【CFOとは】必要な資格と仕事内容まとめ

【CFOとは】必要な資格と仕事内容まとめ

CFOとは

「CFO」という役職をご存知でしょうか。CEO(最高経営責任者)や「COO」(最高執行責任者)は、よく目にするようになりましたが、CFOは初めて見たという人も多いかもしれません。

CFOとはChief Financial Officerの略で、「最高財務責任者」のことを指します。財務・経理分野の最高責任者として会計、予算、資金調達、運用などを行い、それらの職務に対して責任を負う立場です。CEOなどの役職と同様に欧米企業で用いられている役職ですが、グローバル化の影響もあって日本でも導入する企業が増えています。

なぜCFOが注目され始めているか

なぜCFOが注目され始めているか

日本企業では、CFOの存在はまだ一般的ではありません。そもそも日本企業における経理部門は、あくまで数字だけを相手にしており、戦略を練るような仕事はしません。そういう戦略は、経営者や役員会が行うというのが常識になっています。

ところが、欧米企業は違います。財務に詳しい人材がその場で戦略を練った方が、経営判断がスピーディーになると考えています。こうしてCFOという役職の重要性が育まれ、今ではCEO(最高経営責任者)と並ぶほどのステータスが確立されています。

そもそも、世界における経営環境は刻一刻と変化しており、今はまさに激動の時代。時価会計・連結会計・キャッシュフロー会計といった一層の透明性を要求される国際会計基準の導入を余儀なくされ、古い常識が急速に淘汰されています。この変化に乗り遅れたり、躓いたりすると、最悪は経営破綻につながります。

直接CFOの話とは関係ありませんが、東芝が経営危機に陥るキッカケとなったのは、不正会計処理が明るみになったことでした。現在の同社の苦境を見ると、透明性のある会計処理がいかに重要であるかを思い知らされます。これからは日本でも、財務戦略を立案・遂行できるCFOの存在が、社運を左右する時代になっていくでしょう。

CFOの仕事内容とは

ダイキン工業、キリンホールディングス、新日鐵住金、はてな、ミロク情報サービスなどでは、すでにCFOを選任しています。彼らの重要な任務は、財務管理力の透明性を確保しながら、それを強化していくことです。目の前にある数字にどういった意味があるか、コスト構造はどうなっているか、新規事業の収益性は適当かなどを分析し、未来を予測して経営戦略に生かしていきます。そして、CEOや経営陣と相談しながら、資金調達や財務管理、M&Aなどの具体的なアクションを起こします。

中でもM&Aなどのグローバル案件は、規模が大きいだけに失敗するわけにはいきません。そこでCFOの活躍が期待されます。買収のプラス効果、連結業績に与える影響、税務への影響などの評価を行い、取締役会に報告。彼らの活躍いかんで、事業の成否も左右されるというわけです。いかがでしょうか。これまでの経理像とは、かなり異なりますね。財務・経理の知識を生かしながら、積極的に会社の経営に参加していく、それがCFOなのです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 肩こりの原因とデスクワークでの正しい姿勢・椅子の座り方

    「最近、腰痛や肩こりに悩まされていて・・・」 今や腰痛や肩こりは老若男女問わず数多くの人が…
  2. 【社長必見】優秀な人材が辞めていく会社の4つの特徴

    組織は定年退職の他、家庭の事情や都合等でやむを得ず社員が辞めてゆく場合は致し方ないとしても、そうした…
  3. 売れない営業マンの6つの特徴と対処法

    「成果が出ない…。」一生懸命に頑張っているのに、毎日足を棒にして歩き回っているのに、なかなか結果に結…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスシーンでは、職場やクライアント先などのさまざまな場面で、どのような相手とも円滑にコミュニケー…
  2. ビジネスなどの場でメールをいただいたときに、その最後に「返信不要」と書いてあることがしばしばあるかと…
  3. 就活生向けに企業が行っている「会社説明会」に参加することで、その会社はどんな会社なのか、事業は何をや…
  4. 会社を詳しく知る機会として会社説明会は、有効に就活へ活かしたいものです。会社説明会を有効に活かすには…
  5. 提案型営業という言葉は近年良く聞かれるようになりましたが、改めて提案型営業とはどのようなものかと問わ…
  6. ボーナスを受け取っている皆さん方にとって、年2回のボーナスシーズンは大変心待ちどおしい時期だと言って…
ページ上部へ戻る