要領が悪い人に共通する7つの原因と改善方法

要領が悪いと作業に時間をかけ過ぎてしまったり、仕事ができないイメージを周囲に与えてしまうなど、何かと損をしてしまいがち。要領が悪い人の物事の捉え方や進め方に手際を悪くしている原因があるのです。要領の悪さを改善したり克服することは努力次第で出来ること。今回は要領の良い人に変われる方法をご紹介していきます。

要領が悪い人に共通する原因と改善方法

要領が悪い人に共通する原因と改善方法

(1)仕事を行う環境を整える

要領が悪い人は仕事場の環境が仕事に適した状況になっていない場合が、非常に多いと言えます。例えば机や引き出しの中が散らかったままの状況になっており、はさみやクリップが必要になった場合でもどこに置いたかがわからないため、道具を探す無駄な作業時間が頻繁に発生するのです。

要領が良い人は仕事をしやすい環境を整えてから仕事にとりかかるため、物を探したりする無駄な時間が発生しないため、効率よく仕事を進めることができるのです。要領が悪い人は、まずは身の回りを整理して仕事に集中できる環境を整えることから始めましょう。仕事場の清掃や整理整頓は、要領を良くする上での第一歩なのです。

(2)手を動かす前に頭で考えよう

手を動かす前に頭で考えよう

要領が悪い人は、仕事の指示を受けると、何も考えず手を付けようとしてしまいます。例えるなら、設計図を満足に確認しないまま、建物を組み立てる作業に着手しているようなもの。

段取りを考えることなく仕事をスタートさせてしまうと、無駄な作業に時間を費やしたり、非効率に作業を進める、納期に間に合わないなどトラブルを引き起こす可能性も高まります。

仕事に取り掛かる前に全体の流れを整理し、タイムスケジュールを設定する習慣を身につけましょう。これはマルチタスクに限らず、単純作業であったとしても同様です。仕事に着手する前に仕事の進め方や段取りについて考える時間を設けて、慎重に段取りを検討してから仕事を始めるようにすることです。

(3)プロセスや方法に固執しない

要領が悪い人に限って仕事の進め方やプロセスに対し、自分のやり方にこだわってしまう傾向があります。

例えばA、B、Cという順序で作業行うことが最も効率が良い場合でも、「自分はCから始めたい」あるいは「いつもBから始めている」といった具合に作業効率を無視して自分流にこだわってしまいます。

要領の良い人はこだわりよりも効率を優先します。仕事の進め方を柔軟に可変させ、どうすれば最も効率的に仕事を進めることができるのか考えることができるのです。こだわりを持つのはとても大事なことですが、成果に対してこだわれるビジネスマンを目指したいですね!

(4)優先順位を付けて仕事に取り組む

優先順位を付けて仕事に取り組む

仕事は優先順位をつけると効率良く進められるのですが、要領の悪い人は思い出した順番に仕事を進めようとしてしまいます。

要領が良い人は、複数の業務を抱えたときは優先順位をしっかり考えます。新たに加わった仕事の優先順位が高いと判断したら、優先順位を入れ替えて現在の仕事を中断し、優先度の高い仕事を先に取り組むなど柔軟にも対応しているのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 忍耐力を鍛える7つの方法

    嫌なこと、苦しいこと、辛いことに遭遇したとき、あなたはどうしますか?生活の中では否応もなく精神的に辛…
  2. 営業リーダーがやるべき5つの役割

    営業リーダーがやるべき5つの役割

    会社組織は、必要に応じて部署やチーム単位をまとめる管理者に役職が与えられています。役職にはそれぞれ役…
  3. JTが電気タバコ「プルーム・テック」を発売!アイコスを追随

    電気タバコ「プルーム・テック」をJTが全国発売!アイコス追随なるか

    日本たばこ産業(JT)は2017年から電気たばこ「プルーム・テック」の販売を全国で開始することが発表…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
  2. 現在日本の労働市場は「転職ブーム」と言われるほど転職が活況です。しかし、転職を行う1人1人にとっては…
  3. 学生から新社会人になるにあたって、様々なものが必要となります。初めて会社勤めをすることになるわけです…
  4. 就活中の皆さん、就職活動は順調でしょうか。就活において「OB訪問」は就職情報誌には掲載されていない、…
  5. 「お忙しいところ」の正しい使い方・マナー・メール例文まとめ
    「お忙しいところ…」から始まる定型句は、ビジネスシーンではよく耳にすることの多い言葉ではないでしょう…
  6. ビジネスマンの方なら「内部統制」という言葉は御存知でしょうが、その正確な定義について説明を求められた…
ページ上部へ戻る