新入社員の内定式で押さえておくべきマナー

内定を勝ち得た大学生の皆さんにとって内定式は、身分はまだ学生であっても実質的に社会人としてスタートを切る最初の大きなイベントになると言って良いものです。それだけに、就職活動時とは異なる留意点や気をつけておきたいマナーなどがあります。不安を解消し、晴れ晴れとした気持ちで内定式に臨めるよう、内定式参加時に問われるマナー等についてご紹介しますのでしっかりと確認しておくようにしてください。


マナーその①:身だしなみ

企業によっては内定式に参加する皆さんへの配慮として「カジュアルなスタイルで構わない」「気楽に参加して欲しい」といった案内をしてくれている場合もあります。しかし、そのような案内があろうとなかろうと、社会人としてスタートを切る立場ですからだらしない格好で参加して良い訳ではありません。特に気をつけなればならないのは「身だしなみ」です。

・髪型が整っており、ぼさぼさになっていないか、清潔感はあるか
・スーツにしわが入っていないか、上下の服装、靴には汚れが付着していないか
・男性はひげのそり残しあとが生じていないか
・女性はストッキングに伝線している箇所はないか
・つめは不潔に伸びていないか

等々、細かな身だしなみは皆さんが想像している以上に気付かれやすいもの、あるいは目立ちやすいものですので鏡の前で入念にセルフチェックを行っておくことが大切です。


マナーその②:はめを外さない

内定式は同僚となる仲間の初顔合わせの場面でもあり、同じ学生同士話も弾むでしょうがそうした様子も「見られている」ことを常に意識しておく必要があります。内定式はコンパではありませんので例えば大声で笑う、シモネタ等下品な話で盛り上がる、ナンパする等学生気分ではしゃいではなりません。では無言で堅苦しく過ごした方が良いかというと、勿論そのようなこともありません。はしゃいではいけないからと言って無口になったり、笑わなかったりすれば「コミュニケーション能力がない学生」「協調性がない学生」との評価となってしまいます。企業側としても、内定者同士良い意味で団結して欲しいと願っています。つまり社会人に求められる「節度」や「TPO」というものを意識して、適切なコミュニケーションや友好を深めることが大切だということです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 成功する人が20代のうちに身につけている10の習慣

    成功する人としない人の差が生まれる理由は、20代の成長真っ盛りをどのように過ごしたかが大きなカギを握…
  2. プレゼンで緊張しない方法まとめ

    プレゼンテーションは、個人差や程度の差はあるものの、多くの方が緊張するものです。大勢の人の視線を集め…
  3. 職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    セクハラ、パワハラと同じように職場の嫌がらせ問題として近年注目を集めている「モラハラ」。職場でのモラ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業マンにとって大事な数字、「営業成績」。売上が悪い月などはノルマが達成出来ず気が重くなることもしば…
  2. 皆さんは「添え状」と言う言葉をご存知でしょうか。添え状とは文字通り添える書類のことで、郵送物等を送る…
  3. 若者の車離れは有名な話となってしまいましたが、近年の若者は車だけでなく「出世」に対しても意欲や関心が…
  4. 就活において役立つ資格とはいえば、残念ながらその多くが高難度の資格ばかりです。高難度とは受験者に対す…
  5. 希望する企業から無事内定を獲得できた場合、入社するまでのしばらくの間、皆さんはどのように過ごしたいと…
  6. メガネは目が悪い人の実用的な道具であるとともに、顔の印象を変えることができる一つのアイテムです。最近…
ページ上部へ戻る