【CFOとは】必要な資格と仕事内容まとめ

【CFOとは】必要な資格と仕事内容まとめ

CFOとは

「CFO」という役職をご存知でしょうか。CEO(最高経営責任者)や「COO」(最高執行責任者)は、よく目にするようになりましたが、CFOは初めて見たという人も多いかもしれません。

CFOとはChief Financial Officerの略で、「最高財務責任者」のことを指します。財務・経理分野の最高責任者として会計、予算、資金調達、運用などを行い、それらの職務に対して責任を負う立場です。CEOなどの役職と同様に欧米企業で用いられている役職ですが、グローバル化の影響もあって日本でも導入する企業が増えています。

なぜCFOが注目され始めているか

なぜCFOが注目され始めているか

日本企業では、CFOの存在はまだ一般的ではありません。そもそも日本企業における経理部門は、あくまで数字だけを相手にしており、戦略を練るような仕事はしません。そういう戦略は、経営者や役員会が行うというのが常識になっています。

ところが、欧米企業は違います。財務に詳しい人材がその場で戦略を練った方が、経営判断がスピーディーになると考えています。こうしてCFOという役職の重要性が育まれ、今ではCEO(最高経営責任者)と並ぶほどのステータスが確立されています。

そもそも、世界における経営環境は刻一刻と変化しており、今はまさに激動の時代。時価会計・連結会計・キャッシュフロー会計といった一層の透明性を要求される国際会計基準の導入を余儀なくされ、古い常識が急速に淘汰されています。この変化に乗り遅れたり、躓いたりすると、最悪は経営破綻につながります。

直接CFOの話とは関係ありませんが、東芝が経営危機に陥るキッカケとなったのは、不正会計処理が明るみになったことでした。現在の同社の苦境を見ると、透明性のある会計処理がいかに重要であるかを思い知らされます。これからは日本でも、財務戦略を立案・遂行できるCFOの存在が、社運を左右する時代になっていくでしょう。

CFOの仕事内容とは

ダイキン工業、キリンホールディングス、新日鐵住金、はてな、ミロク情報サービスなどでは、すでにCFOを選任しています。彼らの重要な任務は、財務管理力の透明性を確保しながら、それを強化していくことです。目の前にある数字にどういった意味があるか、コスト構造はどうなっているか、新規事業の収益性は適当かなどを分析し、未来を予測して経営戦略に生かしていきます。そして、CEOや経営陣と相談しながら、資金調達や財務管理、M&Aなどの具体的なアクションを起こします。

中でもM&Aなどのグローバル案件は、規模が大きいだけに失敗するわけにはいきません。そこでCFOの活躍が期待されます。買収のプラス効果、連結業績に与える影響、税務への影響などの評価を行い、取締役会に報告。彼らの活躍いかんで、事業の成否も左右されるというわけです。いかがでしょうか。これまでの経理像とは、かなり異なりますね。財務・経理の知識を生かしながら、積極的に会社の経営に参加していく、それがCFOなのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 飛び込み営業が怖いときに勇気を出す5つの方法

    営業職では新人時代に飛び込み営業を経験させる会社が多いです。これは若さというエネルギー溢れる時期に新…
  2. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…
  3. 温厚な人の10の特徴

    温厚な人の10の特徴

    温厚な人や穏やかな人は、優しい人柄のため、一緒にいるだけでこっちも穏やかな気持ちになれるくらい、居心…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 企業によっては朝礼でスピーチが行われるところも多いのではないでしょうか。順番で担当が変わるような場合…
  2. 転職活動を成功させるためには、転職を支援してくれるサービスやシステムを有効に活用することも大事な条件…
  3. 日本語が難しく感じられる理由の一つに「同音異義語」があります。例えば「しこう」と言われただけでは「思…
  4. 「100年後も生き残る日本企業はどこか」と問われたら、皆さんはどの日本企業を選ぶでしょうか。一般的に…
  5. 転職活動は人それぞれの事情や理由などが異なりますので、一概にこうすることが正しいといえる事ばかりでは…
  6. 営業マンの給与形態は大きく「フルコミッション」と「固定給」の二つに分けることができます。両者の給与形…
ページ上部へ戻る