要領が悪い人に共通する7つの原因と改善方法

要領が悪いと作業に時間をかけ過ぎてしまったり、仕事ができないイメージを周囲に与えてしまうなど、何かと損をしてしまいがち。要領が悪い人の物事の捉え方や進め方に手際を悪くしている原因があるのです。要領の悪さを改善したり克服することは努力次第で出来ること。今回は要領の良い人に変われる方法をご紹介していきます。

要領が悪い人に共通する原因と改善方法

要領が悪い人に共通する原因と改善方法

(1)仕事を行う環境を整える

要領が悪い人は仕事場の環境が仕事に適した状況になっていない場合が、非常に多いと言えます。例えば机や引き出しの中が散らかったままの状況になっており、はさみやクリップが必要になった場合でもどこに置いたかがわからないため、道具を探す無駄な作業時間が頻繁に発生するのです。

要領が良い人は仕事をしやすい環境を整えてから仕事にとりかかるため、物を探したりする無駄な時間が発生しないため、効率よく仕事を進めることができるのです。要領が悪い人は、まずは身の回りを整理して仕事に集中できる環境を整えることから始めましょう。仕事場の清掃や整理整頓は、要領を良くする上での第一歩なのです。

(2)手を動かす前に頭で考えよう

手を動かす前に頭で考えよう

要領が悪い人は、仕事の指示を受けると、何も考えず手を付けようとしてしまいます。例えるなら、設計図を満足に確認しないまま、建物を組み立てる作業に着手しているようなもの。

段取りを考えることなく仕事をスタートさせてしまうと、無駄な作業に時間を費やしたり、非効率に作業を進める、納期に間に合わないなどトラブルを引き起こす可能性も高まります。

仕事に取り掛かる前に全体の流れを整理し、タイムスケジュールを設定する習慣を身につけましょう。これはマルチタスクに限らず、単純作業であったとしても同様です。仕事に着手する前に仕事の進め方や段取りについて考える時間を設けて、慎重に段取りを検討してから仕事を始めるようにすることです。

(3)プロセスや方法に固執しない

要領が悪い人に限って仕事の進め方やプロセスに対し、自分のやり方にこだわってしまう傾向があります。

例えばA、B、Cという順序で作業行うことが最も効率が良い場合でも、「自分はCから始めたい」あるいは「いつもBから始めている」といった具合に作業効率を無視して自分流にこだわってしまいます。

要領の良い人はこだわりよりも効率を優先します。仕事の進め方を柔軟に可変させ、どうすれば最も効率的に仕事を進めることができるのか考えることができるのです。こだわりを持つのはとても大事なことですが、成果に対してこだわれるビジネスマンを目指したいですね!

(4)優先順位を付けて仕事に取り組む

優先順位を付けて仕事に取り組む

仕事は優先順位をつけると効率良く進められるのですが、要領の悪い人は思い出した順番に仕事を進めようとしてしまいます。

要領が良い人は、複数の業務を抱えたときは優先順位をしっかり考えます。新たに加わった仕事の優先順位が高いと判断したら、優先順位を入れ替えて現在の仕事を中断し、優先度の高い仕事を先に取り組むなど柔軟にも対応しているのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 受動的と能動的の意味・違い

    「積極的と消極的」「ポジティブとネガティブ」など、人の行動パターンや性質を対義する言葉はたくさんあり…
  2. 【会社の知名度を高める】社長インタビューサイト11選

    取引先企業の認知度の高さを、商品購入の判断基準の一つにしている企業や消費者は少なくありません。プロモ…
  3. 可愛くない部下に共通する11の特徴

    可愛くない部下に共通する11の特徴

    上司が他の部下を可愛がる姿を見て、「なぜあの人が・・・」と思うことはありませんか。可愛がられる部下と…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 体育会系の部活に所属して頑張ってきた学生が就活で優位になるという話は、就活生の皆さんなら一度は耳にし…
  2. ビジネスシーンで必ず着用しているワイシャツは、その色によって自分の印象がガラリと変わってしまうことを…
  3. お見舞いメールを送る機会はそれほど頻繁にあるものではないため、いざお見舞いメールを作成する必要性が生…
  4. 営業マンの皆さん、皆さんは営業フォローについて自信はありますか。顧客に応じて的確なフォローがなされて…
  5. 営業利益、経常利益、純利益、どれも同じ「利益」と言う言葉が付くことから、似たような意味、同じような意…
  6. 営業マンが女性であっても男性であっても、それぞれ個人的な資質や能力に違いはありますから、女性営業マン…
ページ上部へ戻る