会社の同期と馴染めないときにあなたが考え直すべき3つのこと

会社とは組織で連携しながら仕事を行う場ですから、社員間の円滑で良好な人間関係は潤滑油として不可欠です。特に、上司や後輩より身近な存在となる同期と馴染めていなければその分ストレスも増えますし、仕事上助け合う機会の妨げとなり、仕事の品質が低下するといったことも生じやすくなります。それだけに、同期と馴染めていない状況は放置せずできるだけ早く解消したいものです。

そこで今回は、同期と馴染めていないと感じている皆さんの一助となるよう、皆さん自身の考え方として見直すべき点はないか、あるとすればどのような点を見直せば良いかについて御紹介することに致します。


一方的に壁を感じてしまっていないか

まず「同期と馴染めていない」と感じている方は、そうした思いが主観的判断に基づいていることを前提として理解しておく必要があります。周囲の同期からしてみれば特に壁を作っているつもりはないのに、一方的に「馴染めない」「仲間に入れない」と思い込んでしまってはいないでしょうか。

例えば、周囲の同期が連絡を取り合って飲み会を実施したり、どこかに出かけたりといった事実があったとします。その際、声がかからなかったとすれば決して良い気はしないことは理解できます。しかしながらそれは単に特に仲良くなったメンバー同士が自主的に行っただけかも知れません。あるいは声をかけることを止めたという事実があったとしても、それは疎外したかったからではなく逆に「壁を感じたので、何となく声をかけにくかった」という場合もあります。

「相手は自分の心の鏡」という諺もあるとおり、周囲としては特別壁を作っていたつもりがなかったのに皆さんが早々に壁を感じてしまったことが原因となり、周囲が逆に壁を感じてしまうこともあるということです。どちらが先に壁を作ったかを追求するなど不毛なことです。自ら一方的に作り出したかも知れない「壁」という思いを、一度自分から取り払ってみましょう。


コミュニケーションに対する苦手意識を払底する

受験勉強の心得として広く受験生に浸透しているものに「勉強に対して根拠のない自信を持つこと」というものがあります。勉強に対する自信を持つために客観的な根拠ばかり得ようとしてしまえば、優れた成績を収めるしかありませんので、成績が悪い受験生は自信を持つことができなくなってしまいます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…
  2. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…
  3. 上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    上司の身内に不幸があったときの弔電・葬儀マナー【お悔やみメール例文】

    長い会社勤めの中では、上司の身内の方に不幸があり、訃報の連絡を受けることもあるでしょう。上司の身内に…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 会社の形態には様々なものがありますが、その中でも最近では「ホールディングス」と言う言葉を多く聞くよう…
  2. 【ビジネスマン必見】読み間違いしやすい漢字20選
    間違うと恥ずかしい!読み間違いしやすい漢字20選 それでは、ビジネスシーンで使う機会の多い漢字のな…
  3. ビジネスの場では様々な書類や契約書を目にする機会があります。正しく適切に処理や対応を行うことが求めら…
  4. 心が狭い人の6つの特徴
    「この人、心が狭いなあ」 相手の行動や発言に対して、なんとなく不快な気持ちを抱いてしまった…
  5. インターンシップを実施する企業と参加する学生の数は、毎年右肩上がりで上昇している状況にあります。マイ…
  6. メールの宛先が複数となった場合、特に社外に向けたメールでしかも複数の企業にまたがるような場合には宛名…
ページ上部へ戻る