仕事辞めたい人の本音の転職理由と後悔しない6つの転職方法

もしかすると転職せずとも、異動の可能性があるなら今の部署で働きながらのスキルアップの方が近道の場合もあります。未経験の仕事をしてみたいと思っているなら、特に注意が必要です。やりたい仕事=適職ではない可能性もあります。転職せず今の会社で働いたほうがいいという結論が出るのは悪い事ではありません。転職したいという気持ちだけで進まず、一度ブレーキをかけるくらいの気持ちでいるのも大切です。

5.転職にはお金が必要である

転職は仕事を続けながら探すのが理想的です。しかし時間を上手に作るのは働きながらだと難しく、仕事を辞めてからになる場合も現実に多くあります。そうなってくると、失業保険の給付は自己都合の場合、辞めてすぐもらえるわけではありませんが、生活費の他にも税金等納めなくてはいけないお金は発生します。転職をするには、ある程度の期間、収入がなくても生活できる貯蓄があるほうが安心です。これからかかるお金、普段自分が使っているお金について転職を考えるときはあわせて見直しておきましょう。


成功する6つの転職方法

成功する6つの転職方法

1.複数の転職サービスに登録する

転職は非常に労力がかかるものです。そのため、できることなら信頼できる転職サービスを1つ見つけて、そこだけとやりとりすれば、多くの時間も節約できます。しかし、それはおすすめできません。なぜなら、転職サービスによって強みのある業種、企業は違いますし、多くの情報の中から転職先を選んだ方が、より希望の条件に近いものを探せるからです。

また、アドバイザーである担当者との相性もありますので、信頼できるアドバイザーかどうかも1社登録するだけでは見極められない危険性もあります。複数の転職支援サービスに登録することは大変に感じるかもしれませんが、基本は最初に登録した情報(履歴書や職務経歴書等)はそのまま他の所と同じものを提出して大丈夫です。最終的には相性の合う転職サービスに絞る手もありますが、最初は複数登録して様子をみるようにしてください。

2.前の会社の悪口は言わない

転職活動の面接では前の会社を辞めた理由は絶対に聞かれます。しかし、ここで退職理由を前の会社の悪口として語ってしまう事は、社会人としてのマナーを疑われます。また、企業は基本的には前向きな人材を求めています。面接でネガティブな発言をすることはプラスの評価にはなかなか捉えられません。実際は営業成績が悪くて辞める場合でも、商品が悪かった、上司に叱責されたなど自分以外に原因があるような言い方をするのではなく、自分自身の力が及ばなかったが、違う環境で自分をためして成長したいなど、前向きな発言でまとめることができるよう事前に考えておくことをおすすめします。

3.譲れる条件がある

せっかく転職するのだから、前の会社よりもっといいところに就職したいというのは当たり前です。そこで意外と忘れがちなのが「譲れる」条件です。企業に求める譲れない条件ばかり頭に浮かび、譲れる条件の方がきちんと明確になっていない人も実はたくさんいます。しかし全ての希望を叶えてくれる企業は圧倒的に少ないため、何かをあきらめなければいけない場面は必ず出てきます。条件を実際に書き出して目で見ることで、頭が整理され転職への意欲が高まる効果もありますので、転職を考えた初期の段階で忘れずやっておきましょう。また希望条件について、譲れない項目の優先順位をつけておくことが大事です。

4.スケジュールをたてる

転職を成功したと感じる人たちに実施したあるアンケートによると、転職活動をする上で最初にしたことは何か?という質問に対する答えが「スケジュールをたてる」ことでした。転職は希望の企業に就職することがゴールなのは確かですが、いつまでに転職したいという期限をしっかり決めて、逆算して行動するようにしないとメリハリも出ません。

転職活動期間は、少なくとも3ヶ月以上はかかると思っていた方が無難です。在職しながら転職活動をするひとは、自分の今抱えている仕事についてもスケジュールをしっかり把握し、なるべく周りに迷惑のかからない時期に退職できるように調整してこそ円満な退職をすることが可能になります。

5.年収を伸ばせる会社に転職する

転職先で年収が今までより上がるかどうかはチェックするのに、その後転職した当初からの年収が上るかどうかチェックしている人は意外に少ないものです。一時的に年収が増えても、その後給与が増えず、転職前の同僚に数年後年収を聞いてがっかりする、なんてことは避けたいものです。必ず、転職後どのようなキャリアを築けるかは確認するようにし、お金に関しては短期ではなく長期的な視点を身につけられるようにしましょう。

6.人事以外の働く人もチェックする

場合によっては最終面接で役員と話すことはあるとはいえ、面接の大部分は人事担当とやりとりするはずです。しかし人事の感じがいい=企業イメージが良い、ととらえるのは早計です。企業側もそのことはもちろんわかっていますので、人事担当を企業の顔ともいえる人物にしています。可能であれば、実際にその企業で働いている他の人もチェックしてみてください。疲れた顔をして働いていないか、職場の雰囲気はよさそうかどうか…。

また、同じように、あなたも面接の時は、企業の入口から出口まで、チェックされていると思った方がいいでしょう。面接の待ち時間に携帯をいじったり、廊下ですれちがった時に挨拶をしなかったりなど、ちょっとしたことでも意外に外部の人のすることは目立つものです。ほどよい緊張状態を保ったくらいで過ごすのが転職活動はちょうど良いといえます。


後悔のない転職を

後悔のない転職を会社で働く時間は、一日の大部分を占めます。転職をするか、しないか、今の会社を退職することは本当に自分にとってよいことなのかも含めて、じっくりと考えてください。最後は必ず自分自身で決断をだせば、後悔しない転職活動がきっとできるはずです。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 仕事に自信がない人が自信をつけるための9つの改善方法

    性格の特性上からか、日本人は何事にも謙虚な姿勢で取り組む傾向があります。その一方で、現代の若者は自分…
  2. 営業マンの商談や接客時のマスク着用マナー

    営業マンの商談や接客時のマスク着用マナー

    社外のお客様との接客や商談をするとき、あなたはマスクを着用していますか?営業マンのビジネスマナーとし…
  3. 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 年収は、会社から支給される年間の額面給与額のことを指します。実際に給与を受け取ると、額面の金額よりも…
  2. 会社説明会に参加する場合、意外と悩ましい問題となるのが「説明会会場への到着時間」です。遅刻はナンセン…
  3. 効率的に仕事を進める改善方法と優先順位のつけ方
    他の人は定時に帰宅しているのに、自分だけ毎日遅くまで残業している 仕事が遅いといつも上司か…
  4. 出張の多いビジネスパーソンにとって、持って行く旅行アイテムのチョイスは非常に重要です。出張時の仕事面…
  5. サーバントリーダーシップと言う言葉をご存知でしょうか?最近では出来る上司の新たな常識とも言われ始めて…
  6. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
ページ上部へ戻る