営業職からのキャリアチェンジを成功させる方法【転職失敗例あり】

人生の節目となる30歳前後で、キャリアチェンジを考える人は少なくないと思います。中でも営業職として働く人は、社内の企画部や総務部を始め、マーケティング部やコンサルティングなどの他部署と連携して業務を進めるケースも多いため、他の業務を魅力的に感じる機会も多いといえます。

営業職は会社の最前線で商品・サービスを販売する「会社の顔」という立場であることから、優秀な営業成績を積み上げている人ほど「営業職しか経験がなくても、別の業種にキャリアチェンジできる可能性は高いだろう」と考える傾向にありますが、実際、30歳前後で営業職の経験のみを積んできた人が未経験の職種にキャリアチェンジできる可能性はどの程度あるのでしょうか?今回は未経験の職種へのキャリアチェンジができる可能性について解説していきます。

営業職一筋!他職種が未経験の30歳を採用する可能性

営業職一筋!他職種が未経験の30歳を採用する可能性

営業職から職務変更することは、結論から言えば可能です。ですが難易度は非常に高いといえるでしょう。その理由は30歳前後になると、採用する側の企業としては、経験やスキルを活かした「即戦力」として活躍してくれることを転職希望者に求めるからです。

30歳前後であれば、本来なら一人前に仕事を進めてバリバリ働き、企業の収益に貢献してくれるはずの年齢層。業務に馴染まなかったとき、職種の未経験者を採用するのは、企業にとっても大きなリスクになります。また人気の職種であれば、業務経験者の応募も多く集まる中で、わざわざリスクを取ってまで未経験者を採用する理由がありません。そのため、職種に必要な能力について面接担当者からよほどのポテンシャルを見出されない限り、狭き門を通過することは難しいでしょう。

では営業職の経験しかない30歳が、職種のキャリアチェンジをすることは諦めないといけないのでしょうか?いいえ、ここで諦める必要はありません。必ずキャリアチェンジが成功するとは言えないにしても、キャリアチェンジの可能性を高める方法があります。続いては、キャリアチェンジするための4つの手段をご紹介していきます。

キャリアチェンジ(職種変更)を成功させる4つの方法

(1)社内でキャリアチェンジを目指す

社内

実は、キャリアチェンジのリスクを最もとってくれるのは在籍している今の会社。営業としてのこれまでの仕事ぶりや、あなたの人柄を知っている現在の会社であれば、「この人なら他の職種でも活躍できるかもしれない」と可能性を見出してくれる場合があります。まずは社内の異動願を出してみましょう。

(2)現職の顧客群への転職をする

顧客

営業職をこれまで続けてきた経験から、ターゲットとなる顧客層の動向は周知しているはず。その知識を、別の業界の職種に転用することが可能です。例えば証券会社の営業として、富裕層の行動や志向などを知り尽くしているなら、同じく富裕層をターゲットにしている企業は応募対象となりえます。また顧客の資産運用に対する考え方を理解しているのであれば、金融商品の企画や販促担当などで力を発揮できるでしょう。

(3)希望職種に関連する資格を取得する

資格

希望職種と関連度の高い資格を取得しているからといって、キャリアチェンジが必ず成功するという保証はどこにもありません。ですが資格を取得することは「その職種で働きたい」という本人の意思の表れと評価される傾向にあります。例えば、経理関係の仕事が未経験であったとしても、簿記や会計の資格を取得していると、キャリアチェンジに対する本気度を感じ取れます。自分がその職種に適合するかを確かめる意味でも、関連する資格を取得することにチャレンジしてみてください。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 飛び込み営業が怖いときに勇気を出す5つの方法

    営業職では新人時代に飛び込み営業を経験させる会社が多いです。これは若さというエネルギー溢れる時期に新…
  2. 職場で悪口を言う人の特徴と対処法

    転職・退職の理由のうち人間関係が常に上位を占めるといわれるほど、職場での人間関係が仕事を続けるための…
  3. メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    メンタルが弱い人が営業に向かない3つの理由

    どの仕事をするにも責任感は付きまといますが、営業職は仕事の売り上げそのものを作るポジションのため、会…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ブロードバンドの普及により、ネット専門の証券会社が多数台頭するなど証券業界は大きく変化した業界の一つ…
  2. 書類の電子化普及に伴ってボールペンを使用する機会は減少傾向にありますが、顧客と直接会って商談を行って…
  3. どんなに優れたプレゼン資料、或いは提案の中身であったとしても、プレゼンでの話し方や話しぶりが悪ければ…
  4. 近年よく聞かれるようになった「ワーク・ライフ・バランス」と言う言葉をご存知でしょうか?ワーク・ライフ…
  5. 学校を卒業してから就職したけど1〜3年以内に退職した方を第二新卒と言いますが、新卒からさほど時間が経…
  6. 身内に突然の不幸があり、葬儀に出席、もしくは準備をする場合は忌引き休暇として会社を休むことが出来ます…
ページ上部へ戻る