カリスマ性のある人の8つの特徴

カリスマ性のある人の8つの特徴

カリスマ性のある人といえばアーティスト(歌手)やプロスポーツ選手、トップアイドルといった特殊な職業に就いた人をイメージしがちですが、会社経営者や美容師、はたまた職場やサークルといった身近な人のなかにも、人の心を惹きつける存在感のある人はいるものです。

カリスマ性のある人は、言葉に表せないけどなぜか魅力的に感じる部分があり、なかには信者と呼ばれる熱烈なファンを従えることも。カリスマ性があれば、多くの人があなたの言うことを信じ、頼りにするでしょう。

ここでは、カリスマ性のある人に共通する特徴をご紹介します。参考にできそうな部分があれば、積極的に取り入れてみてくださいね。

そもそも、カリスマ性とは?

カリスマという語源は、ギリシア語の 「kharisma」で,非凡な精神力を表す言葉とされています。ここで説明するカリスマ性とは、リーダーとして人を引っ張っていく性質であり、思わず頼りにしてしまう存在を表します。

次に、カリスマ性のある人の特徴を、ご紹介いたしますので、参考になるところがあれば、自分の仕事に利用していただければと思います。

カリスマ性のある人の8つの特徴

カリスマ性のある人の特徴

1.自分に対する自信から周囲に信頼を与える

乗り越えなければならない大きな問題を目の前にして、自分1人だけで抱え込んだり、思いつめたりしている姿を見ると、この人に付いて行って大丈夫なのだろうかと周囲に不安や不信感を抱かせてしまいます。カリスマ性がある人は常に堂々としており、自身の発言や行動に対して絶対的な自信がみなぎっています。

自信というのは、自分の人間力に対する自信であって、虚勢とは意味が違います。過去に血の滲むような努力をしてきた経験があることから、困難な状況に陥っても、必ず乗り越えられるという自信があるのです。根拠のない自信とは全く違います。周囲の人はその姿に安心して身を任せることができるのです。

2.周囲の影響に対して動じることがない

カリスマ性のある人というのは、自分のぶれない軸を持っています。そのため身の回りで起こる変化にも動じず、影響されることがありません。行動と発言に一貫性があり、自分を見失うことがないため、安定感があります。追い詰められた状況でも揺るぎない安定感をもっているため、多くの人は信頼を寄せ、カリスマ性の高い人に従うようになります。

3.不測の事態が発生しても動じない

カリスマ性のある人というのは、どれだけ危険な状態にあっても動じることがありません。なぜなら、冷静さを欠くことによって、結果として自分が損をしてしまうことを理解しているから。正しく思考を働かせるためには、常に冷静でいる必要があります。例え周囲の人が大きく動揺する出来事があったとしても、最後まで動じないと決めています。必ずやり遂げられることを信じているからです。カリスマ性の高い人には、不可能という文字は存在しません。

4.明確な人間性が人を惹きつける

カリスマ性のある人には裏表がありません。影の部分が存在しないため、常に明るい雰囲気を持っています。嘘をつくことがなく、ストレートに自身を表現することから、正直者で明確なキャラクターであることが多いと言えるでしょう。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 頭の回転が速い人の特徴

    頭の回転が速い人の8つの特徴

    頭の回転が速い人は、ビジネスシーンや日常生活などの様々な場面で一目置かれ、周囲から頼りにされます。特…
  2. 【商談で契約をいただく秘訣】営業のアイスブレイクのコツ

    アイスブレイクは、特に初対面のお客様との距離を縮めることでスムーズに商談をすすめたい場合に不可欠と言…
  3. 仕事のやりがいがない人に共通する10の特徴

    仕事に対してやりがいを感じれないという人がいますが、皆さんは如何でしょうか。もし仕事に対してやりがい…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職…
  2. アルバイトの中で皆をまとめるリーダーとなり、社員のような管理業務を経験したり、他アルバイトを指導した…
  3. 就活において服装や身だしなみはとても大切ですが、「スーツ着用」が義務付けられている場合は「リクルート…
  4. 顧客が怪我をして入院する・・・頻繁に起こることではないだけに、顧客へ送るお見舞いメールを書き慣れてい…
  5. ニュースや新聞などでもよく聞く言葉「GDP」、GDPとはどんな意味なのか正しく説明することが出来ます…
  6. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
ページ上部へ戻る