忙しい人に話しかける9つのコツ・タイミング

1.お茶を使う

これは女子社員におすすめの方法。上司にお茶の差し入れのついでに話しかける方法です。場合によっては気の利く人というアピールもできるので、お茶くみを任されているなら、実践してみましょう。

2.席を外すタイミングを待つ

パソコンやデスクで資料と睨み合っている人に話しかけるのは、とても勇気が必要です。しかし、席を外すタイミングなら、かなり気持ちが楽になるのではないでしょうか。席を外すときの一般的な動機は、今の仕事に目処がついたとき、息抜きするとき、今の仕事を一旦中止してほかの業務を優先的に取り組むときなど。ひとつのことに集中しているタイミングに話しかけられるのが嫌な人もいるはず。席を立ったタイミングを狙って声をかけてみましょう。

3.オーバーリアクションで「すみません」

これは少し上級テクニックですが、とても申し訳なさそうに手を合わせるなどして「すみません」や「申し訳ないのですが」と多少強引に話しかける方法です。どうしても伝えたい伝言がある場合などにおすすめの方法で、ポイントは少しオーバーリアクション気味に言葉や仕草を使うことです。

4.他人の後に話しかける

どうしても話しかける勇気がないなら、他人にそのチャンスを委ねてみるのもおすすめです。相手が上司などなら、他の社員から話しかけられる可能性は高く、そのタイミングで、自分も乗っかるように話しかけるのです。相手も話を聞く態勢ができあがっているので割とすんなりと受け入れてもらえるはずです。前の人が話が長かった場合は、一言事前に謝罪しておくとよいでしょう。

5.事前に短時間で済むことを伝える

これは「1分だけ」「5分だけ」といったように、事前に短時間で相談が済むことを伝えて話しかける方法です。重要な話であれば1分でも、10分でも相手を怒らせることはないのですが、「課長、2分だけお時間いただいてよろしいでしょうか?」などと短時間で済むことを前置きすることで、相手の時間を気にしていることをアピールすることができます。

6.普段から報連相を徹底する

社内で話しかけにくい相手。これはほとんどの人が上司ではないでしょうか。いざ事が大きくなってしまうと、それが余計に話しかけにくくなってしまいます。それを防いでくれるのが報・連・相(ホウレンソウ)で、普段から上司と部下の間の報告・連絡・相談を徹底しておくことで、上司と部下の間でコミュニケーションができ、下の社員が上の社員に方向しやすい情報交換における職場内での風通しの良さを目指すものです。

7.メールを活用する

普段から上司と部下の間でのコミュニケーションを密にするといっても、部下からだとなかなか話しかけにくいでしょう。その際に役立つのがメール機能で、ccに上司を指定しておくことで、部下がどんな取引をしているか上司は一目瞭然なのです。このような工夫をして、そもそも相談する必要性や回数を少なくする努力をする必要もあるのではないでしょうか。

さいごに

いかがだったでしょうか。このような方法を活用して「話しかけるのが苦手」を克服してみてください。実は話しかけるなオーラが出ているような人であっても、全然そんなことはないこともありますし、逆に意外と話しかけて欲しいと思っていたりするものです。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 自己評価が高い人・自己評価が低い人に共通する5つの特徴

    自己評価とは「自分で自分についての評価をすること」。自己評価をする目的は、目標に対する実績や行動を自…
  2. 仕事の効率化を大幅にアップする6つの方法

    他国と比べると、日本は労働生産性と呼ばれる仕事の効率性が悪く、それが長時間労働につながり、社会人のス…
  3. ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業の自爆営業の実態4つのパターン

    ブラック企業で行われている実態の一つとして聞かれるようになった「自爆営業」。精神的な苦痛に加えて、経…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 転職するとき、内定を獲得するまでの第一関門となるのが履歴書・職務経歴書による書類選考。書類選考では、…
  2. 学校を卒業して春から新入社員として会社で働き始めると、新しい環境に戸惑い、多くの悩みにぶつかるでしょ…
  3. 係長だった上司が課長に、課長だった上司が部長に昇進した等々自分の上司が昇進した場合、皆さんならどのよ…
  4. 当記事で好評のヘッドハンティングシリーズ、今回はヘッドハンティングをメールで断る方法についてご紹介す…
  5. 会社によって「主任」の役割や位置付けは多少異なりますが、平社員の次の役職・階級となるのが「主任」とな…
  6. 会社の部下や新入社員が退職を切り出してきた時、上司としてどう引き止めるかは難しい問題です。特に優秀な…
ページ上部へ戻る