新入社員必見のビジネスマナー「上司への挨拶をシーン別に学ぶ」

ビジネスの場における「挨拶」は、より良い人間関係を築くための大切な作法であり、またビジネスマナーの基本となる部分です。人間関係は「挨拶に始まり、挨拶に終わる」といわれる通り、相手に対する思いやりの気持ちを表現するための言葉でもあります。ビジネスマナーの基本である挨拶は、相手に対して敬意を払う言葉として場面ごとに様々な使い方をしますが、あなたは職場で社内の人へ挨拶するとき、訪問先の顧客に挨拶するときなど、その時々に応じて礼儀をわきまえた挨拶ができていますか?ここで一度確認してみましょう。

ビジネスマナーの挨拶

挨拶は上司だけでなく、同僚や部下にも必要です。また「1度済ませたら後は素知らぬ振り」ではいけません。挨拶は相手とのコミュニケーションを円滑にする効果があるため、すれ違った時などでもしっかり挨拶を行いましょう。 挨拶をする時は、相手の方を向き、目を見て、笑顔で行いましょう。そして職場に応じた適度な声量で「元気に」挨拶しましょう。もちろん、相手から挨拶されるのを待つのではなく、あなたから積極的に挨拶を行いましょう。

職場で必要な挨拶を覚えよう

挨拶

職場内での挨拶がきちんとできている会社は、社内の良い雰囲気が保たれており、また社外の人からのイメージも非常に良いです。「たかが挨拶されど挨拶」であり、正しい挨拶が当たり前に身に付いている人は、それだけで一つの武器になるでしょう。今回は出社してから帰社するまでに使う挨拶のシチュエーションを確認し、もし使えていない項目があれば今後取り入れて下さい。きっと社内の空気が変わります。それではシーン別の挨拶の言葉とポイントを見て行きましょう。

出社して職場の人に会ったとき 

「おはようございます!」

出社して、職場全体に対して大きな声で元気よく挨拶しましょう。また上司や同僚に対しても個別に挨拶すると良いでしょう。恥ずかしがらずに朝から元気に伝えたいですね。

廊下や階段ですれ違ったとき 

「お疲れ様です!」

社内で上司や同僚とすれ違う時は毎回必ず挨拶しましょう。目を合わさず会釈するだけの方も多いですが、これはNGです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    【上司の役割】部下に果たすべき6つの責任

    役職を与えられるなどによって社内での立場が変われば、仕事で果たすべき役割も当然変わります。これまでは…
  2. 営業のアフターフォローの方法【訪問・メール・電話】

    営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  3. 圧迫面接の意図と3つの対処法【質問例つき】

    就活や転職では避けて通れない個人面接。そのなかでも、就職希望者の皆さんが最も恐れる、もしくは苦手意識…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 営業ノルマというものから営業マンを区分したとすれば、「ノルマを達成できる営業マン」と「ノルマを達成で…
  2. 自己紹介は、新入社員の皆さんにとって最も緊張を強いられる最初の仕事であり、社会人として良いスタートを…
  3. 体育会系学生は、一般的に就活において有利になると言われています。では体育会系学生が就活において有利と…
  4. 電話で相手の声が聞き取りづらい時、皆さんはどのように対処されていますか。同僚や友人の場合はともかく、…
  5. 面接時の転職理由として「会社の評価方法が嫌だ」「自分は正当に評価されていない」等の不満を持つ人は少な…
  6. 自己紹介はビジネスマンにとって重要な場となり、特に新人のうちは自己紹介の練習などを繰り返しさせられる…
ページ上部へ戻る