上司や目上の人に「頑張ってください」は失礼?応援時の正しい敬語の使い方

目上の人に励ましの言葉を掛けるときの敬語

目上の人に励ましの言葉を掛けるときの敬語

相手のことを思うのであれば「応援」が最適

先輩や上司、目上の方に対して「頑張ってください」という気持ちを他の言葉で置き換えるには、次のような表現を利用するといいでしょう。

目上の人に応援の言葉を伝えるとき

  • 陰ながら応援しています
  • ご健闘をお祈り致します
  • 応援させていただきます

「応援する」には、相手との関係性において上下関係はあまりありません。相手を思いやる気持ちが前提となりますので、上司や目上の方に使用しても構いません。但し「お祈り致します」は口語としては硬い表現となってしまうため、メールや手紙などの文語で使用する場合にしておきましょう。

親しい上司や先輩ならフランクに「頑張ってください」でもOK!

上司や先輩の中でも、心を打ち解けた関係の人に対して「ご健闘をお祈りします」という表現を使用することが適切かと言えばそうとも限りません。

上司や先輩であっても時にからかったり、ジョークを言い合ったりできるような親しい関係なら、フランクな意味合いで「頑張ってください」という表現を使った方が堅苦しくなく、自然に聞こえるのでかえって良い場合もあります。

逆に「頑張ってください」が敬語ではないという理由だけで、無理に堅苦しい言葉を利用してしまうと不自然に聞こえる場合もあるため、相手との親しさや距離感を踏まえ、自然さを重視して判断するようにしましょう。気持ちがこもっていれば、相手も不快な気持ちにさせることはないでしょう。

「体にお気をつけて」という言葉はOKか

「お仕事頑張ってください」という言葉だけではなく、「お体にお気をつけてください」という言葉は、使っても問題ないのでしょうか。このフレーズなら、上司や目上の方に対しても特に問題なく利用することができます。

もっと丁寧な表現をしたい場合には「くれぐれも」という言葉を付け加えると良いでしょう。「くれぐれも」を加えれば、ビジネスの世界でも十分利用できる表現となってきます。

言葉の使い方で相手との距離感を縮めることもできる

言葉を正確に使わないと、社会人としてのマナーや人間性を疑われてしまうことになってしまうし、また相手に距離を置かれてしまうことにもなってしまいます。言葉使いというのは、上司や先輩との関係性が一番重要になってくるので、自分と相手との距離感を理解することから始めましょう。

また応援の言葉は直接伝える以外にもメールで伝えることもあります。メールの場合「頑張ってください」という言葉を利用する際には、かなり近い関係にいる人の場合が好ましいです。一言間違えてしまうと、お友達感覚のメールになることもあります。特にメールの場合は、相手の顔を見て話しをしているわけではないため、送信をする前に失礼な表現がないか確認をしてから送るようにしましょう。

このように、「頑張ってください」という言葉を利用する際には様々な点に注意して使うようにすると、言葉使いを正しく利用できる人間であることアピールすることができます。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 「信用」と「信頼」の正しい意味・違い

    世の中には、同じような意味を持つ似た言葉がたくさんあります。例えば、 「元旦」と「元…
  2. 営業リーダーがやるべき5つの役割

    営業リーダーがやるべき5つの役割

    会社組織は、必要に応じて部署やチーム単位をまとめる管理者に役職が与えられています。役職にはそれぞれ役…
  3. G8・G20・G7のそれぞれの参加国と違い

    テレビのニュース番組や新聞記事の見出しにおいて「G8」「G20」「G7」といった言葉をしばしば見かけ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 従業員から「働きやすい会社」と評価されている会社は、従業員が活き活きとしており組織全体が活気に満ちて…
  2. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
  3. 体育会系学生は、一般的に就活において有利になると言われています。では体育会系学生が就活において有利と…
  4. 志を高く持ち、脱サラして起業する人が増えています。しかし、その事業を続けられる人は1年で7割になり、…
  5. 「転職先が決まったので、会社をやめたいと思っています。」 部下から突然、このように打ち明け…
  6. 会社によって「主任」の役割や位置付けは多少異なりますが、平社員の次の役職・階級となるのが「主任」とな…
ページ上部へ戻る