理想の上司になるための10の条件

上司の皆さん,皆さんは部下から「理想の上司」として評価されている自信はありますか。部下から理想の上司として評価されているかどうかは、自己評価だけで判断することは適切とは言えません。

「理想の上司」と言われるに相応しい客観的な条件を満たしているかどうかで、判断すべきです。では理想の上司と言われるのに相応しい条件とはいかなるものか、その条件を10つ御紹介して参ります。

1.広い視野で物事を見ることができる

広い視野で物事を見ることができる

理想の上司として一番に求められる条件と言えば、広い視野で物事を捉えられる上司。社内のメンバーや部下のことはお構い無しに、自分の利益のことだけを考える上司に、部下はついていきたいと思いません。そんな狭小な視野でしか物事を見ることができない上司や、「このようなものだ」と物事を断定的に見たり、決め付けたりする上司は部下から嫌われます。

また広い視野とは、柔軟に物事を見れることともイコールであります。自身の考えやこだわりだけにとらわれず、物事を柔軟にみることができる、幅広い見地から物事を俯瞰できる上司であることが理想の上司の条件です。

2.部下の面倒見が良い

理想の上司が職場にいれば、部下との連携が強まり、最高のパフォーマンスを発揮することができます。連携を強くするためには、お互いを信頼し合える環境を上司が作らなければなりません。

部下から信頼されるために上司がやるべきことは、仕事を教えることではありません。仕事を教えるのは上司として当たり前のことなのです。仕事を教えた結果、部下の個々の能力が高くなっても、それらを繋ぐ「信頼関係」がなければ動きがバラバラになってしまい収拾がつきません。そして部下から信頼される上司の特徴として挙げられるのは、面倒見が良いということ。「面倒見が良い」とは以下の3つの要素があります。

  • 思いやりがある
  • 部下の周りのことによく気がつく
  • 見返りを求めない

部下は、上司が自分のことをちゃんと気にかけてくれているのか、人間性を見てくれているのか、気になっています。上司と部下の関係は、結局は「人と人」。理想の上司は人間性で選ばれるのです。

3.責任を取ってくれる

マネジメントする上で、部下に仕事を任せていくのはとても大切なこと。上司であれば、部下が仕事をどんどん覚え、一人前のビジネスマンに成長させることが使命でもあります。

ですが、部下は自分のできる仕事が増える楽しさを覚えるのと同時に、ミスをしたり、自分の仕事が原因で大きな失敗を引き起こしてしまわないか、一抹の不安を感じるものです。

そんなとき、上司から「責任は私が取るから、思いっきりやってみろ!」と言ってくれたら、部下は気持ちが楽になり、目一杯仕事に打ち込めます。そして上司への信頼は強くなるのです。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 体調不良で会社を休む時の電話連絡マナー

    体調不良で会社を休む時の電話連絡マナー

    朝、目が覚めたときに、体がだるいと感じたり、熱があるときは、風邪などの病気の可能性があります。体調不…
  2. 上司に依頼・お願いメールの書き方【例文集】

    上司への依頼・お願いメールの書き方【例文集】

    会社で仕事をしていると、上司に頼みごとをお願いしたり、部下に依頼するなど、お互いを助け合うことは日常…
  3. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 電話で相手の声が聞き取りづらい時、皆さんはどのように対処されていますか。同僚や友人の場合はともかく、…
  2. 社員のモチベーションが高く職場の雰囲気が良い状態だと、自然と会社の売上も上がるといわれますが、おおむ…
  3. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
  4. 転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職…
  5. 社会人として入籍や結婚の報告を行うにはタイミングとマナーがあり、これを守らないと大変失礼に当たること…
  6. 新入社員にとって、上司との営業同行は営業現場で商談を目の当たりにしながら学べる絶好の機会と言えます。…
ページ上部へ戻る