を高める10の方法

仕事を行う際、期日前や特に大きなプロジェクトなどの場合には張り詰めた集中力が必要となります。集中力を高めることは非常に難しく、ストレスが多すぎる場合にも、低すぎる場合にも気が散ってしまいます。今回は集中力を高め、創造性や効率性向上を実現できる10の方法を記述します。

集中力が切れる原因・理由

集中力が切れる原因・理由

(1)ストレスが溜まっている

他に気になることがある、仕事量が多すぎる、睡眠不足、空腹状態である、雑音がうるさすぎるなど、ストレスが溜まった状態では集中力を維持することが難しいといわれています。この場合、ストレスが溜まる根本的な原因を理解し、ストレスを減らすために環境改善をする必要があります。

(2)ストレスや緊張感がなさすぎる

満腹状態である、自分の身の回りに何も新しいことがない平凡で退屈な状態である、仕事が単純すぎるなど、ストレスや緊張感のないリラックスした状態でも集中力を発揮できない場合があります。精神的に安定しすぎた環境下では創造性が生まれにくく、日々同じことを繰り返す抑揚のない状態であり緊迫感もありません。

仕事で集中力を高める10の方法

仕事で集中力を高める方法

(1)実現可能な目標を設定する

集中力を高めるためには、まずその行おうとしている仕事の期間・量・内容が適切かどうか確認しましょう。高すぎる目標はバーンアウトを引き起こしがちで、低すぎる目標は惰性を引き起こしがちです。目安としては「自分が普段行えているレベルの一歩先」というラインを見極め、適切量の負荷をかけることで集中力を発揮できるのです。

(2)目標に関して自分ごとのように主体的に考える

集中力が発揮される時は、その目標や課題を「自分ごとのように」捉えることができている、という場合が考えられます。達成しようとしている仕事の目標に対して自分が情熱的に取り組めそうな要素に着目してみましょう。

例えば「部署の売り上げを20%改善する」という目標であれば、その部署の他のメンバーへの愛着、プロダクトへの愛着などを思い起こすことで問題をより自分ごととして捉えることができます。責任感のない仕事は煩雑になってしまいます。集中力を高めるのは意識の問題でもあるのです。

(3)十分な睡眠をとる

基本的なことですが、自分が一番快適な状態で仕事を行えるよう、睡眠時間を十分に確保しておきましょう。睡眠不足の状態で仕事をしても、眠気が邪魔をして仕事になりません。実力を十分に発揮するためには前日からその準備をする必要があるのです。

(4)適切量の食事をとる

これも基本的なことですが、空腹状態でもなく、満腹状態でもないというような適切量の食事を取っておく必要があります。集中力を高めるためには、多少空腹感を感じるぐらいがベストだと言われています。満腹感で満たされると眠気が襲ってくるので、食事量にも気を使いましょう。

(5)音楽などでノイズを調整する

人によって最適な雑音の量は異なりますが、静かすぎて集中できないという場合にはポータブルメディアなどで最適量の雑音を入れましょう。この時、最も集中できている状態ではその音楽を聴いていることを忘れている状態になります。一方で、雑音が多すぎて集中できない場合は耳栓やノイズキャンセリングがついたイヤホンで周囲の雑音を遮断し、音楽を聴くことによって集中力を高めることができます。

この場合にも自分が一番集中できる量のノイズを持った音楽を知っておく必要があります。例えばノイズが多い順に、ヘヴィメタル>ロック>ポップ>ジャズ>インストラメンタル>クラシックなどというジャンルがあります。

(6)ガムを噛む

「噛む」という行為は、記憶を保存する海馬を活性化させると共に、ストレス反応を抑えて脳をリラックスさせてくれます。つまりストレス緩和と集中力アップの効果が期待できます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 職場で嫌われる人に共通する13の特徴【上司・部下編】

    職場で嫌われる人には、嫌われる人に共通した特徴がいくつかあるものです。では具体的にどのような特徴があ…
  2. 「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

    世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、 「元旦」と「元…
  3. プレゼン資料の作り方の構成・コツ【パワーポイント初心者必見】

    見やすいプレゼン資料を作ることによって、営業の成果も上がるといわれていますが、皆さんはどのようなこと…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 語学関連の資格は、特に国際的な事業に取り組んでいる企業への就職を考える場合、就活で有利になると言うよ…
  2. 契約書の作成や送付はビジネスマンにとって重要な業務であり、社会人にとって最低限のビジネスマナーだと言…
  3. 取引先を怒らせた営業マンの失敗談と4つの対処法
    「自身のミスが原因で取引先に迷惑をかけてしまった」 「激怒した取引先から本社に大クレームが…
  4. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
  5. 「転職先が決まったので、会社をやめたいと思っています。」 部下から突然、このように打ち明け…
  6. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
ページ上部へ戻る