会社説明会で質問する際、名前や大学名を名乗るべきか

会社の説明会において一通り会社側の説明が終わった後、通常実施されるのが学生側からの質問受付です。では学生が多数参加している会社説明会で質問する場合、大学名や氏名等は名乗るべきなのでしょうか。今回は就活生のこの疑問について、ズバリ明確に回答します。

質問時に名乗ることは「マナー」

例えば国の政府高官や地方自治体の首長等に対する会見の場面で、首長に対して質問を行う際、会見に参加しているマスコミ各社の記者は必ず社名と氏名を名乗ります。それは会見におけるルールと言うより、社会におけるごく一般的なマナーだからです。

少し立場をかえて考えてみてください。自分が質問を受ける場面となった場合、何も身分や氏名などを名乗らず突然質問を浴びせれる場合と、社名や氏名を名乗った上で相手が質問をしてくる場合、どちらが好印象であり、また質問にも答えやすいでしょうか。

仮に質問が許される時間であったとしても、質問するということは会社側の時間も奪って、自分の質問に答えるよう会社側に要求する行為でもあります。そうした要求をするなら、礼儀として、マナーとして大学名や氏名を名乗ることは当然と言えます。

会社説明会での質問の仕方

会社説明会で企業に質問するときは、以下の順番で答えるようにしましょう。

質問の正しい仕方
1:元気に挙手をする
2:指名されたら席を立つ
3:説明会のお礼「本日は貴重なお時間を頂き、有難うございました。」
4:「大学名・学部・名前」の順に伝える
5:本題の質問に入る
6:企業が回答中のとき、笑顔で頷きながら聞く
7:改めてお礼「理解できました。有難うございます。」

その場にいる企業の社員や就活生から視線を集めるので、緊張してしまう人もいますが、立ち上がったときは背筋を伸ばして、お腹から声を出してハキハキ喋るようにしてください。もちろん笑顔を忘れずに。

立て続けに質問をするのはあまり好ましくありません。会社説明会は参加している学生みんなにも気を使いましょう。それがマナーです。ですがもし、手を挙げる人があなた以外にいないのであれば、「もう一つご質問しても宜しいでしょうか?」と断りを入れた上で挙手するのはオッケーです。

但し、名乗らなくても良い場合はある

但し、会社説明会の質問のときに名乗らなくても良い場合もあります。それは説明会を実施している企業側が学生からの質問を受け付ける際、「質問するにあたっては大学名や自分の名前を名乗る必要はありません」もしくは「名乗らないようにしてください」といった特別な注文があった場合です。これにはいくつかの理由があります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…
  2. 飛び込み営業で訪問するときの挨拶のコツ

    飛び込み営業に苦手意識を持っていたり、不得意に思う人は少なくありません。初めての場所に行き、初対面の…
  3. 5W1Hの意味・使い方

    ビジネスシーンにおいて、会話や報告書、メールを通じてコミュニケーションをとる場合、5W1Hを踏まえて…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上司には様々なタイプがいると思いますが、その中でも怖い上司とはどう付き合っていくべきなのか、その関わ…
  2. 「職場での人間関係には自分なりに精一杯気を配り、心も砕いてきたがそれも限界・・・疲れ果ててしまった」…
  3. 証券会社は今も昔も激務として有名ですが、なぜ証券会社はそんなに激務と言われるのか、皆さんは考えてみた…
  4. 「ご愁傷様(です)」は、身内等が亡くなった遺族の方に対しお悔やみの気持ちを伝えるというデリケートな場…
  5. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
  6. 面接の場面で転職理由を尋ねられた場合、それが正直な理由であったとしても伝えてはならない理由があります…
ページ上部へ戻る