40代での転職にまつわる3つの「ウソ」「ホント」

転職を大きく左右する条件の一つと言われているものに「年齢」があげられます。例えば転職は20代や30代前半ぐらいまでが有利な年代であり、40代以降となると転職はかなり厳しくなるといったことが一般的に言われていますが、果たしてそれらは事実なのでしょうか。転職を成功させるには、根拠のない噂や不確かな情報に振り回されないようにすることも大切です。そこで今回は特に「40代転職にまつわる様々なうわさ」に的を当て、それらのウソやホントをずばり解説して参ります。


①40代の転職はかなり難しくなる

この指摘は日本の景気が特に低迷していた「失われた10年」と言われている時期においては、そうした傾向があったのは事実です。しかし現況としては、適切な指摘とは言えなくなっています。なぜなら即戦力として仕事のキャリアだけでなく社会人としての経験が豊富な40代の転職者を希望する企業が、着実に増加傾向にあるからです。

また40代求人が増えたもう一つの理由として、「失われた10年」は就職氷河期でもありその頃社会人になった年代がちょうど40代にあたり、この年代に採用者を絞っていたために年代バランスが悪くなっている企業が多いこともあげられます。これらの企業の中から収益の回復基調に伴い、人材構成のバランスが悪くなっていた40代の採用に積極的になってきた企業が現れはじめたということです。そのため「チャンス到来」とまでは言えませんが、40代で転職を考えている方々にとっては希望が持てるような状況になってきたと言っても良いでしょう。


②40代で転職した場合、確実に年収はダウンする

40代で転職できたとしても年収ダウンは確実、即ち年収ダウンを覚悟しない限り40代の転職は難しいという意味での噂ですが、この噂の真偽は果たしてどうでしょうか。この点について結論から先に申し上げれば「年収がアップする40代もいればダウンする40代もいる」ということであり、年収ダウンを覚悟しないと転職できないといった指摘は決して正しいとは言えません。

一定の経験やスキルを積んだ40代には20代、30代社員をまとめてプロジェクトを推進するような役割を期待されることもあり、そうした期待に応えることができる人材と評価された場合には前職の給与水準の維持を約束してくれたり、それを上回る条件を提示されたりすることもあります。ただし、40代の転職でアップする人とダウンする人のどちらの割合が高いかと言えば年功序列賃金体系の企業に勤務している人なら高い年収を得ていた人が多いであろうことから、ダウンする人の割合の方が高いことも事実です。

また、中途採用者にはいきなり役職を与えるのではなく、平社員からスタートさせるという企業も決して少なくはありません。これも一般論ながら40代は年齢上中間管理職以上の役職についている場合が多いため、平からスタートなると役職手当の分年収がダウンする確率は必然的に高まります。つまり「40代だから」年収が下がるのではなく、役職がなくなることによって結果的に年収が下がるケースが増えることもそうした噂を招く原因の一つと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    売れるセールスマンに共通する6つの営業マインド

    営業成績が常に上位のセールスマンは、強い営業マインドを持って、日々お客様と接しています。成果がなかな…
  2. 商談後にお礼の手紙・メールを送るときの注意点と例文

    商談後にお客様へお礼の手紙やメールを出す以上、やはりお客様との関係を更に良好にしたいものですし、次の…
  3. 【香典の金額・相場】上司・部下・親族が亡くなったとき

    【香典の金額・相場・マナー】上司・部下・親族が亡くなったとき

    冠婚葬祭の機会、けっこう多いのではないでしょうか。なかでも不幸の知らせなどは突然やってくるものです。…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 誰しもが万が一のときや老後に備えて、少しでも貯金をしたいと思うものですが、実際に生活していると、急な…
  2. 営業職に限らず様々な職種にはそれぞれ「適性」というものがありますが、その適性の有無を最も大きく左右す…
  3. 転職や就職面接の場面において、正直に答えにくい質問をされる場合が多々あります。そのような質問をされた…
  4. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  5. 提案型営業という言葉は近年良く聞かれるようになりましたが、改めて提案型営業とはどのようなものかと問わ…
  6. 営業マンが売上を上げてゆくためには、アポイントや商談件数等ある程度の数を増やす努力が必要ですが、数だ…
ページ上部へ戻る