新入社員の内定式で押さえておくべきマナー


マナーその③:お客様気分にならない

内定式を実施する狙いには内定者の最終的な入社意志確認の意味もありますので、この場で揺らぐことがないよう多くの企業が皆さんを接待する対象として丁重にもてなしてくれる場合が多いと言えます。しかし、そうした企業側の対応により「勘違い」することがあってはなりません。皆さんは丁重にもてなしてくれている企業の「社員」になるのであって、「お客様」ではないのです。丁重な対応には感謝の気持ちを持つべきです。

何か教えてもらったり、案内してもらったりした場合には「ありがとうございました」とお礼の言葉とお辞儀を忘れないようにしましょう。また、社員の皆さんが会場の椅子やテーブルを片付けたり、移動させたりしているようなら当然手伝うべきです。懇親会の場でも社員の方々の行動に時々目を配り、もし手を必要としている様子なら「何かお手伝いできることはございませんか」と声をかける等、気配りや協力するという姿勢を絶やさないようにすることが重要です。



このように内定式は「就職試験に臨んでいる学生の立場」ではなく、「その企業の社員になる”社会人”としての覚悟や姿勢」が問われる場面と言えます。つまり、内定式には「学生だから」という甘えと決別した上で参加することが皆さんに求められる最も大切な「マナー」だと言えます。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 部下が報連相(ホウレンソウ)をしない7つの理由

    仕事を円滑に進める上で、社員間の報連相のコミュニケーションは必要不可欠です。大きな問題が起こる前に事…
  2. 仕事のモチベーションを上げる8つの方法

    なんとなく気分が乗らなくて会社に行きたくない、仕事のモチベーションが上がらない経験をしたことは誰しも…
  3. 営業を辞めたい7つの理由

    営業職はどの会社でも必要とされるものでありながら、人間関係やノルマ、勤務時間などでストレスが高い職種…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 日本語は同じ読み方をする上、使用されている漢字そのものも似ているといった言葉が少なくありません。今回…
  2. 取引先を怒らせた営業マンの失敗談と4つの対処法
    「自身のミスが原因で取引先に迷惑をかけてしまった」 「激怒した取引先から本社に大クレームが…
  3. 就職活動を行う上で一番重要な面接は、自分をアピールすることができる場です。個人面接のみであれば、思う…
  4. 社会人にとって身だしなみは必須のマナー、不潔と感じられるようであれば社会人失格です。特に女性は身だし…
  5. 配属先が変わった時、新入社員として新しく配属される、そんな時には配属先での「挨拶」が必要になります。…
  6. 転職において第一関門となる書類選考を突破するためには、履歴書や職務経歴書が重要になってくることは申し…
ページ上部へ戻る