転職時に「役に立たない・意味のない」人気資格ランキング

巷では「資格は転職において有利になるか」が議論される場合がありますが、当サイトの賢明な読者の皆さんならこの点に対する明確な答えをご存知だと思われます。どんな資格であっても人物評価に勝る資格はありません。が、就職や転職において保有していると有利になる資格は「確実に存在している」ということです。その一方、保有していても転職には殆ど役に立たない資格や特定業種では抜群の力を発揮するものの、それ以外の業種では全く効力がない資格等があるのも事実です。ところが、そうした転職では殆ど役立たない資格が「人気資格」としてランキングの中で紹介されている場合が多々あります。

そのようなランキングの存在が、資格が転職において有利になる、ならないといった不毛な議論が繰り返される原因の一つにもなっているのですが、今回は転職に役立たない資格ランキングとはどのようなものなのか、またなぜそれらは転職にあまり役に立たないかについて迫ってみることに致します。


①ただ受験者数だけで資格をランキング化したもの

受験者数が大変多い資格は「(一般的に)人気が高い資格」という捉え方は一理あります。また職業資格で人気が高いということは、転職で役に立つ可能性が高いから人気資格という論法が成り立ちそうですが、では受験者数で資格をランキング化したデータは転職において本当に役立つのでしょうか。

受験者数が多いことを「人気資格」と定義した上で、受験者数でランキング化したものはランキングに入っている資格の受験者数を知る場合には便利ですので、ランキングデータが全く無用とまでは言えないでしょう。しかし、「転職時において役立つ資格」を探るという意味では、このランキングはほとんど意味がありません。

例えば「宅建」は受験者数が大変多い国家資格であり、そうしたランキングでは間違いなく上位に入ります。また、転職という点で言うなら不動産業界や金融業界等への転職を検討している場合にはかなり有利になる資格であることは間違いありません。しかし宅建資格は転職時に有利なる業界とそうでない業界が、比較的はっきりと分かれる資格でもあります。

不動産業界の他、建設業界あるいは金融業界等では大変有望な資格ですが、その他の業界では全く評価されなかったり、資格取得の努力だけしか評価されなかったりといった場合もあります。つまり、転職に有利な資格かどうかは転職を検討している職種や業種によって異なってくるのであり、たとえ受験者数が大変多い「人気資格」であったとしても職種や業界によっては全く評価されない資格がある一方、大変受験者数が少ない資格であっても特定の職種または業種に転職する場合は俄然有利になる資格もあります。そのような意味で単に受験者数だけを基準とした「人気資格ランキング」の情報があっても、転職を考える上ではあまり役立たないのです。


②一般大衆による人気投票による資格ランキング

①を読んで頂ければなぜ「人気投票」のランキングが役立ちそうで役立たないか、おわかりになったのではないでしょうか。人投投票は必ずしも受験者数でのランキングと一致するとは限りませんが、そもそも一般に知られていない資格は必然的に人気ランキングでも票を集めることが困難になります。その点で知名度が高い資格とは一般的に受験者数が多い資格や超難関として有名な資格であり、そうした有名資格の中で人気投票が行われる傾向が出てしまいがちです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 女性社員に嫌われる男性社員の特徴7選

    仕事をスムーズに進める上で、社員間のコミュニケーションは必須です。相手が誰であったとしても、お互いが…
  2. 謙虚な人の6つの特徴

    謙虚な人の6つの特徴

    社会人に求められる能力のひとつである「謙虚さ」。この能力はもともとの性格的要素が強く、新たに身につけ…
  3. 就活・転職の面接で好印象を与える逆質問例

    面接の最後に、面接官から「何かご質問等はありますか?」と逆質問をされることがほとんどかと思いますが、…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 上司は時としてその職責を全うするために、多少部下に嫌われることも覚悟して仕事へ取り組まなければならな…
  2. トップ営業マンはトップの営業成績を生み出すために仕事の進め方において様々な工夫をこらしているものです…
  3. 接待を受けた場合、社会人のマナーとしてお礼の言葉を伝える必要がありますがメールで行う場合にはどのよう…
  4. 職場で上司にセクハラを受けた、このような悩みは近年深刻な悩みとして取り上げられるケースが増えています…
  5. 年収300万円とはサラリーマンで給料以外の所得がない場合、額面での年間給料が300万円という人が該当…
  6. 不器用な人の7つの特徴
    不器用な人は、どのような特徴から不器用だと言われるのでしょうか。不器用さにも様々なパターンがあり、仕…
ページ上部へ戻る