会社説明会をドタキャンしたときの影響とは

体調不良や身内の不幸など仕方ない理由であったとしても、予約していた会社説明会をドタキャンしてしまった場合、就活生が最も気になるのは、ドタキャンしたことが今後の就活にどのような影響を及ぼしてしまうか、ということだと思われます。会社説明会であっても、ドタキャンはほめられた行為ではありませんので、できるだけしない方が良いに越したことはありません。

しかし、「とりあえず行ってみようか」程度に予約した会社説明会にまで全て参加するのは、よっぽどスケジュール管理をしていないと困難です。そのため、本人がドタキャンするつもりがなくとも、気付いたらドタキャンしていたといった場合も起こりえます。そこで今回は、きれいごと論だけではない、会社説明会をドタキャンしてしまった場合の影響をズバリ解説致します。

結論、ドタキャンした会社以外への影響はまずない

結論、ドタキャンした会社以外への影響はまずない会社の説明会をドタキャンした場合の影響は、二つの視点から整理して考える必要があります。一つは説明会をドタキャンした会社に対する影響と、もう一つは他社への影響です。一つ目に関しては、影響が「ある場合」と「ない場合」に分かれますので、この後じっくりとそれぞれについて詳述します。

ではもう一つの視点である他社への影響ですが、結論から言えば他社へ影響することはまずありません。その理由はシンプルです。

学生の個人情報を他社(ただしグループ企業や系列企業等関係が深い場合は除く)へ開示するなどという、リスクの高いことをする企業は今時いないからです。まず学生の氏名は個人情報であり、個人情報保護法の対象情報であるため、本人の同意なく不用意に外部へ漏らすことはそもそも法律上許されません。

次に、説明会にドタキャンされた情報というのは、会社にとって「みっともない情報」であり「恥の情報」でもあるからです。そのような自社の恥をわざわざ他社へ広めるような真似を、どのような企業が喜んで行うというのでしょうか。

つまり説明会不参加の学生リストを作成して他社へ流すことなど、法律上容易に出来ない上何ららメリットがないので、わざわざそのようなことはしないということです。「説明会に不参加だった学生の名簿はブラックリストとして他社へ出回る」といった都市伝説的噂が一部の就活生の間で囁かれているようですが、そのようなことはあり得ませんので心配は無用です。

ドタキャンした会社に対する影響:説明会が大規模な場合は影響がない時もある

会社説明会をドタキャン、即ち無断欠席した場合には上述したとおり、影響がある場合とない場合があります。影響がない場合とは、企業単位での説明会ではなく、数社から数十社が参加する大規模な合同説明会を主催している企業や団体等側が出欠管理を行っているような場合です。

この場合、主催者側が参加リストを各企業に配布していたとしても、そもそもそのリストに掲載されている学生の情報が例えば学生証と照合された正確な情報とは限りません。そのため、参加リストは企業にとって数を把握するための参考情報程度に過ぎません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 優柔不断な性格を克服する7つの方法

    決断力のない優柔不断な性格だと、選択を下す際に悩んだり、後で後悔することを繰り返してしまいます。優柔…
  2. 上司が怖い原因と3つの対策

    上司が怖い原因と4つの対策

    職場の人間関係に慣れないうちは、相手の性格もわからないため、特に直属の上司が怖いと感じる人も少なくあ…
  3. やりたい仕事が見つからない人の天職の探し方

    やりたい仕事ができていない人は働く人の約6割と言われている昨今、働く目的が「生活費を稼ぐため」「…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 自己紹介はビジネスマンにとって重要な場となり、特に新人のうちは自己紹介の練習などを繰り返しさせられる…
  2. 簿記は経理職の方々にとって”必須の知識”と言われていますが、「知識」ではなく「経理業務」と「簿記業務…
  3. 日本語は同じ読み方をする上、使用されている漢字そのものも似ているといった言葉が少なくありません。今回…
  4. 【ビジネスマン必見】読み間違いしやすい漢字20選
    間違うと恥ずかしい!読み間違いしやすい漢字20選 それでは、ビジネスシーンで使う機会の多い漢字のな…
  5. 営業担当者にとって、商談が成立した瞬間はとても嬉しいものです。商談成立を目標にこれまで努力してきたの…
  6. ビジネスなどの場でメールをいただいたときに、その最後に「返信不要」と書いてあることがしばしばあるかと…
ページ上部へ戻る