【部下を育てる手法】コーチングとは

会社は、社員のレベルアップを図るために、様々な教育・研修を行います。しかし、人の話を聞いただけ、あるいはやらされているだけでは、育成の成果は表れません。教育された人間が自発的に行動し、成長することで、初めて成果があったということができます。そして、自発的な行動を促すための教育技法の一つとして、コーチングという手法があります。今回はコーチングについて解説していきます。

コーチングとは

コーチングは、対話をすることによって相手の自己実現や目標達成を図ることを目的としています。手法としては、相手の意見を尊重して肯定する姿勢を保った状態で、話をよく聴き、感じたことを伝え、相手のモチベーションを上げて自発的な行動を促す方法のことをいいます。

コーチングを行う上での3つの原則

コーチングには、「インタラクティブ(双方向性)」、「オンゴーイング(現在進行形)」、「テーラーメイド(個別対応)」という3つの原則があります。コーチングは、この3原則をおさえた上で行わなければ、効果が現れません。続いてはこの3原則を見ていきます。

①インタラクティブ(双方向性)

「インタラクティブ(双方向性)」というのは、コーチングをする人間と受ける人間の双方が対等の立場でコミュニケーションを取らなければならないということです。

コーチングを受ける相手が、自分の意見を自然に言える状況を作ることが大切です。「オレの言うことを聞け」というような一方通行のコミュニケーションではなく、「オレはこう感じているが、キミは?」のような双方向のコミュニケーションである必要があるのです。

そのため、双方向性を維持するために「質問する力」と「聞く力」は、コーチングをする側にとっては必要な基本スキルです。相手から本音の意見を引き出すために適切な質問を行い、また相手の価値観や考え方を引き出すために、相手の言うことに同調する、聞く力が求められるでしょう。

②オンゴーイング(現在進行形)

コーチングは一度行えば完結するものではありません。「オンゴーイング(現在進行形)」というのは、一度面談したきりで終わりのような形ではなく、一定期間継続してコミュニケーションを取り続ける必要があるということです。最初の面談でコーチングを受けた相手を自発的に行動する気にさせたとしても、そのモチベーションは一度のコーチングで永続することはありえません。コーチングをし続けることで、相手のやる気も永続するものへと変わっていくのです。

オンゴーイングを実現するために、コーチングをする側に求められる基本スキルは、「肯定力」と「コントロール力」です。コーチングにより相手をその気にし続けるためには、コーチングを受けた相手の行動を受け止め、上手に肯定する力が必要です。さらに、相手の変化に応じて、確実に自発的な行動につなげていくためのコミュニケーションを自在にコントロールする力も必要となります。

③テーラーメイド(個別対応)

「テーラーメイド(個別対応)」というのは、相手の価値観や考え方などに合わせてオリジナルな進め方をする必要があるということです。そのためコーチングを行う場合は、複数名を相手に行うのではなく、基本的には一対一で行います。一対一の面談を繰り返す中で、相手の価値観や考え方を知り、相手に受け入れられる伝え方や方法を選択します。

的を射た「個別対応」を行うために必要な基本スキルは、「相手の学習スタイルを知ること」です。相手のタイプに合わせた最適なアプローチ方法や質問方法などをデータベース化し、柔軟に活用していく能力が求められます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    役職を与えられるなどによって社内での立場が変われば、仕事で果たすべき役割も当然変わります。これまでは…
  2. 一緒に働きたい上司の8つの特徴

    一緒に働きたい上司の8つの特徴

    人は、人生の大半を仕事に費やします。せっかく働くなら、素敵な上司と一緒に仕事をしてみたいと誰しもが思…
  3. 受動的と能動的の意味・違い

    「積極的と消極的」「ポジティブとネガティブ」など、人の行動パターンや性質を対義する言葉はたくさんあり…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ブロードバンドの普及により、ネット専門の証券会社が多数台頭するなど証券業界は大きく変化した業界の一つ…
  2. 昨今ネットでは、有給休暇取得や取得後に関する識者のマナーに関する企画記事が話題を呼んでいます。例えば…
  3. 年収300万円とはサラリーマンで給料以外の所得がない場合、額面での年間給料が300万円という人が該当…
  4. 転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職…
  5. 皆さんは「無形商材」という言葉についてご存知でしょうか。「無形商材」とは文字通り形のない商品のことで…
  6. 多くの営業マンの皆さんは大なり小なり「ノルマ」達成というプレッシャーと日々戦いながら、営業活動に勤し…
ページ上部へ戻る