清潔感のある社会人の身だしなみチェックポイント【顔のパーツ7選】

出社前の身だしなみをチェックするときに、最も意識すべきことは「清潔感のある身なり」です。身だしなみのマナーとして、相手に不快感を与えないように心掛けることはビジネス上とても大切ですし、清潔感のある身なりが、時に仕事を有利に運ぶこともあります。今回は出社前に事前確認をしておきたい、清潔感のある身だしなみについて顔の部位ごとに解説していきます。

①ヘアスタイル

髪

・髪型

長髪や茶髪は、相手にとって不潔に感じる場合もあるので適度に散髪し、適当な長さを保ちましょう。特に営業職の方であれば、前髪は「眉毛にかからない長さ」までとし、サイドは「耳にかからない長さ」、襟足は「襟にかからない長さ」にしましょう。但し、坊主やスキンヘッドはNG。短過ぎても相手に与える印象が悪くなるため、注意が必要です。

・整髪料

寝癖がついたままにならないように、鏡を見ながらヘアブラシで髪を整えましょう。またジェルやワックスなどの整髪料を使用すると、清潔感が出て、相手の印象も良いため効果的です。整髪料の中には、つけすぎると匂いが目立つ製品もあるため、無香料のモノを選びましょう。ヘアセットで注意しないといけないのは、「ツンツンヘア」や「無造作ヘア」などオシャレな髪型。年配の方の中にはオシャレな髪型を好まない人もいるので自然な髪のセットに抑えておきましょう。

②眉毛(まゆげ)

眉毛

眉毛の手入れも、定期的に行いましょう。手入れをせずにボサボサのままにしておくと、ずさんに見えてしまいます。眉毛を整えて仕事をきっちりしている印象を与えることも大切です。ただし、眉毛を細くし過ぎると不自然の上、相手に冷たい印象を与えるためNGです。あくまで、自然な形に整える程度にとどめておきましょう。

③髭(ひげ)

髭

芸能関係やアパレル関係、デザイナーとして働く方の中には、その人のスタイルが仕事と密接に関係しており、ヒゲを生やすことが仕事で活きる場合もありますが、ビジネスマンの中でも特に、社外の人と接する機会の多い営業マンなどは、基本的に髭を生やすのはNGです。毎朝、シェーバーやヒゲ剃りでキレイに手入れをし、剃り残しがないようにしましょう。最近は営業職でも、広告代理業のビジネスマンでヒゲを生やしている場合もありますが、不潔に感じる人も多いため、避けた方が無難です。

④メガネ・コンタクトレンズ

メガネ

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Like Box

ピックアップ記事

  1. 営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業のやる気・モチベーションを上げる名言集

    営業活動を続けていると、どうもやる気が出なかったり、モチベーションが下がってしまうことがあります。モ…
  2. 職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    職場で起こるモラハラの特徴と2つの対策

    セクハラ、パワハラと同じように職場の嫌がらせ問題として近年注目を集めている「モラハラ」。職場でのモラ…
  3. 上司の悪口を本人に聞かれた時の対処法

    上司の悪口を本人に聞かれた時の対処法

    人の悪口や愚痴を言っているとき、ふと振り返ると本人がすぐ後ろに立っていた、などという気まずい思いをし…

オススメ記事

ピックアップ記事

  1. ビジネスマンにとって良質なインプットやアウトプットが重要、そんな言葉を一度は聞いたことがあるのではな…
  2. グローバル社会が進むにつれ、従来当たり前だった「年功序列」を見直し、成果主義の人事制度へと舵を切る企…
  3. 一昔前は、ベンチャー企業への就職・転職は、倒産リスクの高さから敬遠される傾向にありました。しかし近年…
  4. 「会社の電話が鳴り、受け答えをしたところ、今日は不在の上司への電話であった」、こんな時はどのように対…
  5. 会社の形態には様々なものがありますが、その中でも最近では「ホールディングス」と言う言葉を多く聞くよう…
  6. ブラック企業と言う言葉は新語・流行語大賞にノミネートされるほど有名になりましたが、ブラック企業の対義…
ページ上部へ戻る