来客時にコーヒーを出すときのビジネスマナー

得意先のお客さんなど来客時にコーヒーを出すことはあると思います。そしてそこでは何気なくお客さんにコーヒーを出している人も多いと思いますが、こうした何気ない場面でもビジネスマナーが求められ、それによって与える印象が変わってくることも知っておかなくてはいけません。普段は事務員などがコーヒーを出すから、と知らずにいるといざと言うときに恥をかいてしまいます。最低限のビジネスマナーとして、来客時にコーヒーを出す時にはどんなことに気をつける必要があるのか、この機会に知っておくようにしましょう。


正しいコーヒーの出し方

カップにコーヒーを淹れ、お盆に乗せ、砂糖やクリームと一緒にお客さんに出す、なんとなくそんな感じでイメージする人が多いかもしれませんが、こうした一連の動作の中でも、正しいビジネスマナーがあることを知っておきましょう。

1:温度に注意する

ホットコーヒーなら熱いまま、アイスコーヒーなら冷たいまま出すようにしましょう。例えばコーヒーを淹れながら他のことをしてしまう、淹れてからお客さんに出すまでに時間がかかる、などせっかくのコーヒーの温度を損なわないように素早く出すことをこころがけましょう。出すタイミングも迷う人もいるかもしれませんが、お客さんが席に座ったらすぐに出すイメージで間違いありません。

2:砂糖やクリームの位置にも注意を

お客さんにコーヒーを出す場合には、ソーサーを正しくセットし不安定な状態にならないように気をつけましょう。ソーサーにコーヒーがこぼれていないかなども確認し、正しくセットしてお出しする必要があります。砂糖やクリームなどはお客さんが扱いやすいように、お客さんの手前にくるようにお出しするのが基本です。カップの持ち手も同じように、扱いやすいように右側にして出すのが基本です。もちろん相手が左利きであれば逆になりますので、相手に合わせた配慮が求められることになります。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 真面目系クズの11つの特徴を克服する3つの改善方法

    最近、「真面目系クズ」という言葉を耳にする機会が増えたと感じることはないでしょうか。真面系クズとは簡…
  2. ベンチャー企業に就職するメリット・デメリット

    一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
  3. トップ営業マンが実践している7つのポイント

    今回は、トップ営業マンが実践している7つのポイントについてご紹介します。売れる営業マンと売れない営…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「お忙しいところ」の正しい使い方・マナー・メール例文まとめ
    「お忙しいところ…」から始まる定型句は、ビジネスシーンではよく耳にすることの多い言葉ではないでしょう…
  2. 面接の場面で転職理由を尋ねられた場合、それが正直な理由であったとしても伝えてはならない理由があります…
  3. 今回は経営コンサルタントを選ぶときの注意点を御紹介することにします。実は当編集部には現役の経営コンサ…
  4. 体育会系の部活に所属して頑張ってきた学生が就活で優位になるという話は、就活生の皆さんなら一度は耳にし…
  5. 「美人は就活が上手くいきやすい」、「顔採用をしている会社がある」などというような面接での顔採用に関す…
  6. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
ページ上部へ戻る