忙しい人に話しかける9つのコツ・タイミング

忙しい人に話しかける9つのコツ・タイミング

相手が忙しい時に話しかけてしまい、見るからに嫌そうな顔をした。一体どのタイミングで声をかければ良いのだろう…。

このような疑問をお持ちの人も多いのではないでしょうか。特に、忙しそうな上司に話しかける時には勇気が必要です。今回は、そんな社会人として忙しそうな人に話しかけるコツや上手なタイミングを紹介していきますので、ぜひ確認してみてください。

話しかける前に必要な準備

以前に社内で誰かに話しかけて怒らせたり、嫌な顔をされたりした場合、あなたの他人に対する配慮が欠けていたのかもしれません。他人のことを思いやる気持ちを持って、事前準備をしておけば少しハードルを下げることができます。まずは声をかける前に、話しかける立場としてやるべき3つのことをお伝えします。

1.相手の様子をうかがう

しっかり相手を観察すれば、相手が忙しいのか、手が空いているのか大体わかります。相手がピリピリしているようであればタイミングを見計らうことで、相手を不快にさせてしまう可能性はかなり少なくなるはずです。声をかけようと頭で思ったとき、すぐに話しかけるのではなく、まずは相手の顔や動作を確認するステップを入れましょう。

2.質問内容を簡潔にまとめておく

話しかける用事ができた瞬間に、反射的に声をかけて失敗してしまう人がいます。これは、質問の内容がまとめられていないからであり、特に上司のような目上の人に話しかける時は、必要な事柄のみを抜粋して、簡潔に伝える必要があります。

「結論を言え!」「結局何が言いたいの?」これらの言葉で注意されたことのある人は、質問を整理する前に話しかけている可能性があります。多忙な人には声をかけるタイミングはもちろん、質問内容を伝える時間にも注意しなくてはなりません。相手のイライラ度は増すばかり。予め質問内容を精査して、本当に必要な部分だけにまとめておきましょう。こうすれば二度聞きも防ぐことができます。

3.後回しにしない

話しかけるタイミングが難しいのはわかりますが、あまりにも先延ばしにしない方がよいでしょう。上司への報告はタイミングが遅れれば遅れるほど、余計なことを気にしてしまい、話しかけにくくなってしまいます。特にトラブル関連の報告で、事後の報告になってしまうと、かなり印象を悪くしてしまう可能性があるので、報告事項や連絡事項は早めに片付ける癖を付けておきましょう。

声をかけるキッカケとなる7つのタイミング

声をかけるキッカケとなる7つのタイミング

普段なかなか声のかけられない相手でも、何かのキッカケがあれば、案外すんなりと話しかけられるものです。忙しそうな相手に話をかけるためのコツをいくつか用意してみたので、参考にしてみてください。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 口下手な営業マンが成果を出す3つの方法

    デキる営業マンは話し上手で、性格も明るく、みんなの人気者がなる仕事。営業職はそんな饒舌な人がつくイメ…
  2. 友達と一緒に起業してはいけない3つの理由

    起業を志している方であれば、「友達と起業してはいけない」ということを耳にしたことが1度はあるのではな…
  3. 営業事務職に向いている人の特徴・向かない人との違い

    営業事務も一般事務も、事務職という点では違いはありませんが、それぞれに求められる適性や資質、必要なス…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. コスト削減を進める企業の多くは、光熱費や事務用品の節約を行い、1円単位でムダを減らす取組を進めていま…
  2. 例えばある中途採用において20代の応募者が採用され、30代の応募者が不採用だったとしても、人間性や資…
  3. リーダーの仕事はチームの成果を上げること 仕事を部下に任せることは、リーダーの重要な仕事ですが、仕…
  4. 法人間に限らず、個人間の社交の場面でもよく登場するものに「菓子折り」があります。この菓子折りの定義や…
  5. ニュースや新聞などでもよく聞く言葉「GDP」、GDPとはどんな意味なのか正しく説明することが出来ます…
  6. 机の上は、仕事を効率的に進められるかを左右する最も大事なスペースです。会社の机が散らかっていると、大…
ページ上部へ戻る