40代での転職にまつわる3つの「ウソ」「ホント」

転職を大きく左右する条件の一つと言われているものに「年齢」があげられます。例えば転職は20代や30代前半ぐらいまでが有利な年代であり、40代以降となると転職はかなり厳しくなるといったことが一般的に言われていますが、果たしてそれらは事実なのでしょうか。転職を成功させるには、根拠のない噂や不確かな情報に振り回されないようにすることも大切です。そこで今回は特に「40代転職にまつわる様々なうわさ」に的を当て、それらのウソやホントをずばり解説して参ります。


①40代の転職はかなり難しくなる

この指摘は日本の景気が特に低迷していた「失われた10年」と言われている時期においては、そうした傾向があったのは事実です。しかし現況としては、適切な指摘とは言えなくなっています。なぜなら即戦力として仕事のキャリアだけでなく社会人としての経験が豊富な40代の転職者を希望する企業が、着実に増加傾向にあるからです。

また40代求人が増えたもう一つの理由として、「失われた10年」は就職氷河期でもありその頃社会人になった年代がちょうど40代にあたり、この年代に採用者を絞っていたために年代バランスが悪くなっている企業が多いこともあげられます。これらの企業の中から収益の回復基調に伴い、人材構成のバランスが悪くなっていた40代の採用に積極的になってきた企業が現れはじめたということです。そのため「チャンス到来」とまでは言えませんが、40代で転職を考えている方々にとっては希望が持てるような状況になってきたと言っても良いでしょう。


②40代で転職した場合、確実に年収はダウンする

40代で転職できたとしても年収ダウンは確実、即ち年収ダウンを覚悟しない限り40代の転職は難しいという意味での噂ですが、この噂の真偽は果たしてどうでしょうか。この点について結論から先に申し上げれば「年収がアップする40代もいればダウンする40代もいる」ということであり、年収ダウンを覚悟しないと転職できないといった指摘は決して正しいとは言えません。

一定の経験やスキルを積んだ40代には20代、30代社員をまとめてプロジェクトを推進するような役割を期待されることもあり、そうした期待に応えることができる人材と評価された場合には前職の給与水準の維持を約束してくれたり、それを上回る条件を提示されたりすることもあります。ただし、40代の転職でアップする人とダウンする人のどちらの割合が高いかと言えば年功序列賃金体系の企業に勤務している人なら高い年収を得ていた人が多いであろうことから、ダウンする人の割合の方が高いことも事実です。

また、中途採用者にはいきなり役職を与えるのではなく、平社員からスタートさせるという企業も決して少なくはありません。これも一般論ながら40代は年齢上中間管理職以上の役職についている場合が多いため、平からスタートなると役職手当の分年収がダウンする確率は必然的に高まります。つまり「40代だから」年収が下がるのではなく、役職がなくなることによって結果的に年収が下がるケースが増えることもそうした噂を招く原因の一つと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司や目上の人に「頑張ってください」は失礼?応援時の正しい敬語の使い方

    上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  2. 忍耐力を鍛える7つの方法

    嫌なこと、苦しいこと、辛いことに遭遇したとき、あなたはどうしますか?生活の中では否応もなく精神的に辛…
  3. 営業を辞めたい7つの理由

    営業職はどの会社でも必要とされるものでありながら、人間関係やノルマ、勤務時間などでストレスが高い職種…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 退職の意思を伝える場合には、その内容もさることながら伝える時期や時間帯、つまりタイミングというものが…
  2. 自己紹介は、新入社員の皆さんにとって最も緊張を強いられる最初の仕事であり、社会人として良いスタートを…
  3. ビジネス上のアポイントで日程調整を行わなければならない場面は、しばしば生じますよね。中でも日程が決ま…
  4. 営業マンの皆さんの中には、日々作成しなければならない営業日報に「苦痛」を感じている方は多いのではない…
  5. 世の中のあらゆる物や現象・出来事にはメリットとデメリットの両方が存在しています。メリットしかない、デ…
  6. 昨今、各転職サイトがこぞって力を入れてアピールしているのが「非公開求人」です。確かに「当サイトだけの…
ページ上部へ戻る