株式会社・有限会社・合資会社の違いとは

会社の種類の違いは何となく難しそうなイメージがありますが、実はそれ程複雑な違いがある訳ではありません。ポイントをおさえれば誰でも十分違いは理解できます。ではどのような違いがあるか、今回は「株式会社」、「有限会社」、「合資会社」の3種類の会社の特徴と違いについてご紹介することにします。


株式会社の特徴

株式会社とは、株式会社が発行した株式を投資家が所有すること即ち「株主」となることで会社へ出資し、その出資された資金を元手として営利事業を行う会社のことです。さて、株式会社と他の種類の会社との違いですが、まず「株主の責任が会社へ出資した金額の範囲に限られる」という点にあります。

これを「有限責任」と言い、どんなに巨額の負債を抱えて株式会社が倒産したとしても、例えば自分が出資した分が100万円なら100万円までの責任を負うだけで、それを超える金銭的責任は負わなくて良いということです。

また、もう一つの株式会社の特徴は決算の公告、即ち決算書を公に公表しなければならない義務がある点です。この公告義務は株式会社のみに求められる義務ですので、他種の会社との最も大きな違いと言って良いでしょう。


有限会社(特例有限会社)の特徴

現在、「有限会社」として名乗っている会社は存在していますが、有限会社法の廃止に伴い新たな「有限会社」は設立することが出来なくなっています。

また「有限会社」として名乗っている会社も呼称使用は許されていますが、会社法上では「有限会社」ではなく「特例有限会社」と呼ばれていますので、この記事では会社法に則って「特例有限会社」と呼称することにします。では特例有限会社の特徴ですが、出資者の責任が「有限責任」である点は株式会社と同じです。つまり会社が倒産しても、出資した金額の範囲に責任が限られる訳ですね。

が、株式会社との違いとしては取締役の任期が「無期限」であることと、決算公告の義務がない点の二点があげられます。つまり特例有限会社とは取締役の任期に期限がなく、決算公告の義務も負わない株式会社という言い方もできます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    【部長必見】営業部門でありがちな10の課題・問題点

    営業部門の課題としてよくあげられることに「営業担当が受け持つそれぞれの顧客との取引状況が管理・把握で…
  2. 圧迫面接の意図と3つの対処法【質問例つき】

    就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…
  3. 仕事で分からないことを上司へ質問する方法

    仕事に慣れていない新人であれば、仕事の取り組み方を上司や先輩に質問するのは日常茶飯事。仕事で分からな…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 周囲の人が、年収によってどのぐらいの貯蓄をしているかは、誰しもが興味のあることではありませんか?これ…
  2. MR職は就職、転職共に人気が高まっている職種の一つですが、その具体的な仕事内容や平均的年収等について…
  3. 退職の意思を伝える場合には、その内容もさることながら伝える時期や時間帯、つまりタイミングというものが…
  4. 上司や取引先から返事が来ないときに催促をスムーズに行う方法
    取引先や上司に、依頼や質問をしたのになかなかその返事が来ないときの対処法について述べます。友人や家族…
  5. 営業にとって「新規開拓」がとても重要であることは改めて言うまでもありません。しかしながら、大変難度が…
  6. 個人事業主にとって、事業を円滑に進めるためには「経費」について理解する必要があります。今回は個人事業…
ページ上部へ戻る