バレる学歴・経歴詐称の種類と処分内容

転職活動をしていくうちに、少しでも自分を良く見せて転職の可能性を上げようとして、面接官に好印象をもたれる様なウソの履歴書・職務経歴書を作ってしまうという人がいます。しかし、本人としては『ちょっとした出来心』かもしれませんが、そのことが明るみになった場合、転職先で処分をされてしまうこともあります。

転職後に苦労をしない為にも、ばれる学歴や経歴詐称にはどのようなものがあるのかという点や、詐称が判明した場合にどのような処分となるのかという点について、見ていきます。

やってしまいがちな学歴詐称

学歴

①大学中退なのに大学を卒業したことにする

新卒採用の場合は大学の卒業証明書を提出することがほとんどですので、このような学歴詐称をすることは難しいものです。しかし、転職となると、大学の卒業証明書の提示を求められることはほとんどありませんので、このように「大学中退」を「大学卒業」にしてしまってもバレないのではないかという気持ちにあるかもしれません。

しかし、この場合、大学中退なのに大学を卒業したことにするということは、軽犯罪法違反という、十分な罪になります。そして、「大学卒業」ではなく「大学中退」であることが転職先にバレてしまった場合、懲戒解雇となってしまうことがあります。

なぜならば、日本にある多くの会社では就業規則において「職歴・学歴、犯罪歴などに関する虚偽の申告があった場合には、その者を懲戒解雇事由に該当する」といった内容を定めているところが多いからです。以前は、その大学の卒業生が居なさそうな会社を転職先に選ばなければ、『大学中退』を『大学卒業』と言うくらいは容易いことだと考えている人もいたようです。

ただ、今ではソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用も活発化してきており、誰もが個人情報にアクセスしやすくなっている環境です。面接官や転職先の人事担当者の中には、SNS検索をして転職者を見つけ、学歴詐称をしていないか確認している人もいるようなので、学歴詐称は今までにも増してバレやすくなっているので注意しましょう。

転職先の会社が前職調査で確認する内容とは

後悔しない転職をするために事前に理解しておくべき3つのこと

②学歴を偽るために卒業証明書を偽造した場合

「大学中退」を「大学卒業」とするだけでも、今では様々なバレるリスクがあるということを説明しましたが、バレる確率を低くしてしまおうと、卒業証明書を偽造してしまう人というのもいるようです。カラープリンターの性能も年々良くなってきていますし、卒業証明書のフォントも私たちがパソコンで普通に使うようなフォントを使っているので、瓜二つに再現しやすいので、ついやってしまいたくなる気持ちもあるのかもしれません。

しかし、大学の卒業証明書を偽造した場合、刑法の私文書偽造罪という罪に問われてしまいます。さらに、この罪は罰金だけで終わることはできず、3か月以上5年以下の懲役を課せられてしまいます。

パソコンやプリンターなど便利な道具が増えており、自分のウソをつきとおすために出来心で卒業証明書を偽造してしまいたくなる気持ちがあるのかもしれませんが、明るみに出た場合にどれほど大きな罪に問われるのかという点をしっかり考えておく必要があります。

ボーナス(賞与)前後の転職で損をしないために押さえておくべきポイント

やってしまいがちな経歴詐称

経歴

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業を辞めたい7つの理由

    営業職はどの会社でも必要とされるものでありながら、人間関係やノルマ、勤務時間などでストレスが高い職種…
  2. 圧迫面接の意図と3つの対処法【質問例つき】

    就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…
  3. 【転職の面接はこれでバッチリ!】長所の回答事例集

    【転職の面接はこれでバッチリ!】長所の回答事例集

    面接は、企業と就職希望者の意思疎通を行う大事な場面です。面接の合否の結果は、就職希望者のこれまでの経…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職を考える時に気を付けなければならないことは沢山ありますが、そのうちの1つに「ボーナス」があります…
  2. 人間にはそれぞれの個性やタイプと言ったものがありますから、部下を多数抱える上司の方なら苦手なタイプの…
  3. 証券会社は今も昔も激務として有名ですが、なぜ証券会社はそんなに激務と言われるのか、皆さんは考えてみた…
  4. 給与明細には実に様々な見出しや項目等が並んでいるため、「これは一体なんだろう」と思った項目がいくつか…
  5. ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではな…
  6. 転職理由のランキングにおいて「専門知識・技術力を習得したい」は常に上位にランクインする、代表的な転職…
ページ上部へ戻る