新入社員必見のビジネスマナー「上司への挨拶をシーン別に学ぶ」

上司と食事をするとき 

「いただきます」 「ごちそうさまでした」

上司と食事する時は、食前・食後に必ず一言添えましょう。上司がお会計を出してくれたときに「ごちそうさまでした」と必ず言いましょう。業務後の飲み会でお会計を出してもらったときは、朝イチに「昨日はごちそうさまでした」と改めて伝えるのもマナーです。

顧客来訪時 

「おはようございます」 「こんにちは」 「お世話になっております」

社外の人が来社し、職場で会った時は、会釈と共にしっかり挨拶を行いましょう。挨拶一つで会社のイメージも大きく変わります。社外の人が何か迷っている素振りをしているときは、話しかけてあげましょう。

仕事を終えて帰社する時 

「お疲れ様でした」 「お先に失礼します」

皆が疲れがちな帰社時にこそ、一日の業務の締めくくりという意味で大きな声で挨拶しましょう。歩きながら伝えるのではなく、足を止めて振り返り、笑顔で伝えるようにしましょう。

さいごに

挨拶はビジネスの基本です。挨拶しないといけない場面だと分かっていても、照れてしまったり、恥ずかしくて言いそびれるときもあると思います。挨拶は伝えて当たり前、伝えなければ失礼というくらい大事なこと。新入社員の人はこの機会にしっかり覚えましょう。

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業で緊張を克服する7つの方法

    営業で緊張を克服する7つの方法

    営業マンの商談場面を思い浮かべると、話をスマートかつ上手に展開するイメージがあります。しかし、実際に…
  2. 営業マンの商談や接客時のマスク着用マナー

    営業マンの商談や接客時のマスク着用マナー

    社外のお客様との接客や商談をするとき、あなたはマスクを着用していますか?営業マンのビジネスマナーとし…
  3. 「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    「お大事に」敬語の意味と正しい使い方マナー【例文つき】

    相手の具合を気遣うときに「お大事に」や「お大事にしてください」と伝えるのは一般的ですが、本来どのよう…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ブラック企業と言う言葉は新語・流行語大賞にノミネートされるほど有名になりましたが、ブラック企業の対義…
  2. 今回は、ビジネス英語で使われる部署名と役職名を一覧にしてご紹介します。英語表記の名刺を見たときに、相…
  3. もし送別会で送る側を代表しての挨拶者に指名された場合、旅立つ方々に対してどんな挨拶の言葉を述べれば良…
  4. 忘年会の勘定科目は交際費と福利厚生費のどちらで処理すべきか
    会社で働いていると、忘年会に参加する機会は多いですよね。部署での忘年会、プロジェクトチームの忘年会、…
  5. 退職の意思を伝える場合には、その内容もさることながら伝える時期や時間帯、つまりタイミングというものが…
  6. ビジネスマンの服装と言えばスーツが基本となりますが、その際に合わせるネクタイの柄には沢山の種類があり…
ページ上部へ戻る