菓子折りとは?意味と渡すときのポイント4つ

法人間に限らず、個人間の社交の場面でもよく登場するものに「菓子折り」があります。この菓子折りの定義や意味、あるいは菓子折りを渡す場合のポイントや留意点等について、じっくりと考えた経験はお持ちでしょうか。

古くから行われてきた日本の文化的側面もあり、今更ながら菓子折りの意味や渡す場合のポイントについて上司や同僚には尋ねにくいものですよね。そこで、今更聞けないと言う皆さんのために当編集部が菓子折りの意味や渡す場合のポイント等についてお教え致します。


菓子折りの本来の意味「菓子を入れた折箱」

まず、菓子折りの本来の意味からご説明します。実は「菓子折り」の由来にはいくつか説がありますが、最も有力なのが「菓子を折箱に詰めていた」ことから菓子を詰めていた軽い木材で出来た「折箱」のことを「菓子折り」と呼んでいたという説です。一昔前菓子は高級食材であり、そのため重箱に詰められた状態で販売され、特権階級の方々の間のみで食されていたと言われています。

それが時代と元に徐々に庶民へ拡がるようになるにつれ、高級な食材との位置付けが緩和されると共に菓子を詰めていた重箱も、厚経木で作られた軽量な木箱へと変わり、その箱が折箱であったことから「菓子を詰める外箱」を「菓子折り」と呼称するようにもなったと言われています。


言葉の意味は変化する

では現在における「菓子折り」ですが、皆さんの認識としては「贈答用の菓子」全般を「菓子折り」ということではないでしょうか。現在でも和菓子等では折箱に詰められて販売されているものもありますが、その折箱だけを「菓子折り」と区別して呼称はしていないですよね。厚紙で出来た箱に詰められた菓子でも贈答用としてお客様等に渡す場合は、「菓子折り」として渡していますし、受け取る側も「菓子折り」との認識があります。

ではこの認識は誤っているのかと言えば、そうとは言えません。なぜなら言葉の意味や使い方は「変化」するとの認識に立つことが適切であるからです。例えば「全然」という副詞は、本来文末が「~ない」等否定や打消しの言葉と一体的に使用されるものです。ところが現在では「全然大丈夫」、「全然弱い」等々否定ではなく「強調」で使用されるようになってしまっています。

現時点ではそうした使い方は「誤り」とはされていますが、日常会話の中で「全然大丈夫」が完全に定着してしまえば「文法上誤り」という解釈自体が変更されることになり、将来「正しい」と変わる可能性があります。

その点で「菓子折り」は多くの辞典の定義では「菓子を入れた箱」との定義を崩していませんが、同時に「木箱」と限定はしていませんし、「箱」だけを指すと限定した定義はほとんど見られません。また、現在殆どの国民が贈答用の菓子を菓子折りと認識している状況がある以上、当サイトとしてはこうした認識を「誤り」として否定する立場は取りません。元々の意味は知識として持って頂いた上で、現在での一般的な定義は「(木箱に限らず)箱に入った贈答用の菓子」となっていると理解すれば良いと言えます。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 責任転嫁する上司の対処法

    責任転嫁する上司の対処法

    あなたの会社には、ミスや失敗を責任転嫁する、無責任な上司はいないでしょうか?ミスが発覚すると「この問…
  2. プレゼン資料の作り方の構成・コツ【パワーポイント初心者必見】

    見やすいプレゼン資料を作ることによって、営業の成果も上がるといわれていますが、皆さんはどのようなこと…
  3. 無能で使えない上司の特徴・扱い方・対処法

    無能な上司の5つの特徴【上手な扱い方・対処法】

    本来、上司とは、部下の仕事を管理・連携を図りながら、仕事を進めていく能力が求められます。これは効率よ…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 多くの人やお客様に接する職業では、「自己紹介シート」というものを利用している人がいますが、これはお客…
  2. 転職先が決まり、これで転職終了と考える方は多いかもしれません。しかし、転職は働き始めてからが本当の勝…
  3. 例えば時間に余裕をもって商談先へ向かったにもかかわらず、交通機関のトラブルで遅刻してしまい、商談がダ…
  4. 私たちにとって仕事とは、人生の大半の時間を占めるものであるだけに「やりたい仕事がない」「探しても見つ…
  5. ビジネスシーンでは響きや意味のよく似た言葉などがあり、時にはその意味を履き違えていたり間違って使って…
  6. 「エビデンス」という言葉の意味や使い方について説明を求められた場合、皆さんは正確に説明できる自信はあ…
ページ上部へ戻る