営業職からのキャリアチェンジを成功させる方法【転職失敗例あり】

人生の節目となる30歳前後で、キャリアチェンジを考える人は少なくないと思います。中でも営業職として働く人は、社内の企画部や総務部を始め、マーケティング部やコンサルティングなどの他部署と連携して業務を進めるケースも多いため、他の業務を魅力的に感じる機会も多いといえます。

営業職は会社の最前線で商品・サービスを販売する「会社の顔」という立場であることから、優秀な営業成績を積み上げている人ほど「営業職しか経験がなくても、別の業種にキャリアチェンジできる可能性は高いだろう」と考える傾向にありますが、実際、30歳前後で営業職の経験のみを積んできた人が未経験の職種にキャリアチェンジできる可能性はどの程度あるのでしょうか?今回は未経験の職種へのキャリアチェンジができる可能性について解説していきます。

営業職一筋!他職種が未経験の30歳を採用する可能性

営業職一筋!他職種が未経験の30歳を採用する可能性

営業職から職務変更することは、結論から言えば可能です。ですが難易度は非常に高いといえるでしょう。その理由は30歳前後になると、採用する側の企業としては、経験やスキルを活かした「即戦力」として活躍してくれることを転職希望者に求めるからです。

30歳前後であれば、本来なら一人前に仕事を進めてバリバリ働き、企業の収益に貢献してくれるはずの年齢層。業務に馴染まなかったとき、職種の未経験者を採用するのは、企業にとっても大きなリスクになります。また人気の職種であれば、業務経験者の応募も多く集まる中で、わざわざリスクを取ってまで未経験者を採用する理由がありません。そのため、職種に必要な能力について面接担当者からよほどのポテンシャルを見出されない限り、狭き門を通過することは難しいでしょう。

では営業職の経験しかない30歳が、職種のキャリアチェンジをすることは諦めないといけないのでしょうか?いいえ、ここで諦める必要はありません。必ずキャリアチェンジが成功するとは言えないにしても、キャリアチェンジの可能性を高める方法があります。続いては、キャリアチェンジするための4つの手段をご紹介していきます。

キャリアチェンジ(職種変更)を成功させる4つの方法

(1)社内でキャリアチェンジを目指す

社内

実は、キャリアチェンジのリスクを最もとってくれるのは在籍している今の会社。営業としてのこれまでの仕事ぶりや、あなたの人柄を知っている現在の会社であれば、「この人なら他の職種でも活躍できるかもしれない」と可能性を見出してくれる場合があります。まずは社内の異動願を出してみましょう。

(2)現職の顧客群への転職をする

顧客

営業職をこれまで続けてきた経験から、ターゲットとなる顧客層の動向は周知しているはず。その知識を、別の業界の職種に転用することが可能です。例えば証券会社の営業として、富裕層の行動や志向などを知り尽くしているなら、同じく富裕層をターゲットにしている企業は応募対象となりえます。また顧客の資産運用に対する考え方を理解しているのであれば、金融商品の企画や販促担当などで力を発揮できるでしょう。

(3)希望職種に関連する資格を取得する

資格

希望職種と関連度の高い資格を取得しているからといって、キャリアチェンジが必ず成功するという保証はどこにもありません。ですが資格を取得することは「その職種で働きたい」という本人の意思の表れと評価される傾向にあります。例えば、経理関係の仕事が未経験であったとしても、簿記や会計の資格を取得していると、キャリアチェンジに対する本気度を感じ取れます。自分がその職種に適合するかを確かめる意味でも、関連する資格を取得することにチャレンジしてみてください。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【職場の雰囲気を変える】ムードメーカーの8つの特徴

    会社の売上が低迷しているとき、職場の雰囲気は沈みがちになってしまいます。しかしムードメーカーの存在は…
  2. 仕事で分からないことを上司へ質問する方法

    仕事に慣れていない新人であれば、仕事の取り組み方を上司や先輩に質問するのは日常茶飯事。仕事で分からな…
  3. 営業センスがある人の4つの特徴・センスがない人との違い

    営業センスがある人の4つの特徴・センスがない人との違い

    営業マンにはそれぞれ強みや長所があり、その力を発揮することによって、お客様との関係性を構築したり、契…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 面接の際に「入社可能時期はいつですか?」と質問される場合、採用を前提とした確認をされていると捉えても…
  2. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
  3. 「企画」という仕事は、実は企画職に限られる仕事ではありません。頻度の違いこそありますが企画という仕事…
  4. ビジネスマンとして会社と言う組織に属する以上、「出世」は1つの目標でもあり、それは同時にビジネスマン…
  5. 面接時に必ず聞かれる質問に、退職理由があります。ここでどのように答えるのが正解なのかについて悩む人は…
  6. メールの宛先が複数となった場合、特に社外に向けたメールでしかも複数の企業にまたがるような場合には宛名…
ページ上部へ戻る