名刺を忘れた時の対処法

名刺はサラリーマンが絶対に忘れてはいけないものの一つで、常に予備を含めて持ち歩くことが大切です。初対面で交換しあう名刺は相手とのつながりを作る大切な手段であるとともに、自分や会社を表す大切な資料でもあります。名前が読みやすいようフォントを調節したり、ルビを振ったりと、名刺には会議で使用する資料と同じように気を配る必要があります。

また名刺を受け渡しする際にも机をはさまないことや立ち上がって行うなど、様々なマナーがあるため、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。しかし、一生懸命作成した名刺が切れていたり、忘れてしまった場合はどのように対処したら良いのでしょうか。その万が一の状況に対しての対処法を紹介します。


名刺を忘れたり、切らしたりした場合

名刺を忘れた名刺を忘れたり、切らしたりした場合はまず、その旨を最初に相手に伝えることが大切です。相手は仕事に使う大切な時間をわざわざ割いてまで対応してくれているため、迷ったり、探したりする時間は相手に対して失礼に当たります。そのため、すぐに名刺を忘れてしまったことをお詫びし、次回に改めて渡すことを約束することで、相手に失礼をお詫びできますし、後日名刺交換のためにまた会うことができます。この後日の名刺交換の機会を利用してうまく商談をするサラリーマンもいるようですが、かなり熟練の方でないと難しいでしょう。

また後日名刺交換の機会を設けるのではなく、会社に帰ってから相手先にお詫びの手紙とともに名刺を郵送するという手段もあり、こちらも名刺を忘れた際には有効な方法です。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    上司からの飲み会のお誘いを断る方法【断りメール文例つき】

    仕事が終わって帰り支度をしていたら、上司から「このあと飲みに行かないか」と誘われた経験、ありませんか…
  2. 営業マンがモテる6つの理由

    営業マンがモテる6つの理由

    営業は、営業マン自身がお客様に人として認めてもらうことが、契約に至るまでの第一歩となります。そのため…
  3. 部下が仕事を辞める「7つの原因」と「引き止めるポイント」

    部下が仕事を辞めるという時は、部下の心の奥底には退職を決意するだけの、会社に対する大きな不満を持って…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならな…
  2. 学生から新社会人になるにあたって、様々なものが必要となります。初めて会社勤めをすることになるわけです…
  3. 大手企業に就職した場合とベンチャーに就職した場合では、身につくスキルや知識などが異なってくることは何…
  4. ビジネスでよく用いる言葉でありながらよく似ているために、意味の違いが明確でない、ぼんやりしているとい…
  5. 名刺は管理しないまま貯めておくとあっという間に厖大な量となり、いざ「あの人に連絡を取る必要がある」と…
  6. 転職を大きく左右する条件の一つと言われているものに「年齢」があげられます。例えば転職は20代や30代…
ページ上部へ戻る