マーケティング担当者が持っておくべきおすすめ資格4選

マーケティング担当者の業務は、属している企業や業界によって具体的な役割や業務内容に多少の違いはありますが、そうした業界等の違いに関係なく、マーケティングの担当者なら身につけておいた方が良い共通的な素養や知識、あるいは技能等があります。それら知識や素養の有無に対する客観的な実力の証明として、あるいはそうした実力を付ける目的としてマーケティング担当者が持っておくべき資格がいくつかあります。ではマーケティング担当者はどのような資格を持っておくべきなのでしょうか。資格とは無縁に思われがちなマーケティング担当者が取得しておくべき資格について、今回は4つほどご紹介することに致します。


①マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定とは「マーケティングにおいて管理、判断業務、また戦略立案、意思決定ができる実力」(国際実務国際実務マーケティング協会ホームページより)をはかる検定試験のことで、国際実務マーケティング協会が検定を主催しています。

毎年2月、6月、10月の年3回実施されており、レベルによってA級、B級、C級の3つの級に分かれています。その内、最もやさしい基礎レベルにあたるのがC級ですが、C級であっても合格率は50%弱といった状況であなどることは出来ません。

この検定資格がないとマーケティング担当者になることができないという訳ではありませんが、マーケティングに関する総合的な知識を保有している証明になりますし、何より職務を遂行する上で非常に役立つマーケティング全般の知識を身につけられますのでおススメの検定資格です。


②ウェブ解析士

ウェブ解析士とは一般社団法人ウェブ解析士協会が主催している認定資格です。資格名から分かるとおり、ウェブ解析士の認定試験はウェブマーケティングを行う上で必要になってくるウェブ解析に関する実務的な知識を有しているかどうかが評価されます。マーケティングにおけるウェブの存在は「重要」と言うより、今や「最も重要な存在」と言っても過言ではありません。

単にサイトのアクセス状況を知るだけでなく、ウェブ解析を通じてウェブマーケティング上の有効な対策を判断できたり、生じているマーケティング上の課題等を読み解けることがマーケティング担当者に求められています。資格取得を通じてそうした知識や実務的能力を身につけることができますので、ウェブ解析士の資格を有していないマーケティング担当者は早めに取得しておくべき資格の一つと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 法人営業と個人営業の違い【仕事内容・年収・スキル・大変さ】

    営業職は「法人営業」と「個人営業」でよく区分されて論じられる場合が多いのですが、皆さんは両者の違いに…
  2. チームワークを乱す人の特徴と対処法

    チームワークの重要性が叫ばれる一方で、「良い」チームを作ることは非常に難しく、チームワークを乱す人も…
  3. 「お世話になっております」の意味・シーンに応じた使い方まとめ

    ビジネスシーンにおいて、例えば取引先へ電話連絡する場合やメールで連絡するときの挨拶の慣用句と言えば「…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. グループ面接は、個人面接に比べるとハードルが高く苦手意識を持っている就活生が多いです。一般的なグルー…
  2. 女性のおしゃれの代表でもあり人気のあるネイル。もちろん学生の時やネイルをしていてもOKという仕事であ…
  3. ビジネスの場面でよく耳にする「コーチング」「ティーチング」という言葉があります。どちらも学習に関する…
  4. 営業マンや営業経験者を中心に「ノルマが厳しいから転職することを決断した」という方は、決して少なくあり…
  5. 営業ノルマというものから営業マンを区分したとすれば、「ノルマを達成できる営業マン」と「ノルマを達成で…
  6. 退職の意思を伝える場合には、その内容もさることながら伝える時期や時間帯、つまりタイミングというものが…
ページ上部へ戻る