理想の上司になるための10の条件

上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司として評価されているかどうかは、自己評価だけで判断することは適切とは言えません。

「理想の上司」と言われるに相応しい客観的な条件を満たしているかどうかで、判断すべきです。では理想の上司と言われるのに相応しい条件とはいかなるものか、その条件を10つ御紹介して参ります。

1.広い視野で物事を見ることができる

広い視野で物事を見ることができる

理想の上司として一番に求められる条件と言えば、広い視野で物事を捉えられる上司。社内のメンバーや部下のことはお構い無しに、自分の利益のことだけを考える上司に、部下はついていきたいと思いません。そんな狭小な視野でしか物事を見ることができない上司や、「このようなものだ」と物事を断定的に見たり、決め付けたりする上司は部下から嫌われます。

また広い視野とは、柔軟に物事を見れることともイコールであります。自身の考えやこだわりだけにとらわれず、物事を柔軟にみることができる、幅広い見地から物事を俯瞰できる上司であることが理想の上司の条件です。

2.部下の面倒見が良い

理想の上司が職場にいれば、部下との連携が強まり、最高のパフォーマンスを発揮することができます。連携を強くするためには、お互いを信頼し合える環境を上司が作らなければなりません。

部下から信頼されるために上司がやるべきことは、仕事を教えることではありません。仕事を教えるのは上司として当たり前のことなのです。仕事を教えた結果、部下の個々の能力が高くなっても、それらを繋ぐ「信頼関係」がなければ動きがバラバラになってしまい収拾がつきません。そして部下から信頼される上司の特徴として挙げられるのは、面倒見が良いということ。「面倒見が良い」とは以下の3つの要素があります。

  • 思いやりがある
  • 部下の周りのことによく気がつく
  • 見返りを求めない

部下は、上司が自分のことをちゃんと気にかけてくれているのか、人間性を見てくれているのか、気になっています。上司と部下の関係は、結局は「人と人」。理想の上司は人間性で選ばれるのです。

3.責任を取ってくれる

マネジメントする上で、部下に仕事を任せていくのはとても大切なこと。上司であれば、部下が仕事をどんどん覚え、一人前のビジネスマンに成長させることが使命でもあります。

ですが、部下は自分のできる仕事が増える楽しさを覚えるのと同時に、ミスをしたり、自分の仕事が原因で大きな失敗を引き起こしてしまわないか、一抹の不安を感じるものです。

そんなとき、上司から「責任は私が取るから、思いっきりやってみろ!」と言ってくれたら、部下は気持ちが楽になり、目一杯仕事に打ち込めます。そして上司への信頼は強くなるのです。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 転職サイトの登録・求人の人気おすすめランキング

    求人情報が豊富・転職先の情報が詳しい・対応が早くて丁寧など、転職サイト利用者の評判がよく、登録が多い…
  2. 営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業活動を続けていると、どうもやる気が出なかったり、モチベーションが下がってしまうことがあります。モ…
  3. 課長と係長の役割の違い

    どの会社にも、いくつかの肩書が存在します。最近でこそ、マネジャーやリーダーなどのカタカナ語の肩書も見…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんはパーソナルブランディングと言う用語をご存知でしょうか。パーソナルブランディングはこれからの社…
  2. 職場で上司にセクハラを受けた、このような悩みは近年深刻な悩みとして取り上げられるケースが増えています…
  3. 退職後、失業保険等の請求において必要になってくる書類が「離職票」です。この離職票ですが退職すれば自動…
  4. 退職の意思を伝える場合には、その内容もさることながら伝える時期や時間帯、つまりタイミングというものが…
  5. 「美人は就活が上手くいきやすい」、「顔採用をしている会社がある」などというような面接での顔採用に関す…
  6. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
ページ上部へ戻る