通勤ラッシュを避けるための5つの方法

サラリーマンにとって毎朝憂鬱なことと言えば通勤ラッシュですよね。特にピーク時の電車の混雑は「通勤地獄」という例えそのもの。苦痛以外の何物でもありません。そんな苦痛に満ちた通勤ラッシュをなんとか避けることはできないか・・・今回当編集部ではこの方法を探ってみることにしました。


①1時間ほど早朝出勤する

朝の通勤ラッシュのピークは午前7時半頃から8時半過ぎあたりにかけてです。この時間帯を避けることができれば通勤ラッシュ回避が可能になります。仮に会社までの電車乗車時間が30分程度としたら、午前6時半から7時前の電車に乗ると会社最寄り駅に午前7時半前に到着できることになりますので、通勤ラッシュのピークを避けることができるようになります。つまり、これまでの通勤時間を1時間から1時間半程早めれば通勤ラッシュを避けることが出来るようになります。

この方法を採用すれば会社へ1時間ほど早く出社することになりますが、早朝の1時間は電話もほとんどかかってきませんので仕事に集中しやすい時間帯なのです。1時間から1時間半程早めに出勤するのは多少つらいかも知れませんが、仕事にも集中的に取り組めますので生産性が上昇し、皆さんの評価も高まる可能性が膨らみます。通勤ラッシュを回避する目的だけに留まりませんので、ぜひオススメしたい方法の一つです。


②電車通勤と自転車通勤を併用する

例えば電車に乗っている時間帯が1時間という方は、電車に乗っている前半の30分と後半の30分では混雑状況がかなり異なっているはずです。おそらく前半30分は混雑していても「すし詰め状態」といったほどではなく、後半の30分ぐらいから徐々に混雑がひどくなってくるのではないでしょうか。

そのような方にオススメしたいのが、混雑し始める時間帯に停車する駅、もしくはどっと乗客が乗ってくる通勤途中のターミナル駅までは電車を利用し、その駅の駐輪場を借りてそこから先は自転車で通勤するという方法です。少々コストは生じますがおそらく千円から数千円レベルですし、会社との交渉次第では定期代差額分を充当することで駐輪代をカバーすることもできます。

また、会社から電車で20分~30分程度の距離となると自転車では遠く感じる方もいるかも知れませんが、自転車は渋滞とは無縁ですので想像以上の距離を比較的短時間で移動できますので、休日を使って実験してみる価値はあります。一方、電車乗車時間は30分以内という方は自宅から会社までフルで自転車通勤を検討してみては如何でしょうか。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業マンがモテる6つの理由

    営業マンがモテる6つの理由

    営業は、営業マン自身がお客様に人として認めてもらうことが、契約に至るまでの第一歩となります。そのため…
  2. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…
  3. 部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    部下におごるときの飲み会マナー【上司必見!】

    仕事帰りに「ちょっと一杯飲みに行くか!」と部下を連れて飲みに行くのはよくある光景です。部下や後輩との…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. インターンシップを実施する企業と参加する学生の数は、毎年右肩上がりで上昇している状況にあります。マイ…
  2. 自己紹介はビジネスマンにとって重要な場となり、特に新人のうちは自己紹介の練習などを繰り返しさせられる…
  3. 上司には様々なタイプがいると思いますが、その中でも怖い上司とはどう付き合っていくべきなのか、その関わ…
  4. 年収額に対する手取り額や貯金額、支払い可能な家賃額を紹介するシリーズ記事において、今回は「年収400…
  5. 若者の車離れは有名な話となってしまいましたが、近年の若者は車だけでなく「出世」に対しても意欲や関心が…
  6. ビジネスメールを送る際に頭を悩ませる、冒頭の挨拶文。どんなことを書けばいいのかメールを送る際に毎回悩…
ページ上部へ戻る