就活で名刺を作るメリット・デメリット・注意点まとめ

大学生協などで手軽に名刺が作れ、それを就活で利用する学生が増えています。採用担当と直接やり取りができる、他大学の知人ができるものの、個人情報の取り扱いに関して不備が生じることがあります。それでは就活で名刺をどのように活用するのが良いのでしょうか。今回は就活で名刺を作るメリットやデメリット、注意点について解説していきます。

就活で名刺を作る5つのメリット

就活で名刺を作る5つのメリット

(1)説明会やセミナーなどで採用担当と直接連絡先交換ができる

セミナーや説明会にて会社の担当者と連絡先交換をし、OB/OG訪問などをスムーズに取り付けることができます。名刺を渡すことで採用担当者にもあなたの印象を形として残すことができます。一方、採用担当者は就活生から名刺を大量に受け取っていると考えられるため、渡す場合でも入社志望度が高い企業に限定するのが良いと考えられます。

(2)他大学の知人が増えやすくなる

就活中の企業説明会や面接などで他大学の知人ができることは多く、連絡先交換などの手間を省くために名刺を活用することができます。また近年はSNSなどで容易につながることができるため、名刺交換によって就活の情報交換などに有効に働くでしょう。

(3)ビジネスパーソンとしての自覚ができる

名刺を作ることによって、これからビジネスの世界に入っていく、本名を知らせることで社会的に責任ある振る舞いをしなければならないという自覚ができるかもしれません。社会では自己紹介の代わりとして名刺を相手に渡すのは当たり前のマナーです。

(4)お礼メールを送ることで好印象を与える

企業説明会などで採用担当者と話した後、お礼メールを送ることで好印象を与えることができる可能性があります。また好印象でなくとも、メールを送ることで「この前名刺交換した就活生だな」と思ってもらえ、熱意が伝わる可能性もあります。しかしながら、場合によっては名刺交換をした他の就活生から大量のお礼メールを受け取っていることも考えられるので、その場合には迷惑となってしまうこともあるでしょう。

(5)面接で言い忘れた情報、失言の修正などを追加することができる

規模が大きい会社だと、社内ルールで禁じられている場合が多いのですが、比較的規模が小さい会社だと、面接で言い忘れた話などをメールにて追加することも可能な場合があります。また失言があった場合に修正することもできるなど、そのメールも含めて考慮してくれるかもしれません。

就活で名刺を作る3つのデメリット

就活で名刺を作る3つのデメリット

(1)個人情報流用の危険性

名刺を渡すことによって本名や連絡先など、さらにそれから辿ることができるSNSのアカウントも知らせてしまうため、個人情報が流用・悪用される危険性があります。また、SNSなどに採用担当者に見られたくない情報がある場合には、個人情報を晒してしまい、採用に悪影響を与えてしまうこともあります。

(2)背伸びをしていると警戒される

名刺を作ることによって「遊び半分で社会人ぶっている」と、背伸びをしているような悪印象を受ける採用担当もいるようです。その場合には、名刺やメールの一字一句に気を使わなければならず、逆にストレスがかかったり、マイナスの印象を与える危険性があるようです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. プレゼン資料の作り方の構成・コツ【パワーポイント初心者必見】

    見やすいプレゼン資料を作ることによって、営業の成果も上がるといわれていますが、皆さんはどのようなこと…
  2. 【内定辞退・面接辞退】メールでの伝え方(例文付き)

    転職する場合、1社のみ選考に進めるのではなく、同時期にいくつかの会社に応募することがほとんどだと思い…
  3. 成功する人が20代のうちに身につけている10の習慣

    成功する人としない人の差が生まれる理由は、20代の成長真っ盛りをどのように過ごしたかが大きなカギを握…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 朝早く起きることができず、ギリギリセーフのタイミングで職場に駆け込むことは誰でも一度や二度は経験があ…
  2. 最近インターネットでも良く目にする「インバウンドマーケティング」と言う言葉。なんとなくわかるようでも…
  3. 当サイトの他記事において、ポイントやマイルの貯め方等についてご紹介しましたが中には「それって大丈夫?…
  4. 社員のモチベーションが高く職場の雰囲気が良い状態だと、自然と会社の売上も上がるといわれますが、おおむ…
  5. ビジネスメールのやり取りにおいて、メールを送信する相手に添付書面の内容を確認してもらう時などに、文末…
  6. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
ページ上部へ戻る