コーチングとティーチングの違い【それぞれのメリット・デメリット】

ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する言葉ですが、その違いについてここでは解説します。「コーチング」「ティーチング」それぞれの長所・短所をはっきりと理解した上で指導することで、部下の理解力と行動力を把握できるはずです。上司の指導に対し、適切な行動をとることができる部下になるためにも、またいずれ指導力のある上司になるためにも、コーチングとティーチングの違いをはっきりと認識しておきましょう。

コーチングとは

日本人の場合、「コーチ」という言葉に対して「スポーツ選手の指導者」というイメージが強いと思います。では、その「スポーツ選手の指導者」としての「コーチ」の役割には何があると思いますか?

  • チームをまとめて勝利に導く(個人競技の場合は選手の能力を引き出す)
  • ひとりひとりの個性を見極め適材適所で活躍できる環境を作る
  • 適切な指導により選手が能力を発揮できるようにする
  • 常に全体の方向性を把握し、ブレがあれば修正する

スポーツ選手の「コーチ」としての役割には上記のようなものがありますが、これはそっくりそのまま、ビジネスの世界でも活用できます。

つまり「コーチング」とは、指導される人の能力を引き出していくための指導です。「ティーチング」が「○月○日までにこういった資料を提出してください」だとしたら、「コーチング」は「いつまでにどんな資料を集めたらこのプロジェクトは成功するだろうか?」と相手に問いかけるということになります。

コーチングのメリット

コーチングのメリットは、指導された本人が徐々に自分で問題解決能力を身につけていくことにあります。コーチの適切な問いかけによって、自分の内側から答えを導き出すことができるようになるのです。また、他のメリットとして、指導者と指導される側のコミュニケーションが必要になるため、お互いの理解が深まり、信頼しあえる関係になるということもあります。

一流アスリートが結果を出したとき、コーチに抱きつくシーンは誰もが目にしたことがあるのではないでしょうか。ビジネスシーンにおいても、信頼関係はとても重要ですから、「コーチング」によってお互いより深く理解し合い、信頼し合うのは大きなメリットと言えるでしょう。

コーチングのデメリット

デメリットは、まだ経験の浅い人にとっては、いきなり自分に答えを求められても、正しい答えを導き出すことができず、混乱してしまうことがあるということです。とくに日本人は、小さな頃からみんなで同じ事を教えられるという「ティーチング」系の教育をされています。それは自分の意見を持たなくても、学業の成績で優秀な結果を出すことができる教育です。

また、多人数に対し、ある仕事をしてもらうという場合などには「コーチング」は向いていません。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    【創意工夫】相手の印象に残る名刺の作り方

    ビジネスパーソンの必須アイテムともいえる名刺、会社の新人研修でもまず行われるのが名刺交換のお作法とい…
  2. 世代別の特徴を理解して「ゆとり世代」「さとり世代」と馬鹿にされない対処方法

    「ゆとり世代は本当にダメだな」 「さとり世代の考え方は理解できない」 「ゆとり世代」や「さとり世…
  3. ベンチャー企業に就職するメリット・デメリット

    一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 「エビデンス」という言葉の意味や使い方について説明を求められた場合、皆さんは正確に説明できる自信はあ…
  2. 証券会社は今も昔も激務として有名ですが、なぜ証券会社はそんなに激務と言われるのか、皆さんは考えてみた…
  3. 学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経…
  4. 今回は、ビジネス英語で使われる部署名と役職名を一覧にしてご紹介します。英語表記の名刺を見たときに、相…
  5. 転職を大きく左右する条件の一つと言われているものに「年齢」があげられます。例えば転職は20代や30代…
  6. 「あれ、そろそろ就業時間なのに、あいつまだ出社してないな。」 「まさか、また遅刻…!?」 給料…
ページ上部へ戻る