営業職からのキャリアチェンジを成功させる方法【転職失敗例あり】

人生の節目となる30歳前後で、キャリアチェンジを考える人は少なくないと思います。中でも営業職として働く人は、社内の企画部や総務部を始め、マーケティング部やコンサルティングなどの他部署と連携して業務を進めるケースも多いため、他の業務を魅力的に感じる機会も多いといえます。

営業職は会社の最前線で商品・サービスを販売する「会社の顔」という立場であることから、優秀な営業成績を積み上げている人ほど「営業職しか経験がなくても、別の業種にキャリアチェンジできる可能性は高いだろう」と考える傾向にありますが、実際、30歳前後で営業職の経験のみを積んできた人が未経験の職種にキャリアチェンジできる可能性はどの程度あるのでしょうか?今回は未経験の職種へのキャリアチェンジができる可能性について解説していきます。

営業職一筋!他職種が未経験の30歳を採用する可能性

営業職一筋!他職種が未経験の30歳を採用する可能性

営業職から職務変更することは、結論から言えば可能です。ですが難易度は非常に高いといえるでしょう。その理由は30歳前後になると、採用する側の企業としては、経験やスキルを活かした「即戦力」として活躍してくれることを転職希望者に求めるからです。

30歳前後であれば、本来なら一人前に仕事を進めてバリバリ働き、企業の収益に貢献してくれるはずの年齢層。業務に馴染まなかったとき、職種の未経験者を採用するのは、企業にとっても大きなリスクになります。また人気の職種であれば、業務経験者の応募も多く集まる中で、わざわざリスクを取ってまで未経験者を採用する理由がありません。そのため、職種に必要な能力について面接担当者からよほどのポテンシャルを見出されない限り、狭き門を通過することは難しいでしょう。

では営業職の経験しかない30歳が、職種のキャリアチェンジをすることは諦めないといけないのでしょうか?いいえ、ここで諦める必要はありません。必ずキャリアチェンジが成功するとは言えないにしても、キャリアチェンジの可能性を高める方法があります。続いては、キャリアチェンジするための4つの手段をご紹介していきます。

キャリアチェンジ(職種変更)を成功させる4つの方法

(1)社内でキャリアチェンジを目指す

社内

実は、キャリアチェンジのリスクを最もとってくれるのは在籍している今の会社。営業としてのこれまでの仕事ぶりや、あなたの人柄を知っている現在の会社であれば、「この人なら他の職種でも活躍できるかもしれない」と可能性を見出してくれる場合があります。まずは社内の異動願を出してみましょう。

(2)現職の顧客群への転職をする

顧客

営業職をこれまで続けてきた経験から、ターゲットとなる顧客層の動向は周知しているはず。その知識を、別の業界の職種に転用することが可能です。例えば証券会社の営業として、富裕層の行動や志向などを知り尽くしているなら、同じく富裕層をターゲットにしている企業は応募対象となりえます。また顧客の資産運用に対する考え方を理解しているのであれば、金融商品の企画や販促担当などで力を発揮できるでしょう。

(3)希望職種に関連する資格を取得する

資格

希望職種と関連度の高い資格を取得しているからといって、キャリアチェンジが必ず成功するという保証はどこにもありません。ですが資格を取得することは「その職種で働きたい」という本人の意思の表れと評価される傾向にあります。例えば、経理関係の仕事が未経験であったとしても、簿記や会計の資格を取得していると、キャリアチェンジに対する本気度を感じ取れます。自分がその職種に適合するかを確かめる意味でも、関連する資格を取得することにチャレンジしてみてください。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司の家に招待されたときの手土産マナーまとめ

    上司の家に招待されたときの手土産マナーまとめ

    いつもお世話になっている上司宅に食事に招かれるという時、当然、手ぶらで伺うわけにはいきません。ですが…
  2. 残業しないための8つの方法

    同じ業務量でも、人によって作業が完了する時間は異なります。優秀なビジネスマンは定時前には仕事を終わら…
  3. 優柔不断な性格を克服する7つの方法

    決断力のない優柔不断な性格だと、選択を下す際に悩んだり、後で後悔することを繰り返してしまいます。優柔…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 就職活動の最難関といえる面接。中途採用の面接で不合格の通知がきてガッカリした経験をしたことがある人は…
  2. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  3. 会社の部下や新入社員が退職を切り出してきた時、上司としてどう引き止めるかは難しい問題です。特に優秀な…
  4. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
  5. 上司との営業同行で心得ておくべき基本マナー13選
    本来であれば、営業先のクライアントとのやりとりに集中すればいいところを、上司が同行するとなれば、お客…
  6. 面接の場面で転職理由を尋ねられた場合、それが正直な理由であったとしても伝えてはならない理由があります…
ページ上部へ戻る