女性社員との会話で注意するべきセクハラ発言12選

女性社員と会話する場合、特に男性社員が気をつけなければならないことがセクシャルハラスメント、いわゆるセクハラです。セクハラが難しい点はセクハラの判断において女性側の主観が重視されるため、明快に善し悪しを判別できない点ですが、一つだけ確実に言えることは男性側の判断だけで「これぐらいは大丈夫」と思い込むことは危険だということです。自己判断だけに頼らず様々な事例を知ることで、セクハラに対する見識を身に付ける努力が大切と言えます。そこで今回は、女性社員と会話する場合にセクハラ発言とみなされるおそれが高い発言の具体例をまとめてみましたので、セクハラに対する理解にぜひ役立ててください。


①女性社員の容姿に関する発言

女性社員の容姿に対する発言は悪意がなく、ほめ言葉のつもりでもセクハラ発言となる場合が多々あります。従って注意が必要というより、特に男性社員は女性社員の容姿に対する発言はできる限り口にしないようにした方が望ましいと言えます。

セクハラとみなされるおそれの高い発言例
1.「最近太ったね。もう少し痩せた方がいいよ」
2.「とっても色っぽくなったねえ。」
3.「胸(おしり)が大きくて、スタイルが良いね」
4.「もう歳なんだからさあ、そんなに厚化粧しなくても良いと思うよ」


②女性社員のプライベートに関する発言

女性社員にとってセクハラとなるのは容姿に限りません。女性社員のプライベート、特に異性関係や性行為、結婚等に関する話題はセクハラ発言とみなされる可能性が大変高いと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 優柔不断な性格を克服する7つの方法

    決断力のない優柔不断な性格だと、選択を下す際に悩んだり、後で後悔することを繰り返してしまいます。優柔…
  2. 遅刻癖のある人の7つの特徴

    「集合時間をとっくに過ぎているのに、到着していない人がいる」「出発時刻なのに一人だけまだ来ていない」…
  3. 営業のアフターフォローの方法【訪問・メール・電話】

    営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就活において服装や身だしなみはとても大切ですが、「スーツ着用」が義務付けられている場合は「リクルート…
  2. 組織の中には様々な業務がそれぞれの部署によって行われています。例えば営業部であれば営業活動を行うこと…
  3. お見舞いメールを送る機会はそれほど頻繁にあるものではないため、いざお見舞いメールを作成する必要性が生…
  4. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
  5. 営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  6. 上司との営業同行で心得ておくべき基本マナー13選
    本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客…
ページ上部へ戻る