マーケティング担当者が持っておくべきおすすめ資格4選

マーケティング担当者の業務は、属している企業や業界によって具体的な役割や業務内容に多少の違いはありますが、そうした業界等の違いに関係なく、マーケティングの担当者なら身につけておいた方が良い共通的な素養や知識、あるいは技能等があります。それら知識や素養の有無に対する客観的な実力の証明として、あるいはそうした実力を付ける目的としてマーケティング担当者が持っておくべき資格がいくつかあります。ではマーケティング担当者はどのような資格を持っておくべきなのでしょうか。資格とは無縁に思われがちなマーケティング担当者が取得しておくべき資格について、今回は4つほどご紹介することに致します。


①マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定とは「マーケティングにおいて管理、判断業務、また戦略立案、意思決定ができる実力」(国際実務国際実務マーケティング協会ホームページより)をはかる検定試験のことで、国際実務マーケティング協会が検定を主催しています。

毎年2月、6月、10月の年3回実施されており、レベルによってA級、B級、C級の3つの級に分かれています。その内、最もやさしい基礎レベルにあたるのがC級ですが、C級であっても合格率は50%弱といった状況であなどることは出来ません。

この検定資格がないとマーケティング担当者になることができないという訳ではありませんが、マーケティングに関する総合的な知識を保有している証明になりますし、何より職務を遂行する上で非常に役立つマーケティング全般の知識を身につけられますのでおススメの検定資格です。


②ウェブ解析士

ウェブ解析士とは一般社団法人ウェブ解析士協会が主催している認定資格です。資格名から分かるとおり、ウェブ解析士の認定試験はウェブマーケティングを行う上で必要になってくるウェブ解析に関する実務的な知識を有しているかどうかが評価されます。マーケティングにおけるウェブの存在は「重要」と言うより、今や「最も重要な存在」と言っても過言ではありません。

単にサイトのアクセス状況を知るだけでなく、ウェブ解析を通じてウェブマーケティング上の有効な対策を判断できたり、生じているマーケティング上の課題等を読み解けることがマーケティング担当者に求められています。資格取得を通じてそうした知識や実務的能力を身につけることができますので、ウェブ解析士の資格を有していないマーケティング担当者は早めに取得しておくべき資格の一つと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 課長と係長の役割の違い

    どの会社にも、いくつかの肩書が存在します。最近でこそ、マネジャーやリーダーなどのカタカナ語の肩書も見…
  2. 部下に嫌われる前に理解すべきボスとリーダーの7つの違い

    部下を持つ上司の皆さん、皆さんは皆さんの部下にとって「ボス」なのか「リーダー」なのかと問われた場合、…
  3. 上司の家に招待されたときの手土産マナーまとめ

    上司の家に招待されたときの手土産マナーまとめ

    いつもお世話になっている上司宅に食事に招かれるという時、当然、手ぶらで伺うわけにはいきません。ですが…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上司や目上の人と会話するときは、相手に伝える表現を間違えてはいけません。ですが口語の表現は非常に難し…
  2. 営業担当者にとって、商談が成立した瞬間はとても嬉しいものです。商談成立を目標にこれまで努力してきたの…
  3. グループディスカッションは、協調性を大切にしたり、それぞれに与えられた役割をきちんとこなすなど、選考…
  4. もし送別会で送る側を代表しての挨拶者に指名された場合、旅立つ方々に対してどんな挨拶の言葉を述べれば良…
  5. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  6. リーダーの仕事はチームの成果を上げること 仕事を部下に任せることは、リーダーの重要な仕事ですが、仕…
ページ上部へ戻る