新入社員必見のビジネスマナー「上司への挨拶をシーン別に学ぶ」

ビジネスの場における「挨拶」は、より良い人間関係を築くための大切な作法であり、またビジネスマナーの基本となる部分です。人間関係は「挨拶に始まり、挨拶に終わる」といわれる通り、相手に対する思いやりの気持ちを表現するための言葉でもあります。ビジネスマナーの基本である挨拶は、相手に対して敬意を払う言葉として場面ごとに様々な使い方をしますが、あなたは職場で社内の人へ挨拶するとき、訪問先の顧客に挨拶するときなど、その時々に応じて礼儀をわきまえた挨拶ができていますか?ここで一度確認してみましょう。

ビジネスマナーの挨拶

挨拶は上司だけでなく、同僚や部下にも必要です。また「1度済ませたら後は素知らぬ振り」ではいけません。挨拶は相手とのコミュニケーションを円滑にする効果があるため、すれ違った時などでもしっかり挨拶を行いましょう。 挨拶をする時は、相手の方を向き、目を見て、笑顔で行いましょう。そして職場に応じた適度な声量で「元気に」挨拶しましょう。もちろん、相手から挨拶されるのを待つのではなく、あなたから積極的に挨拶を行いましょう。

職場で必要な挨拶を覚えよう

挨拶

職場内での挨拶がきちんとできている会社は、社内の良い雰囲気が保たれており、また社外の人からのイメージも非常に良いです。「たかが挨拶されど挨拶」であり、正しい挨拶が当たり前に身に付いている人は、それだけで一つの武器になるでしょう。今回は出社してから帰社するまでに使う挨拶のシチュエーションを確認し、もし使えていない項目があれば今後取り入れて下さい。きっと社内の空気が変わります。それではシーン別の挨拶の言葉とポイントを見て行きましょう。

出社して職場の人に会ったとき 

「おはようございます!」

出社して、職場全体に対して大きな声で元気よく挨拶しましょう。また上司や同僚に対しても個別に挨拶すると良いでしょう。恥ずかしがらずに朝から元気に伝えたいですね。

廊下や階段ですれ違ったとき 

「お疲れ様です!」

社内で上司や同僚とすれ違う時は毎回必ず挨拶しましょう。目を合わさず会釈するだけの方も多いですが、これはNGです。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 世代別の特徴を理解して「ゆとり世代」「さとり世代」と馬鹿にされない対処方法

    「ゆとり世代は本当にダメだな」 「さとり世代の考え方は理解できない」 「ゆとり世代」や「さとり世…
  2. 【会社の知名度を高める】社長インタビューサイト11選

    取引先企業の認知度の高さを、商品購入の判断基準の一つにしている企業や消費者は少なくありません。プロモ…
  3. 飛び込み営業で訪問するときの挨拶のコツ

    飛び込み営業に苦手意識を持っていたり、不得意に思う人は少なくありません。初めての場所に行き、初対面の…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. 仕事には向き不向きと言ったものがありますので、その職種に不向きな方が仕事を行うことは本人にとっても、…
  2. 営業手法には様々な方法や考え方がありますが、多くのトップセールスマンが口を揃えて言うことが一つだけあ…
  3. 女性のおしゃれの代表でもあり人気のあるネイル。もちろん学生の時やネイルをしていてもOKという仕事であ…
  4. 現在転職はブームとも言われており、それほど深刻に悩まずに転職を決断される方も珍しくはなくなってきまし…
  5. 高品質な仕事をやりとげるには頭や体をフル回転させる必要がありますが、人間である以上24時間仕事ができ…
  6. メールの宛先が複数となった場合、特に社外に向けたメールでしかも複数の企業にまたがるような場合には宛名…
ページ上部へ戻る