来客時にコーヒーを出すときのビジネスマナー

得意先のお客さんなど来客時にコーヒーを出すことはあると思います。そしてそこでは何気なくお客さんにコーヒーを出している人も多いと思いますが、こうした何気ない場面でもビジネスマナーが求められ、それによって与える印象が変わってくることも知っておかなくてはいけません。普段は事務員などがコーヒーを出すから、と知らずにいるといざと言うときに恥をかいてしまいます。最低限のビジネスマナーとして、来客時にコーヒーを出す時にはどんなことに気をつける必要があるのか、この機会に知っておくようにしましょう。


正しいコーヒーの出し方

カップにコーヒーを淹れ、お盆に乗せ、砂糖やクリームと一緒にお客さんに出す、なんとなくそんな感じでイメージする人が多いかもしれませんが、こうした一連の動作の中でも、正しいビジネスマナーがあることを知っておきましょう。

1:温度に注意する

ホットコーヒーなら熱いまま、アイスコーヒーなら冷たいまま出すようにしましょう。例えばコーヒーを淹れながら他のことをしてしまう、淹れてからお客さんに出すまでに時間がかかる、などせっかくのコーヒーの温度を損なわないように素早く出すことをこころがけましょう。出すタイミングも迷う人もいるかもしれませんが、お客さんが席に座ったらすぐに出すイメージで間違いありません。

2:砂糖やクリームの位置にも注意を

お客さんにコーヒーを出す場合には、ソーサーを正しくセットし不安定な状態にならないように気をつけましょう。ソーサーにコーヒーがこぼれていないかなども確認し、正しくセットしてお出しする必要があります。砂糖やクリームなどはお客さんが扱いやすいように、お客さんの手前にくるようにお出しするのが基本です。カップの持ち手も同じように、扱いやすいように右側にして出すのが基本です。もちろん相手が左利きであれば逆になりますので、相手に合わせた配慮が求められることになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…
  2. 飲み会で上司におごってもらったときのお礼メールの書き方【例文付き】

    飲み会で上司におごってもらったときのお礼メールの書き方【例文付き】

    上司と飲みに行ったり、会社の飲み会に参加すると、新人や若手社員の場合はおごってもらう機会も多いのでは…
  3. 上司に評価されない部下、部下に評価されない上司の特徴

    上司に評価されない部下、部下に評価されない上司の特徴

    上司に対する不平不満に、部下の愚痴。夜の居酒屋に行けば、掃いて捨てるほど転がっている、上司と部下のす…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 貧困撲滅に取り組んでいる国際NGO「オックスファム」が驚くべき報告書を発表しました。それは2015年…
  2. 会社を詳しく知る機会として会社説明会は、有効に就活へ活かしたいものです。会社説明会を有効に活かすには…
  3. 机の上は、仕事を効率的に進められるかを左右する最も大事なスペースです。会社の机が散らかっていると、大…
  4. 就活において服装や身だしなみはとても大切ですが、「スーツ着用」が義務付けられている場合は「リクルート…
  5. ビジネスマンとして成長するために、インプットとアウトプットはともに欠かせないことでもありますが、どち…
  6. ボーナスを受け取っている皆さん方にとって、年2回のボーナスシーズンは大変心待ちどおしい時期だと言って…
ページ上部へ戻る