【部下を育てる手法】コーチングとは

会社は、社員のレベルアップを図るために、様々な教育・研修を行います。しかし、人の話を聞いただけ、あるいはやらされているだけでは、育成の成果は表れません。教育された人間が自発的に行動し、成長することで、初めて成果があったということができます。そして、自発的な行動を促すための教育技法の一つとして、コーチングという手法があります。今回はコーチングについて解説していきます。

コーチングとは

コーチングは、対話をすることによって相手の自己実現や目標達成を図ることを目的としています。手法としては、相手の意見を尊重して肯定する姿勢を保った状態で、話をよく聴き、感じたことを伝え、相手のモチベーションを上げて自発的な行動を促す方法のことをいいます。

コーチングを行う上での3つの原則

コーチングには、「インタラクティブ(双方向性)」、「オンゴーイング(現在進行形)」、「テーラーメイド(個別対応)」という3つの原則があります。コーチングは、この3原則をおさえた上で行わなければ、効果が現れません。続いてはこの3原則を見ていきます。

①インタラクティブ(双方向性)

「インタラクティブ(双方向性)」というのは、コーチングをする人間と受ける人間の双方が対等の立場でコミュニケーションを取らなければならないということです。

コーチングを受ける相手が、自分の意見を自然に言える状況を作ることが大切です。「オレの言うことを聞け」というような一方通行のコミュニケーションではなく、「オレはこう感じているが、キミは?」のような双方向のコミュニケーションである必要があるのです。

そのため、双方向性を維持するために「質問する力」と「聞く力」は、コーチングをする側にとっては必要な基本スキルです。相手から本音の意見を引き出すために適切な質問を行い、また相手の価値観や考え方を引き出すために、相手の言うことに同調する、聞く力が求められるでしょう。

②オンゴーイング(現在進行形)

コーチングは一度行えば完結するものではありません。「オンゴーイング(現在進行形)」というのは、一度面談したきりで終わりのような形ではなく、一定期間継続してコミュニケーションを取り続ける必要があるということです。最初の面談でコーチングを受けた相手を自発的に行動する気にさせたとしても、そのモチベーションは一度のコーチングで永続することはありえません。コーチングをし続けることで、相手のやる気も永続するものへと変わっていくのです。

オンゴーイングを実現するために、コーチングをする側に求められる基本スキルは、「肯定力」と「コントロール力」です。コーチングにより相手をその気にし続けるためには、コーチングを受けた相手の行動を受け止め、上手に肯定する力が必要です。さらに、相手の変化に応じて、確実に自発的な行動につなげていくためのコミュニケーションを自在にコントロールする力も必要となります。

③テーラーメイド(個別対応)

「テーラーメイド(個別対応)」というのは、相手の価値観や考え方などに合わせてオリジナルな進め方をする必要があるということです。そのためコーチングを行う場合は、複数名を相手に行うのではなく、基本的には一対一で行います。一対一の面談を繰り返す中で、相手の価値観や考え方を知り、相手に受け入れられる伝え方や方法を選択します。

的を射た「個別対応」を行うために必要な基本スキルは、「相手の学習スタイルを知ること」です。相手のタイプに合わせた最適なアプローチ方法や質問方法などをデータベース化し、柔軟に活用していく能力が求められます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 体調不良で会社を休む時の電話連絡マナー

    体調不良で会社を休む時の電話連絡マナー

    朝、目が覚めたときに、体がだるいと感じたり、熱があるときは、風邪などの病気の可能性があります。体調不…
  2. 【転職回数が多い人必見】面接の質問で押さえておくべき5つのポイント

    転職希望先との面接では、面接官から必ず質問される基本項目があります。例えば「転職理由」や「志望動機」…
  3. 遅刻・早退・欠勤時に会社へ連絡する時のマナー

    遅刻・早退・欠勤は、社会人としては避けたい出来事です。しかし「電車が遅延しており、就業時間に間に合わ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 自分の働き方を考える上で、「会社」だけではなく「職種」の選択がとても重要になってくることは言うまでも…
  2. 会社の説明会において一通り会社側の説明が終わった後、通常実施されるのが学生側からの質問受付です。では…
  3. 証券会社は、株式や債券などの有価証券を取り扱い、大きなお金を動かすダイナミックな仕事です。また証券会…
  4. 部活動でキャプテンや主将を務めたという人は、決して星の数ほどいるとは言えませんし、部という一つの組織…
  5. 求人情報と言えばかつて求人誌に求人広告を掲載し、広く求人を求める方法、即ち「公開求人」が一般的でした…
  6. 仕事で急な出張に出かけることになったとき、出先でうっかり忘れ物をしていることに気づいたことがある人も…
ページ上部へ戻る