上司や目上の人に「頑張ってください」は失礼?応援時の正しい敬語の使い方

目上の人に励ましの言葉を掛けるときの敬語

目上の人に励ましの言葉を掛けるときの敬語

相手のことを思うのであれば「応援」が最適

先輩や上司、目上の方に対して「頑張ってください」という気持ちを他の言葉で置き換えるには、次のような表現を利用するといいでしょう。

目上の人に応援の言葉を伝えるとき

  • 陰ながら応援しています
  • ご健闘をお祈り致します
  • 応援させていただきます

「応援する」には、相手との関係性において上下関係はあまりありません。相手を思いやる気持ちが前提となりますので、上司や目上の方に使用しても構いません。但し「お祈り致します」は口語としては硬い表現となってしまうため、メールや手紙などの文語で使用する場合にしておきましょう。

親しい上司や先輩ならフランクに「頑張ってください」でもOK!

上司や先輩の中でも、心を打ち解けた関係の人に対して「ご健闘をお祈りします」という表現を使用することが適切かと言えばそうとも限りません。

上司や先輩であっても時にからかったり、ジョークを言い合ったりできるような親しい関係なら、フランクな意味合いで「頑張ってください」という表現を使った方が堅苦しくなく、自然に聞こえるのでかえって良い場合もあります。

逆に「頑張ってください」が敬語ではないという理由だけで、無理に堅苦しい言葉を利用してしまうと不自然に聞こえる場合もあるため、相手との親しさや距離感を踏まえ、自然さを重視して判断するようにしましょう。気持ちがこもっていれば、相手も不快な気持ちにさせることはないでしょう。

「体にお気をつけて」という言葉はOKか

「お仕事頑張ってください」という言葉だけではなく、「お体にお気をつけてください」という言葉は、使っても問題ないのでしょうか。このフレーズなら、上司や目上の方に対しても特に問題なく利用することができます。

もっと丁寧な表現をしたい場合には「くれぐれも」という言葉を付け加えると良いでしょう。「くれぐれも」を加えれば、ビジネスの世界でも十分利用できる表現となってきます。

言葉の使い方で相手との距離感を縮めることもできる

言葉を正確に使わないと、社会人としてのマナーや人間性を疑われてしまうことになってしまうし、また相手に距離を置かれてしまうことにもなってしまいます。言葉使いというのは、上司や先輩との関係性が一番重要になってくるので、自分と相手との距離感を理解することから始めましょう。

また応援の言葉は直接伝える以外にもメールで伝えることもあります。メールの場合「頑張ってください」という言葉を利用する際には、かなり近い関係にいる人の場合が好ましいです。一言間違えてしまうと、お友達感覚のメールになることもあります。特にメールの場合は、相手の顔を見て話しをしているわけではないため、送信をする前に失礼な表現がないか確認をしてから送るようにしましょう。

このように、「頑張ってください」という言葉を利用する際には様々な点に注意して使うようにすると、言葉使いを正しく利用できる人間であることアピールすることができます。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司や顧客とエレベーターやタクシーに乗るときのマナー

    今回は顧客や上司と乗り物に乗って移動するときのマナーを解説していきます。仕事ではさまざまなシーンに応…
  2. 質問型営業でクロージング力を高める4つの方法

    近年、営業の世界では「質問型営業」の必要性を重視する企業が増えています。 これまでは、お客様にアポ…
  3. 書類選考で不採用になる12の理由

    何社応募しても書類選考を突破できない人は、書類の中に不採用の原因が必ず存在しています。それはあなたの…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
  2. お客様やクライアントとのやり取りにおいて皆さんは「幸甚」という言葉を使用したり、あるいは使用されてい…
  3. アルバイトの中で皆をまとめるリーダーとなり、社員のような管理業務を経験したり、他アルバイトを指導した…
  4. 会社を詳しく知る機会として会社説明会は、有効に就活へ活かしたいものです。会社説明会を有効に活かすには…
  5. 営業職に限らず様々な職種にはそれぞれ「適性」というものがありますが、その適性の有無を最も大きく左右す…
  6. 日曜日の夜になると「明日からまた会社だ」と憂鬱な気分になる「ブルーマンデー症候群」或いは「サザエさん…
ページ上部へ戻る